今日から使えるライテク実践講座-「バイクはなぜバンクして曲がるのか?」

Text / Kentaro SAGAWA Photo / Yuji FUKUYAMA  取材協力 /ライディングアカデミー東京
ライディングアカデミー東京」佐川健太郎の“スマテク”とは?
普段から役立つ実践的なノウハウや方法をレクチャーしてくれるのは、バイクライフをもっと豊かにするためのライディングスクール「ライディングアカデミー東京」の佐川健太郎校長。せっかく手元にある大型バイク、安全に走りを楽しみ、満面の笑みで1日を終えたいもの。そのためには、ライダー自身のスキルアップと安全意識の向上、環境へも配慮したスマートなライディングを目指したい。それが“スマートテク”なのだ。
PAGE01PAGE02PAGE02PAGE04

重力と遠心力の
バランスを考えよう!

バイクは車体を傾けて曲がっていきます。それは何故でしょう。バイクに限らず移動している物体が向きを変えるとき、その物体には遠心力がかかります。

 

遠心力とは外側に引っ張られる力です。これに加え、垂直方向にはもとから重力が働いています。重力と遠心力、その両方の力の釣り合いを保つために、車体をバンクさせる必要があります。つまり、車体の傾きはバイクにかかる重力と遠心力の合力の方向と重なるわけです。これはコーナリング中の荷重の方向とも一致します。

 

もちろん、厳密に言えばライダーも重心移動するので、バンク角と荷重の方向は完全には一致しないはずです。また、路面状況やタイヤの性能などの条件も大きく影響するため、いつも同じようにバンクさせられるわけではありません。

 

ただ、遠心力が強く働くほど、深くバンクさせなければならないことは想像できますよね。遠心力が強く働く場合とは、同じコーナーにおいては「より高い速度」であり、同じ速度であれば「より小さなコーナー」ということになります。

 

逆に言えば、低い速度でバンク角をいたずらに深めることは、力の均衡を崩すことになります。傾けなくては曲がれないし、傾け過ぎてもリスクが高まる…バイクとは、そんなデリケートな乗り物なのです。

Practice

クルマの場合、遠心力に対して外側のタイヤで踏ん張ります。車体は外側にロールする動きをし、ドライバーは「アウト側に引っ張られる」感じがするでしょう。同じ速度でもハンドルを切っていくと、よりその感覚は強まることで、速度と旋回半径と遠心力の関係が分かります。

4輪は外側にロールする

クルマの場合、遠心力に対して外側のタイヤで踏ん張ります。車体は外側にロールする動きをし、ドライバーは「アウト側に引っ張られる」感じがするでしょう。同じ速度でもハンドルを切っていくと、よりその感覚は強まることで、速度と旋回半径と遠心力の関係が分かります。

 

バイクは曲がる方向に車体を傾けながらコーナリングしていきます。速度とバンク角、ステアリング舵角などがピタリと調和したとき、ライダーは「シートに押しつけられる」ような安定感が得られるはずです。これらがチグハグだと、バイクとの一体感が得られません。

2輪は内側にバンクする

バイクは曲がる方向に車体を傾けながらコーナリングしていきます。速度とバンク角、ステアリング舵角などがピタリと調和したとき、ライダーは「シートに押しつけられる」ような安定感が得られるはずです。これらがチグハグだと、バイクとの一体感が得られません。

セルフステアで曲がる

バイクには、車体を傾けるとそちら側に自然とハンドルが切れて曲がっていく仕組みが備わっています。これを「セルフステア」と言い、バイク(2輪車)が直進したり、コーナリングしたりするための基本原理になっています。ハンドルから両手を放しても、ちゃんと曲がっていくことからも分かりますよね。

 

車体先行で舵角がつく

「車体にハンドルを切らせる」という言葉どおり、実験してみると車体の傾きに続いて、ハンドルが一瞬逆に切れてから正方向に切れ直して曲がっていきます。実際にバイクが曲がるためには『キャンバースラスト』や『コーナリングフォース』などの複雑な作用が働きますが、ここでは難しい話は抜きにしましょう。

車体をどんなに深く傾けても、ステアリングに舵角がついていないと曲がりません。軽いバイクでなら実験できますので、写真のように車体を傾けたままハンドルをがっちり押さえ込んで前進してみてください。バイクはそのまま真っ直ぐ進むだけです。実際の走行中にハンドルを固定したら、セルフステアが発揮できず転倒してしまいます。

 

