KTM フリーライド 350 試乗インプレ・レビュー

KTM フリーライド 350
KTM フリーライド 350

KTM フリーライド 350

掲載日:2012年05月10日 記事カテゴリ 試乗インプレ・レビュー    

取材協力/KTM ジャパン  取材・撮影・文/たけっぱち

KTMが造り出したファンライドの
新しいオートバイの世界とは?

快進撃を続けているオーストリアの KTM が、大阪モーターサイクルショーや東京モーターサイクルショーで初めて一般公開され、話題を呼んだマシン 『フリーライド350』 のジャーナリスト向け試乗会を、伊豆のモビリティパークで行った。このモビリティパークは、以前はバイクの走行も行われていたが、現在では4輪専用コースとなっているフィールドになる。この4輪専用コースは2輪にとってもトライアル的なセクションが多く用意されたコース。ここでフリーライド350がどのような走り、楽しさを演出してくれるのか、試していきたい。

KTM フリーライド 350 特徴

KTM フリーライド 350 写真 KTM フリーライド 350 写真 KTM フリーライド 350 写真


KTMのまったく新しいコンセプトによって
作り上げられたファンライドマシン

KTM フリーライド 350 写真オフロードモデルではレーシングマシンばかりを作ってきた KTM の新しいオフロードライディングを提案するフリーライド350。モトクロッサーでもエンデューロマシンでもなく、本当のオフロードライディングの楽しさを追求するために開発されたファンバイクだ。350ccマシンとはとうてい思えない 99.5kg の軽量な車重と取り回しの軽さを謳った要素は、ファンライドには必要不可欠。350EXC-F をベースにしたエンジンは、ミッションを流用しながら専用のチューニングとセッティングが施され、さらに2次減速比を超ローギアードにしたことも手伝い、驚異の登坂能力と扱い易さを手に入れているという。また、シート部が絞り込まれて着座位置がスリム化されているため、895mm というシート高ながら足着き性の良さを実現し、ライダーに優しいマシンへと仕上がっている。

 

レーシングマシンでもなく、またツーリングマシンでもないフリーライド350は、オフロードライディングの新たな楽しさを発見するための最適なマシンなのだ。

KTM フリーライド 350 試乗インプレッション

地上すべてが遊びのフィールドになる
あらゆるライダーがフリーライドできる!

KTM フリーライド 350 写真実際に間近で観るフリーライド350は、実にスリムでコンパクト、いかにも静的な軽さを演出しているスタイリングだ。100kg を下回る車重は、動的な軽快さも充分期待させるものだ。

 

895mmのシート高は、同社のモトクロッサー 『SX』 やエンデューロマシン 『EXC』 と比べると、圧倒的に低い。しかし、この数字を見るとどうしても躊躇してしまうライダーも多いと思う。“シートの位置が高く足着きの悪いマシン” と思ってしまうのだが、EXC シリーズ同様、非常によく動く WP サスペンションは跨がった瞬間の1Gでの沈み込みが大きく、国産のフルサイズマシンと大差ない足着き性が得られる。また、車体の細さとコンパクトな設計であることから見た目におとなしく、大柄なバイクにありがちな “変な威圧感” はまったく無い。逆に、ライダーを好意的に受け入れ、誘うような優しいポジションを作り出している。さらに、このシート高でも不安があるライダーのために、KTM がリリースしているパワーパーツシリーズとしてローシートが用意されていることも嬉しい配慮だ(シートの交換で1cm、サスペンションの交換で2cm下がる)。

 

ハンドルはエンデューロやモトクロッサーよりも幅広な印象で、両端の絞り込みも少ないレンサル製を採用し、よりトライアル的ポジションとなる。ブレーキ及びクラッチレバーはショートタイプで、本格的トライアルマシンのように、人差し指と中指でレバーを握り、薬指と小指でグリップをしっかり握ることができる。さらに転倒時のレバー破損リスクも軽減している。ハンドル切れ角は倒立フォークを採用しながら、ヘッドパイプ部に繋がるメインチューブをシート寄り後方に接合せることで、トライアルマシン的なステアリング切れ角を確保。左右とも67度と非常に自由度の高い設定となっているため、狭いセクションや獣道でも十分に小回りの効く取り回しのしやすい車体になっている。

 

ステップは幅広タイプが採用されている。これはスタンディング時のマシン操作性の良さと長時間ライディングでの疲労軽減に貢献するものだ。標準で装備されているこのステップは、ポジションを8mm程度後退させることができる可変式で、変更すれば後輪により強力なトラクションを掛けることも可能。使うフィールドやシチュエーションに応じて調整することで、より快適なライディングが可能だ。

 

KTM フリーライド 350 写真モトクロッサー用ユニットとしてデビューし、EXC シリーズにも採用されたエンジンをベースに、フリーライド350専用のセッティングやチューニングが施されたエンジンは、それまでの EXC 用エンジンとは一味も二味も違った仕上がりになっている。発進時から感じる低速からのトルクと粘り具合が絶妙で、クラッチ操作不要でゆっくりとしたトレッキングも難なくこなす。さらにこの状態からスロットルを開けると、フロントタイヤが浮き上がるほどのトルクが湧き出る。ピックアップの良いエンジンでもあるが、唐突に浮き上がるという印象ではなく、トルクでリアタイヤをしっかりグリップさせている印象が強い。

 

