レーサーと同一の高いクオリティ 機能性とデザインを両立した逸品 ROAD RIDER アイテムレビュー

レーサーと同一の高いクオリティ 機能性とデザインを両立した逸品

掲載日:2012年07月03日 記事カテゴリ ROAD RIDER アイテムレビュー    

Photo/前川健彦  Report/大屋雄一  記事提供/ロードライダー編集部

’00年、オーナー兼ライダーの鶴田竜二選手が立ち上げたトリックスターレーシングは、翌’01年から同ブランドでのオリジナル製品を販売開始。チームは’04年から鈴鹿8耐にも参戦し、’09年には準優勝するなど、トップ争いの常連へと成長。そして今年も“エヴァンゲリオンRT 初号機トリックスター”としてJSBにエントリー、活躍が期待される。

「カワサキ車にこだわり、ロードレース業界でカワサキ車の地位向上に努める」ことを信念とするトリックスターだけに、車種別専用のオリジナルパーツはすべてカワサキ車用ばかりだ。知り尽くしているからこそのこだわりが、そこかしこに溢れており、カワサキファンに強く支持される理由が分かるというものだ。今回紹介するバックステップは、同社の主力商品のひとつ。素材にはジュラルミンを使い、多くの機種でポジション可変式を採用しており、例えばZX -10R用(上写真の手前、ペダルがシルバー)なら、0mmバック/25mmアップ~15mmバック/40mmアップまで、5つのポジションから好みの位置にバーを移動できる。そして、ベースプレートとサブプレートの段差が少ないこともトリックスター製の特徴のひとつ。国内ブランドゆえに、補修部品が入手しやすいのも嬉しいバックステップなのだ。

スタンドの支点はボールジョイント式となっており、向きや角度の調整が自由自在。値段が手頃というのも見逃せないポイントと言えよう。

[ SPECIFICATIONS ]

  • メーカー/トリックスター
  • 製品名/バックステップ
  • 素材/ジュラルミン
  • 適応車種/ZX-10R(’04~’05、’06~’10、’11~)、ZX-6R(’05~’10)、Z/ニンジャ1000、ZZR1400/ZX-14R、ZRX1200ダエグ/1200R/1100、ニンジャ250R、KSR110
  • 価格/4万7250円~6万3000円

[ DETAILS ]

ベースプレートに対してサブプレートの取り付け場所を変えることでバーの高さ&後退量が変更可能。ZX-10Rは5ポジション、ZZR1400/ZX-14R用は4ポジションから選べるのがポイントだ

バーは操作性に優れた固定式で、ソールにがっちりと食い付くように深いローレットが刻まれる。下面をカットしたデザインは、転倒した際にバーが途中で折れることでプレートを守る

ペダルは同軸式。剛性面で不利とされるが、そこは硬質な素材でカバー

ペダル踏部にはラバーを使用。ソールとの相性がよく、操作性に優れる

[ お問い合わせ ]

電話/052-908-1486
〒457-0803 愛知県名古屋市南区天白町5丁目13

BikeBooksで雑誌・電子雑誌をチェック!

あわせて読みたい記事