傾けただけでは曲がらない

車体をどんなに深く傾けても、ステアリングに舵角がついていないと曲がりません。軽いバイクでなら実験できますので、写真のように車体を傾けたままハンドルをがっちり押さえ込んで前進してみてください。バイクはそのまま真っ直ぐ進むだけです。実際の走行中にハンドルを固定したら、セルフステアが発揮できず転倒してしまいます。

『上体リラックス&下半身ホールド』がバイクライディングの基本。特に肩・腕・手からは徹底して力を抜くことが、セルフステアを発揮させるポイントです。肘はやや外側に曲げて衝撃を吸収するクッションとし、グリップの握りは「小指」と「親指」だけでループを作るイメージで、軽く握るように意識しましょう。

 

『上体リラックス&下半身ホールド』がバイクライディングの基本。特に肩・腕・手からは徹底して力を抜くことが、セルフステアを発揮させるポイントです。肘はやや外側に曲げて衝撃を吸収するクッションとし、グリップの握りは「小指」と「親指」だけでループを作るイメージで、軽く握るように意識しましょう。

肩から先は極力「抜く」

『上体リラックス&下半身ホールド』がバイクライディングの基本。特に肩・腕・手からは徹底して力を抜くことが、セルフステアを発揮させるポイントです。肘はやや外側に曲げて衝撃を吸収するクッションとし、グリップの握りは「小指」と「親指」だけでループを作るイメージで、軽く握るように意識しましょう。

上半身を腕で支えてしまうと、ハンドルを握る手にも力が入り、セルフステアを妨げてしまいます。特に下半身のホールドが甘いと、そうなりがち。グリップを固く握るとデリケートなスロットル操作もできなくなってしまいます。緊張すると肩の位置が上がり気味になるので、意識して肩を下げるようにしましょう。

 

上半身を腕で支えてしまうと、ハンドルを握る手にも力が入り、セルフステアを妨げてしまいます。特に下半身のホールドが甘いと、そうなりがち。グリップを固く握るとデリケートなスロットル操作もできなくなってしまいます。緊張すると肩の位置が上がり気味になるので、意識して肩を下げるようにしましょう。

「支えない」「握らない」

上半身を腕で支えてしまうと、ハンドルを握る手にも力が入り、セルフステアを妨げてしまいます。特に下半身のホールドが甘いと、そうなりがち。グリップを固く握るとデリケートなスロットル操作もできなくなってしまいます。緊張すると肩の位置が上がり気味になるので、意識して肩を下げるようにしましょう。

スマテク+α

トライアンフ独特の直列3気筒エンジンは、豊かな低中速トルクとパワーバンドの広さが特徴。この元気なエンジンと軽量・コンパクトな車体のおかげで、ストリートトリプルRはコーナリングが抜群に楽しいマシンです。ある意味、大型バイクに乗っていることを忘れてしまう軽快さが持ち味。よく動く前後サスペンションとレスポンスに優れるエンジンを生かせば、スロットルのオン・オフだけで車体の姿勢を作りながら、あまりバンクさせなくても曲がっていけるマシンです。

スロットルワークで曲がる

トライアンフ独特の直列3気筒エンジンは、豊かな低中速トルクとパワーバンドの広さが特徴。この元気なエンジンと軽量・コンパクトな車体のおかげで、ストリートトリプルRはコーナリングが抜群に楽しいマシンです。ある意味、大型バイクに乗っていることを忘れてしまう軽快さが持ち味。よく動く前後サスペンションとレスポンスに優れるエンジンを生かせば、スロットルのオン・オフだけで車体の姿勢を作りながら、あまりバンクさせなくても曲がっていけるマシンです。

 

K1300Sが通常のバイクと最も異なるのは『デュオレバー』と呼ばれるフロントサスペンションを備えている点。4輪のダブルウィッシュボーンに似た機構で、どんなにハードブレーキングしてもノーズダイブしないのが特徴。前後連動ABSも合せると、通常のテレスコピック式にはマネできない強烈な突っ込みが可能です。低重心エンジンと長いホイールベースを活かした抜群のスタビリティはコーナリングでも如何なく発揮され、吸いつくような安定感が持ち味です。

デュオレバーの強みを活かす

K1300Sが通常のバイクと最も異なるのは『デュオレバー』と呼ばれるフロントサスペンションを備えている点。4輪のダブルウィッシュボーンに似た機構で、どんなにハードブレーキングしてもノーズダイブしないのが特徴。前後連動ABSも合せると、通常のテレスコピック式にはマネできない強烈な突っ込みが可能です。低重心エンジンと長いホイールベースを活かした抜群のスタビリティはコーナリングでも如何なく発揮され、吸いつくような安定感が持ち味です。

