ゼロエンジニアリング ロードホッパー Type5 EVO
ゼロエンジニアリング ロードホッパー Type5 EVO

ゼロエンジニアリング ロードホッパー Type5 EVO – ワンオフとマスプロの利点を融合

掲載日:2016年06月14日 試乗インプレ・レビュー    

取材・文/佐川 健太郎  写真・動画/山家 健一  衣装協力/HYOD

ワンオフとマスプロの利点を融合した
こだわりのファクトリーカスタム

モーターサイクル用スペシャルパーツを数多く開発してきた、プロトが手掛ける完成車ブランドが『ZERO-Engineering』(ゼロエンジニアリング)である。そして、同ブランドが2003年からリリースを開始した、カスタムテイスト溢れる量産市販モデルが『ロードホッパー』シリーズなのだ。

元々はハーレー系のハンドメイドカスタムとしてスタートした“ゼロ”のスピリットと芸術性、そしてプロトが長年培ってきたマスプロダクトの品質と信頼性を高い次元で融合したロードホッパーの最新モデル、『Type5 EVO』に試乗してみた。こだわりの逸品が誘う非日常の世界とは……。

ロードホッパー Type5 EVOの特徴は次ページにて

こちらの記事もおすすめです

この記事に関連するキーワード

注目のアイテムはコチラ

新着記事

タグで検索

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。