2018 ヤマハMT-09 SP 充実の足まわりを手に入れた「SP」の真価

掲載日:2018年05月24日 試乗インプレ・レビュー    

取材・文/佐川 健太郎  写真/山家 健一  動画編集/山家健一  衣装協力/HYOD

ヤマハ MT-09 SP

YAMAHA MT-09 SP

熟成された新型をベースに
足まわりを強化

MT-09は“クロスプレーン・コンセプト”に基づく新開発の水冷4スト並列3気筒846ccエンジンを搭載し、ネイキッドとスーパーモタードの異種交配造形による個性的デザインで仕上げたスポーツネイキッドとして2014年に誕生。日常速度域での「意のままに操れる悦び」を追求したモデルである。2016年にはABSを装備するMT-09 AにTCS(トラクションコントロールシステム)を追加。さらに2017年には初のビッグマイナーチェンジを敢行し、外観を大幅にリファインするとともにアシスト&スリッパークラッチやクイックシフターを採用。圧側減衰力調整機能を追加するなど走りの性能の強化が図られている。

動画 『やさしいバイク解説:ヤマハ MT-09 SP』はコチラ

ヤマハ MT-09 SPの特徴は次ページにて

こちらの記事もおすすめです

この記事に関連するキーワード

この記事を読んでいる方におすすめの商品

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着記事

タグで検索

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。