PAGE01PAGE02PAGE02PAGE04

スマテク講座 講師
佐川 健太郎(Kentaro SAGAWA)
「ライディングアカデミー東京」校長。1963年東京生まれ。モーターサイクルジャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。公道で役立つ実践的な低速系ライディングから、モータースポーツとしてのサーキットライディングまで、テクニックやノウハウに造詣が深く、メーカー系イベントや各種スクール、走行会などでも講師を務める。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。MFJ公認インストラクター。
■スマテクに関するソボクなギモン受付中!■

この記事に関するご質問、ご相談を受付けています。ひとことでライテクと言っても、ライダーによって体格や考え方も異なるし、バイクそのものの特性や走行シチュエーションによってさまざまです。「これが100%正解!」なんて、無いに等しいところですが、広く一般的な基礎知識やノウハウ、こんなときはどうするのがベターなのか?といったギモンに対して、高いライディングスキルを持ち、知識と経験豊かなプロライダーが直々にお応えします。こんな機会はめったにありません!

佐川校長へどんどん質問・相談してみよう!

※コメントはこの記事に関する内容に限らせていただきます。なるべく多くのご質問にお応えするつもりですが、内容によってはコメントできない場合もありますことを予め御了承ください。

これまでの相談一覧

blacko さん

12月08日

どのレッスンで投稿すべきか迷いましたが、セルフステアについてです。

気持ちいい山道の「コーナー」というは、そこそこの半径で距離が短いコーナーだと思います。
これらのコーナーでは肩の力を抜いてバイクを倒し、サッと駆け抜けます。
一方2桁国道などの大きな道では半径も大きく距離も長く続く、コーナーというより「カーブ」が多いです。
このような大きく長いカーブだとセルフステアでハンドルが切れすぎるのを防ごうとして、イン側のハンドルに力を入れて押し戻そうとする自分がいます。


半径が大きく距離が長いカーブを走るコツを教えてください。
私はセルフステアを意識するためにイン側の肩を落とし、イン側の肘はすぐに後ろに引ける状態を作ることを意識していますが、そもそもこれがいけないのでしょうか?
(状況が伝わりにくいかもしれませんが。よろしくお願いします。)

校長 さん

12月17日

>blacko さん
コメントをいただき、ありがとうございます。
「大きく長いカーブだとセルフステアでハンドルが切れすぎるのを防ごうとして、イン側のハンドルに力を入れて押し戻そうとする…」とのことですが、そうしないと車体が起き上がってきてしまうからですよね。コーナリング中のステア特性として、ほとんどのバイクはハンドルが自然に切れ込むことで、車体は起き上がる傾向にあります。ライダーはそこに少し「当て舵」(逆操舵)を加えながら旋回することで、ラインやバンク角をコントロールしているものです。これは一般的な傾向であって間違った操作ではありません。ほとんどの場合、コーナリング速度が上がりバンク角が深まるにつれ、立ちの強さは消えていきます。また、上体をイン側に入れていくリーンインや腰をイン側にずらしたハングオフ的フォームをとることでバランスが改善される場合も多いようです。
ただし、あまりに「当て舵」を強くしないと曲がれない場合は、車体姿勢のバランスが良くなかったり、サスセッティングが合っていないことなどが考えられます。これは現車を見てみないことには何とも言えないところですが、まずはフォームの改善、つまり前述の重心位置をよりイン側に移動させるフォームを試してみてください。そのとき、シートに体重を預けていくことを意識するとより効果的ですよ。

blacko さん

12月18日

てっきりハンドルが切れてバイクが内側に倒れるのを防ごうとしてるのかと思っていましたが、実は当て舵でバイクが起きるのを抑えてたのですね。
重心が内側過ぎるのかと考えていましたので、とてもありがたい指摘です。ありがとうございました。

リッキー さん

03月12日

まだ初心者なのですが
バンクとかUターンなのが出来ません。
良いコツなど教えていただけると嬉しいです

校長 さん

05月08日

>リッキーさん
コメントをいただき、ありがとうございます。
「スマテク」の中にはバイクを安全に楽しむためのヒントがいろいろ散りばめられています。ぜひlesson1からじっくり読んでみてください!

投稿する