マジェCをいかつく魅せるトグロ巻き! プロが造るカスタム

マジェCをいかつく魅せるトグロ巻き!

掲載日:2018年03月21日 プロが造るカスタム    

取材協力/オルタネイティブ
取材・写真・文/ガスグラフィックス

マジェCを厳つく見せるトグロ巻き!の画像
ヤマハ マジェスティC(オルタネイティブ)

パワー追求と魅せるカスタムを
見事に両立した圧巻のトグロ巻き

このマジェスティCを見て最初に目に飛び込むのは通称『トグロ巻き』と呼ばれるロングエキゾーストパイプ(以下:エキパイ)を備えたデビル管だろう。ビッグスクーターの特色として、エンジンと駆動系が近くエキパイの長さを稼げないというデメリットが挙げられる。

そこでパーツメーカーやカスタムショップは、マフラーのパワーを引き出すためにロングタイプのエキパイを開発し、商品ラインナップとしていた時代があった。

マジェCを厳つく見せるトグロ巻き!のカスタム画像

オルタネイティブが手掛けたこの車両は、トグロ巻きを使いながらもシンプルなロー&ロングスタイルにハマるようにまとめられている。目立つためにド派手なトグロ巻きを選ぶユーザーもいれば、純粋にパワーを追求した結果トグロ巻きとなったユーザーもいる。このマジェCは、全体のスタイルを見ても判るように明らかに後者だ。ショートサイレンサーを選んだことや、その角度、取り付けられた高さなど、主張し過ぎない存在感を獲得した好例とも言える。

また、この車両にはさりげない電飾カスタムが施されているのもポイント。装着したストロボに加えて、ウインカー、テールライトもストロボと同様に発光が可能となっている。

詳細写真

マジェCを厳つく見せるトグロ巻き!のカスタム画像

「デビル管」の愛称でバイク乗りに親しまれている人気のこのブランドは、スクーターユーザーにも人気のアイテム。ワンオフによるロングエキパイと、この極太ショートサイレンサーの組み合わせは、ビジュアルを重視したものではなく、パワーを追い求めた結果生まれた1つの完成形なのだ。

マジェCを厳つく見せるトグロ巻き!のカスタム画像

ロー&ロングスタイルには欠かすことができないフラットシートだが、この車両はFRP製ではなく通常の革張りシートが採用されている。滑りやすいFRPよりも、こちらの方が乗車フィーリングが快適なのは言うまでもないが、スポイラーとの一体感も含めて視覚的にもお薦めしたいスタイルだ。

マジェCを厳つく見せるトグロ巻き!のカスタム画像

低さを追求するためのフロントフェイスとして、定番アイテムとなったロータス製スーパーローフェイス。メーターとウインカー移植を要する手間がかかったとしても、このスタイルを手に入れることでの車両全体の統一感は、他では得られない。

マジェCを厳つく見せるトグロ巻き!のカスタム画像

タンデム時のグラブバーも含めて、リアスポイラーと一体化したデザインが特徴。ノーマルのような雰囲気だが、テールランプからの長さを見ればわかるように、ロングタイプのスタイルがポイント。

マジェCを厳つく見せるトグロ巻き!のカスタム画像

車高調によるローダウン。ビッグスクーターカスタムの原点回帰として欠かせないアイテムのひとつだが、プーリー部分などはブラックアウトされているため、さりげなくリアサスペンションだけが目立つという色使いも心憎い。

カスタムポイント
  • ●フロントフェイス…LOTUSスーパーローフェイス ●サイドエアロ…WirusWin ●リア・サイドエアロ…WirusWin ●リアスポイラー…一体型スムージングリアスポイラー ●マフラー…ワンオフ特注デビルマフラー(とぐろ巻きタイプ) ●シート…一体型フラットシート ●ハンドルバー…ALTERNATIVE ALT48ブラックメッキハンドル ●マスターシリンダー…NISSIN別対式マスターシリンダー ●リアサスペンション…車高調 ●ヘッドライト…LEDヘッドライトイエロータイプ ●ウインカー…LEDウインカー(前)&赤塗装済み社外テールユニット ●電飾…ゴージャスハイパーストロボ ●オーディオ…MP3対応CARROZZERIAスピーカー ●その他…ワンオフ約45cmロングホイール化

こちらの記事もおすすめです

この記事を読んでいる方におすすめの商品

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。