lesson4/フロントアップ失敗事例その3 オフロードライテク講座

lesson4/フロントアップ失敗事例その3

掲載日:2017年05月28日 記事カテゴリ オフロードライテク講座   

講師/小林直樹  画像提供/ガルル編集部

みんな一度はやってみたい
フロントアップ・パーフェクト・マスター

lesson4/フロントアップ失敗事例その3

身体は動かしているが
ボディアクションが足りないケース

やるべきことを知っているからこそフロントアップを失敗してしまうケース。それが「ボディアクションが足りない」という状態だ。正しいボディアクションを知っている人が陥りやす失敗例だと小林師範は語る。「本人はフロントサスを縮めているつもりで若干ヒザを曲げて、状態をハンドルにかぶせているけど、アクション量が少なくてフロントサスが縮んでいない。そこから腰を引いて、アクセルもあけるため、少しだけフロントも上がった状態にはなる」。腰を引くというような動作をしている分、ボディアクションをしている気になるため、失敗に気づきにくくなるのだという。友人などに一連の動画を撮ってもらって確認することで、自身のボディアクションの量が見えてくる。「できているはずなのに……」という人は、動画でチェックしてみよう。

lesson4/フロントアップ失敗事例その3

フロントへのボディアクションが足りずに、フロントフォークの沈み込みが足りない。

lesson4/フロントアップ失敗事例その3

沈み込みが足りないまま、腰を後ろに引いているが……

lesson4/フロントアップ失敗事例その3

わずかにフロントが上がっているものの、フロントアップ状態にはなっていない。腰を後ろまで引いていることで、ボディアクションしているつもりになってしまう失敗例だ。

この記事を読んでいる方におすすめの商品

あわせて読みたい記事