マジョーラでペイント勝負のマジェスティC プロが造るカスタム

マジョーラでペイント勝負のマジェスティC

掲載日:2018年02月14日 プロが造るカスタム    

取材協力/オルタネイティブ
取材・写真・文/ガスグラフィックス

マジョーラでペイント勝負のマジェスティCの画像
ヤマハ マジェスティC(オルタネイティブ)

いつの時代も目立つカラー
それがこのマジョーラだ

光の加減により色味が変わるペイントとして、流行の一時代を築いたマジョーラ。グリーンやパープルに輝く独特の色味に憧れていた人も多いだろう、そのマジョーラに彩られたマジェスティCを埼玉にあるオルタネイティブが取り扱っている。しかもBELL製の各種エアロやMUSASHIのスペックRといった懐かしいパーツを採用しつつも、メーター周りにスーパーロー効果をもたらすロータス製フロントフェイスという新しいパーツをミックスしたスタイルに仕上がった一台だ。

マジョーラでペイント勝負のマジェスティCのカスタム画像

ビッグスクーターのカスタムが大流行した時代を知る人ならば、BELL(ビクスク用の外装パーツを手掛けるブランド)製バッドボーンシリーズというだけでも釘付けになるはず。BELL製で仕上げるドレスアップはかつてスクーターの王道カスタムの定番。今となってはパーツだけを欲しがる人も少なくないだろう。それだけでこの車両は希少価値が高い1台と言えるのだ。

オルタネイティブは、こうしたフルカスタムの中古車を大量に在庫しているのが特徴だ。その中からお気に入りの1台を見つけることは決して難しくないはず。いや、台数が多いだけにどれか1台に絞ることが難しいかもしれない。ハードカスタムを一から作るのではなく、中古車としてリーズナブルな価格帯で乗り出せるということがユーザーにとっては重要なポイントなのかもしれない。

詳細写真

マジョーラでペイント勝負のマジェスティCのカスタム画像

車両全体に施されたカラーリングは、皆さんご存知のマジョーラ。見る角度や光の当たり方で様々な色に変化する特殊ペイントだ。マジョーラという言葉の成り立ちは、ラテン語で魔法を意味する「Magia」と、自然界で見られる自然現象のオーロラ「Aurora」を組み合わせた言葉だとか。

マジョーラでペイント勝負のマジェスティCのカスタム画像

反り上がるスポイラーも含めサイド、フロントアンダーはBELLバッドボーン。そしてシートは、ホールド性と共にデザイン性に優れたDr.SUDA製を装着。この二つのブランドのパーツを装着した車両は、最近ではなかなかお目にかかれない。

マジョーラでペイント勝負のマジェスティCのカスタム画像

ロングサイレンサーをカチ上げているマフラーも、MUSASHI製SPEC-Rという懐かしい商品。目立つだけでなく、実際にパワーアップ効果があるため、BELL製エアロと同様にマフラー関係の製品として一世を風靡した。

マジョーラでペイント勝負のマジェスティCのカスタム画像

前後キャリパーは定番のBremboを装着。ビッグスクーターのカスタムが流行り始めた時代は、この商品だけでも充分に価値があるものだった。それがいつしか、カスタムの定番アイテムへと変化していったのだ。

マジョーラでペイント勝負のマジェスティCのカスタム画像

インナーに施されたペイントは懐かしのラップペイント。ペイント時にサランラップなどのフィルムを使用して模様を作る技法だ。その後、大胆なカラーチェンジはミューラルペイントなどに移行したことにより最近のカスタムスタイルとしてあまり見かける機会が少ない珍しい技法だ。

カスタムポイント
  • ●フロントフェイス…LOTAUSスーパーローフェイス ●サイドエアロ…BELLバッドボーン ●フロントアンダー…BELLバッドボーン ●リアスポイラー…BELLバッドボーンスムージング加工 ●マフラー…MUSASHI SPEC-Rマフラー ●シート…Dr.SUDA ●ハンドルバー…ALTERNATIVE ALT48ブラックメッキハンドル ●レバー…DAYTONAメッキマスターブラック塗装 ●グリップ…ブラック塗装 ●ミラー…ブラック塗装 ●フロントサスペンション…4cmダウン ●リアサスペンション…車高調 ●フロント&リアタイヤ…PIRELLI ●フロント&リアキャリパー…Brembo ●吸気系…apr製エアクリーナー ●ウインカー…フロントスモールLED ●電飾…青LED ●オーディオ…MP3対応 ●ペイント…マジョーラ

こちらの記事もおすすめです

この記事を読んでいる方におすすめの商品

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。