20度程度の登り勾配でも、勢いを付けなくてもエンジンの粘りと前後に標準装着されたダンロップ D803 のおかげで、トラクションのかかり具合を確認しながら登ることができる。トライアルマシン的な走りも可能なのだ。下り斜面もゆっくりした速度で路面を捉えながらコントロールすることができるため、特に下りの急斜面が苦手なライダーには最高の武器となること間違いない。この低速での粘りとトルク感は、2次減速比の設定にも大きく関係している。ミッションは基本的に EXC 用を流用しているが、2次減速比を 11:49 という、非常にローギアード化されているからだ。

 

もともとのベースエンジンが EXC 仕様だったということもあり、高回転域でも元気がいい。トルクやパワーがピークに達する回転域でも、ローギアードのためか非常にコントロールしやすく、これが同じエンジンをベースにしているマシンなのかと疑ってしまう。しかし、エンデューロタイヤのように意識的にリアを流して走行することは、最初は難しかった。なぜなら、トラクションの良いサスペンションとグリップの強い D803 の組み合わせにより、適当にスロットルを開けてもすべて路面を掴んで加速力に換えてしまうからだ。このため、意識的にリアを抜重しなければスライドさせることはできなかった。エンジンパワーをすべて路面に伝えるという “トラクションの鬼” のようなマシンだ。それさえ理解できれば、コンパクトで軽量なおかげでマシンコントロールはすぐにできるようになる。

 

KTM フリーライド 350 写真フリーライド350の大きな特徴のひとつがフレームだ。本来、非常にトルクの大きい EV マシン用に設計されたフレームは、レシプロエンジンを搭載した時に、どのようなレスポンスをするのか興味深かった。350のフレームは、クロモリ鋼パイプフレームと鋳造アルミニウム、さらに高剛性のプラスティックが組み合わされたハイブリッドだ。当然、オフロードで純粋に楽しく遊ぶのに充分以上のもので、ライダーの負担を減らす軽さとライダーへの優しさを生み出す、しなやかさと高剛性を併せ持っている。路面グリップの良さを感じることができるのは、このフレーム構成によるところも大きい。足まわりを中心としたそれぞれのパーツが高い性能を持ち、しっかりと仕事をしていることは分かるが、最終的にはフレームからの優しさがトータルでのマシンコントロールのし易さ、すなわち乗り易さに繋がっている。

 

それは 350cc という排気量を持つエンジンのおかげでもあることもポイントだ。このあたりの中間排気量マシンでは、どうしても日本では 250cc という排気量を望む声が多く、こちらの方が優位に立ち気味だ。車検の有無や保険料、税金面のコストなどを考えれば確かにそうだ。しかしこのマシンの場合は、そのパワーとトルクが発揮できるエンジンだからからこそ成り立っているパッケージなのだ。250 / 350 / 500 の EXC-F エンジンがある中で、500 でもなく 250 でもない 350cc エンジンが採用されたのは、すべてのコンポーネントが 350cc というエンジンにより最適化され、マシンコンセプトを達成することができたからであろう。日本では、やや煩わしい車検付きの区分にはなるが、最初の登録から3年間の維持費を考えれば、コスト的にほとんど大差ないといっていいだろう。それよりも、このオートバイのバランス、乗り味、楽しさに 350cc というエンジンが必要不可欠であったことが実際に試乗するとわかる。

 

KTM フリーライド 350 写真今回の試乗会では公道での試乗も許されていたが、実際走ることは無かった。なぜなら設定されているコースやセクションが、このフリーライド350のポテンシャルを引き出して堪能するのに充分以上に楽しめるコースだったからだ。KTM でもアナウンスしているように、公道を走る事ができるマシンだが、そこをメインに走り続けるマシンではない、ということからも、公道試乗は最初から予定していなかったということもあるのだが。

 

KTM では、昨年から日本全国各地でさまざまな試乗会を行っている。今までなかなか体感できなかった KTM のマシンを試せるチャンスである。もちろん、オフロード系マシンの試乗会も行われるので、KTM の HP を随時チェックして会場に足を運んで欲しい。できれば、このフリーライド350は、我々が体験した楽しさをいろいろなライダーにも体験して頂きたいので、ぜひともこの伊豆モビリティパークでの試乗会を希望したい。

画像をクリックすると拡大画像が表示されます

試乗ライダー プロフィール
たけっぱち
オフロードバイク雑誌をはじめ、マニアックなオートバイ雑誌や2輪&4輪雑誌等の編集を渡り歩き、現在はフリー(ライ)ター。所有するオートバイはネオクラシックなオーバーリッター国産4気筒マシンや200ccクラスのオフロード車、さらに最近では初めて外車(125cc)を購入。欲しくなったバイクを即買いという悪いクセを持つ。

SPECIFICATIONS – KTM FREERIDE350

KTM フリーライド 350 写真

価格(消費税込み) = 84万円

“Ready to Race” を旗印にレーシングマシンを造り続けるKTMが、まったく新しいコンセプト「KTMのファンバイク」としてフリーライド350を発表した。

■エンジン型式 = 水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒

■総排気量 = 349.7 cc

■ボア×ストローク = 88×57.5 mm

■最高出力 = N/A

■最大トルク = N/A

■トランスミッション = 6速

■オイル容量 = 1.2リットル(交換時)

■サイズ = N/A

■シート高 = 895 mm

■車両重量 = 99.5 kg(半乾燥)

■ホイールベース = 1,418 mm ±10 mm

■タンク容量 = 約5.5リットル

■Fタイヤサイズ = 2.75-21

■Rタイヤサイズ = 4.00-18

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます!

あわせて読みたい記事