ヤマハ RZ250 取材で見つけた旧車バイク紹介

ヤマハ RZ250

掲載日:2017年04月25日 記事カテゴリ 取材で見つけた旧車バイク紹介   

記事提供/Zeppanバイクス編集部  取材協力/タイムトンネル
※この記事はモト・メンテナンス別冊『Zeppan BIKES 22号』の『物件通信』を再編集したものです

ヤマハ RZ250の画像
YAMAHA RZ250

環境問題がクローズアップされた1970年代後半、4スト優勢となりつつあった流れを逆転させたのが1980年に登場したRZ250だった。そして空前のバイクブームが沸き起こるのもまたRZがきっかけだった。

水冷エンジンやカンチレバー式のリアサスペンションなど、それ以前のRDシリーズを刷新したメカニズムは、レーサーであるTZ譲りと称され、1981年の250ccクラス販売台数ランキング一位を獲得するなど多くのライダーを魅了。スポーツモデルらしい有機的なデザインと軽量コンパクトで必要十分な運動性能は現在でも通用し、中型クラスの人気絶版車では常にトップクラスに位置している。

タイムトンネルでは3~4年ぶりの販売となるRZは1982年のマイナーチェンジ以降のグラフィックに再塗装されており、フロントダブルディスクやダブルホーンなど350のディティールを備えているのが特徴だ。

詳細写真

ヤマハ RZ250の画像

最高出力35馬力を発生するピストンリードバルブ式エンジンのコンディションは良好。クランクケースやケースカバーにも腐食やペイント剥げなどの不具合はない。チャンバーはOXレーシングのストレートタイプが装着され、これと別に純正マフラーも付属する。

ヤマハ RZ250の画像

回転方向に流れるようなスポークデザインが印象的なキャストホイールには、350純正のダブルディスクを装備。キャリパーやウインカーなど、現在となっては貴重な純正パーツが付いているのが嬉しいポイントだ。

ヤマハ RZ250の画像

再ペイント済みの外装や張り替えられたシートによって、外観は美しく仕上がっている。純正グラブレールも貴重パーツだ。

ヤマハ RZ250の画像

フルスケール160km/hのスピードメーターは250用パーツ(350用は180km/h)。速度警告灯付きなのが国内仕様の証明だ。

注目のアイテムはコチラ

あわせて読みたい記事