SYM Z1 125 試乗インプレ・レビュー

SYM Z1 125
SYM Z1 125

SYM Z1 125

掲載日:2014年03月19日 記事カテゴリ 試乗インプレ・レビュー    

取材・写真・文/河合 宏介

パワフルな新型の空冷エンジンを搭載
スリムでコンパクトなスクーター登場

2013年の3月に開催された東京モーターサイクルショーで展示された「SYM Z1 125」が、母国台湾に続き日本でも正式に販売されることになった。このニューモデル最大のポイントは、125ccとしてはトップクラスの12馬力を発揮する新設計のエンジン。最近では水冷の4バルブモデルが主流だが、Z1ではセラミックコートのシリンダーやローラーロッカーアームを採用して、主にローフリクションによりシンプルな空冷エンジンでハイパワーをつくり出していることが特徴になっている。その走りと使い勝手を紹介しよう。

SYM Z1 125 特徴

SYM Z1 125 写真 SYM Z1 125 写真 SYM Z1 125


ストリートに似合うスタイリッシュさ
実用的で便利な機能が充実

スリムなボディなのでマフラーの大きさが目についてしまうかもしれないが、全体としてはコンパクトで、テールがツンと上を向いているためシャープな外観というのが第一印象だ。フロントマスクには印象的なLEDのV型アイラインがあり、さらに鋭さを強調したデザインになっている。シートにテスター(身長163cm)が座ってみると、両足のつま先が少しだけ接地する足付きだが、スクーターらしい上体を起こしたポジションで、足元の自由度も高かった。

 

まずはスクーターの基本である実用的な装備をチェックしてみよう。信号などで停止中に便利なフロントポケットは700ccの容量があり、500ccのペットボトルが立てて収納できるサイズになっている。そしてメットインスペースの容量は公表されていないが、装飾のない小振りなヘルメットと雨具などプラスαを収めることができる。コンビニフックは、ハンドル下とシート下の2カ所に用意されている周到さだ。またメインキーには盗難防止のシャッターがあり、シートや給油口を開けるなど、メインキーにすべての操作が集約されていて便利だと感じた。

 

コストの面からどちらか一方が削られがちだが、センターとサイドのスタンドが両方とも標準装備されていることも見逃せない。そして面白いことに、狭い駐車スペースで隣のバイクに当てないように、バックミラーは簡単に内側へ折り畳むことができるのだ。スピードメーターの脇に時計も表示されるので、通勤や通学にも便利だろう。Z1に突出した機能はないが、スクーターとしての基本性能を充実させ、コストパフォーマンスが高いモデルだと感じた。

 

SYM Z1 125 写真

SYM Z1 125 写真

SYM Z1 125 写真

SYM Z1 125 試乗インプレッション

高速域でも余裕のあるエンジンパワー
安定感が高く安全に走行できる性能

実際に走り出すと、フロントの接地感が高く安心できる乗り心地だ。停止状態からのスタートも悪くはないが、一気にではなくスルスルと加速するイメージ。そこからアクセルを開け続けると、6000回転をこえたくらいからエンジンは元気なサウンドになって、本領発揮といった感じの走行フィーリングになる。速度で言うと60キロから先の加速が良いので、流れの速い幹線路でも充分に車の流れをリードできるだろう。そんな高速域でさえ制動力に不満はなく、リアには3段階のイニシャル調整のついたツインショックが装着されているため、道路の継ぎ目を踏んで走行しても安定感はバツグンだった。ただひとつ残念なのが、シート表面の材質のせいか、ブレーキをかける度にお尻が前に滑ってしまうことが気になった。

 

パワフルかつ伸びのある加速を魅せZ1は、その高い動力性能から余裕のある走りを実現してくれるはずだ。また、ヘッドライトは明るいH4ハロゲンバルブで、テールは面積の大きなLEDになっているので、前方の安全性と後方からの非視認性を確保していることも安心して走れる要素になっている。ライダーが余裕や安心感をもって走れることができれば、いつも以上に周囲を思いやることもできるだろう。そんな、ただ速いだけでなく、優れた動力性能を安全な走りにつなげようとする設計思想を感じることができたのが印象的だった。しっかり走れて便利に使えるスクーターを探しているならば、候補に加えてみてはいかがだろうか。

SYM Z1 125 写真

SYM Z1 125 写真

SYM Z1 125 写真

画像をクリックすると拡大画像が表示されます

SPECIFICATIONS – SYM Z1 125

SYM Z1 125 写真

価格(消費税込み) = 26万8,800円
※表示価格は2014年3月現在

コンパクトでスリムな車体に、クラストップレベルの12馬力を発揮するエンジンを積んだスクーターが新登場。実用的なフロントポケットとメットインスペース、コンビニフックなど、街乗りには欠かせない便利な装備も充実したモデルだ。

■エンジン形式 = 空冷4サイクル単気筒

■総排気量 = 124.6cc

■最高出力 = 8.8kW/8,500rpm

■最大トルク = 10.7N・m/7,000rpm

■始動方式 = セルフ式

■サイズ = 全長1,800×全幅700×全高1,095mm

■乾燥重量 = 115kg

■消費燃費率 = 45km/L(50km/h定地データ)

■燃料タンク容量 = 6L

■Fタイヤサイズ = 110/90-10

■Rタイヤサイズ = 110/90-10

■Fブレーキ形式 = ディスク

■Rブレーキ形式 = ドラム

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

あわせて読みたい記事