PGO ティグラ168R 試乗インプレ・レビュー

PGO ティグラ168R
PGO ティグラ168R

PGO ティグラ168R

掲載日:2016年07月26日 記事カテゴリ 試乗インプレ・レビュー    

取材・写真・文/野岸“ねぎ”泰之

俊足で人気のミドルスクーターが
ボアアップして新登場

スポーティなスクーターを数多く世に送り出している台湾のブランドPGOから、ミドルクラススクーター「TIGRA(ティグラ)168R」が新たに登場した。ラテン語で虎を意味する「ティグラ」の名を冠したシリーズはこれまで125cc、150cc版が存在し、双方ともにクラスを超えた俊敏な走りが人気を博し「とにかく速い」という評価を得ているスクーターだ。

 

その150cc版をボアアップし、約170ccのエンジンを搭載したのがティグラ168Rである。排気量以外にもハイカムやセラミックコートシリンダー、強化コンロッド、ダブルコグベルトなどを採用し、さらなるブラッシュアップが施されたこのマシン、その装備や走りをチェックして、魅力と実力を探ってみよう。

PGO ティグラ168R 特徴

PGO ティグラ168R 写真 PGO ティグラ168R 写真 PGO ティグラ168R 写真


原付2種並みのコンパクトボディに
ハイパワーなエンジンを搭載

高速道路にも乗れる170ccのミドルスクーターだが、その車体はとてもコンパクトだ。それもそのはず、前後12インチのホイールと全長1,865mm×全幅710mm×全高1,140mmというサイズは、125cc、150ccと全く同じ。つまり原付2種並みに取り回しのいい車格ということだ。

 

フロント部分に大きくエアインテークが設けられたスポーティな外装デザインは基本的にティグラ125SE(スペシャルエディション)を踏襲したもので、プロジェクターヘッドライトやツートン仕様のシートなどを装備し、高級感のあるもの。加えてティグラ168Rではマットメタリック塗装を採用し、さらにプレミアム感を演出している。また、パワーアップに対応してラジエーターがツインタイプとなり、テールランプにLED導光材が使われているのも新しいところだ。

 

ユーティリティ面を見ていこう。メーターは指針式のタコメーターと液晶パネルを併用した多機能タイプで、大きく読み取りやすいスピード表示のほか、燃料計や時計、トリップ、バッテリー電圧、瞬間燃費なども表示できる。ハンドル下中央にはコンビニフック、右側には500mlペットボトルが入るポケットを装備。シート下のトランクスペースは浅めだが、ヘルメットの他に小物が収納できるぐらいの余裕がある。シャッターつきのメインキー部分ではシートと給油口をオープンすることもでき、利便性は高い。

PGO ティグラ168R 写真

PGO ティグラ168R 写真

PGO ティグラ168R 試乗インプレッション

小回りの利く抜群の機動性に
アイドリングストップ機構をプラス

PGO ティグラ168R 写真PGO ティグラ168R 写真PGO ティグラ168R 写真PGO ティグラ168R 写真またがると少し腰高な印象はあるものの、車体の小ささからくる窮屈さは感じられない。停止状態からアクセルをワイドオープンすると、グォーンという威勢の良い音とともにエンジンが一気に6,000回転ほどに吹け上がり、油断するとウィリーしそうになるほど元気の良いスタートダッシュを見せる。一般道なら法定速度に達するのはあっという間だ。その後中速~高速域にかけての伸びも非常にスムーズで、トップギアのままスーッと加速していくようなイメージだ。

 

コーナーリング特性も素直なもので、フロント、リアのサスペンションがともによく粘り、街中でブレーキを掛けつつ細かくターンするような状況から、高速道路でのクルージングまで、不安を感じることはほとんどない。タイヤサイズが12インチのため、さすがに高速域でバンピーな路面は苦手だが、標準装着のリアサスがなかなかいい働きをしてくれる。前245mm後ろ220mm径のディスクブレーキの制動力も十分で、繊細なブレーキ操作を求められる都市部でも十分コントローラブルだと感じた。

 

アイドリングストップ機構については、信号待ちなどでエンジンはスムーズに停止するものの、再始動の際にはブレーキをけっこうしっかり握らないとアクセルをひねってもエンジンがかからないので、少しコツが必要な印象だが、慣れれば問題ないだろう。俊敏な性能と小回りがきいて高速にも乗れる利便性を兼ね備えたティグラ168Rは、コミューターとしてかなりの完成度と戦闘力を持ったマシンといえる。

画像をクリックすると拡大画像が表示されます

SPECIFICATIONS – PGO ティグラ168R

PGO ティグラ168R 写真

価格(税別) = 41万5,000円
※表示価格は2016年7月現在

ティグラ150のボアアップモデル。不快な振動もなく排気音もジェントルなのは、さすがメーカーカスタム車といったところ。高速走行も余裕でこなす頼れるシティランナーだ。

■エンジン=水冷4サイクル単気筒

■総排気量=169.5cc(168イチロクハチは製品名称)

■最高出力=12.5kw(17.0ps)/8,000rpm

■最大トルク=1.59kg-m/7,250rpm

■始動方式=セルフ式

■全長×全幅×全高=1,865×710×1,140mm

■点火方式=トランジスター式

■乾燥重量=137kg

■燃料タンク=6.8L

■FRブレーキ形式=油圧式ディスク

■FRタイヤ=F:110/70-12 R:130/70/12


あわせて読みたい記事