名車ライブラリ

絶版名車ライブラリ

名車ライブラリ 記事一覧

  • カワサキ KZ1100R 1984

    掲載日:2010年08月18日 カテゴリ:名車ライブラリ

    ローソンレプリカや同系列デザインを採用したZ1100GP、Z1100Rをベースにしたカスタムマシンを製作する際に、そのモチーフになることが圧倒的に多いカワサキS1。

  • カワサキ Z1000R1 1982

    掲載日:2010年07月18日 カテゴリ:名車ライブラリ

    アニーズで製作されたこのマシンのベース車両は1000R1だが、エンブレム下にストライプが入るグラフィックを残しつつ、その他の部分をイエローでペイントすることで重厚さを一掃。

  • カワサキ KZ1000R2 1983

    掲載日:2010年07月18日 カテゴリ:名車ライブラリ

    3本スポークのS1用ダイマグのイメージがあるせいか、ブラックのマグ鍛JB1が付くことで、えも言えぬ迫力を感じさせるS2カスタム。

  • カワサキ GPz750 1983

    掲載日:2010年07月05日 カテゴリ:名車ライブラリ

    ハチマル時代の空冷Zシリーズには、イメージリーダーとなるレーシングマシンの存在があった。Z1000Jシリーズには、エディ・ローソン選手が駆ったカワサキS1があり、後のGPz750ベースでは、ウェイン・レイニー選手が駆ったワークス仕様があった。

  • ヤマハ SRX-6

    掲載日:2010年06月18日 カテゴリ:名車ライブラリ

    20年以上経っても古さを感じさせないデザインと、ビッグシングルらしい走行性能で今もなお愛されているSRX400/600。ビトーR&D代表の美藤さんも、モノサス・セル始動のIV型を長く所有してきたSRXファンの一人だが、我慢できない3点があった。

  • カワサキ Z650B

    掲載日:2010年06月18日 カテゴリ:名車ライブラリ

    Z1ベースの17インチカスタムやCB-Fベースのチュードカスタムを所有するマシンオーナーともなれば、時には軽量コンパクトでありながら、パワフルなエンジン性能を誇る「スプリンター的マシン」に乗りたくなることがあると思う。

  • カワサキ KZ1000J2 1982

    掲載日:2010年06月05日 カテゴリ:名車ライブラリ

    1972年に発表された1979年のZ1000マークIIまで続いたシリーズの後を受けて登場したZ1000J。Z1系を日本製マルチエンジンの第1世代とするなら、ライバルとなったホンダCB750Fとともに第2世代と言えるのがJである。

  • カワサキ Z400FX 1981

    掲載日:2010年05月18日 カテゴリ:名車ライブラリ

    「中型クラス」におけるマルチモデルの復活を数多くのファンが願っていた矢先に登場したZ400FX。発表と同時に予約が殺到したのは有名な話で、デリバリー開始当初は納車までに数ヶ月待たされる状況がしばらく続いた。

  • ホンダ DREAM CB750P 1970

    掲載日:2010年05月05日 カテゴリ:名車ライブラリ

    世の中には大変珍しいモデルを所有するコレクターが存在するが、この初代CB750P/K0ポリスもその1台と言えるだろう。

  • カワサキ GPZ400R LIMITED 1987

    掲載日:2010年04月19日 カテゴリ:名車ライブラリ

    空前のバイクブームの中、毎年のようにニューモデルが投入され、その反応を見ながら取捨選択を行った末に「レーサーレプリカブーム」へとたどり着いた400マルチ。しかし、その過渡期に空前の大ベストセラーを記録した車両、それがGPZ400Rだ。

  • カワサキ Z1 1972

    掲載日:2010年04月18日 カテゴリ:名車ライブラリ

    Z1は1960年代後半、世界最速の座を4ストロークエンジンでも狙うべく、カワサキが進めていたプロジェクトから誕生した。

  • ホンダ CB750 Four 1969

    掲載日:2010年03月18日 カテゴリ:名車ライブラリ

    世界初の完全量産4気筒750ccモデルとして1969年に市販開始。70年モデルとして登場した改良1型は、その頭文字を取って型式“K1”と命名され、逆に69年モデルはそれをさかのぼり“K0”と呼ばれるようになった。

  • カワサキ 650RS W3 1973

    掲載日:2010年02月18日 カテゴリ:名車ライブラリ

    W3のルーツをさかのぼると、カワサキと吸収合併される前の目黒製作所のK1というモデルにたどりつく。カワサキの手によってK1は進化を遂げ、1966年に発売されたのが現在でも人気の高いW1。

  • カワサキ F4 SIDEWINDER 1969

    掲載日:2010年01月18日 カテゴリ:名車ライブラリ

    F4サイドワインダーは、DT-1と同じ1968年にデビューしたカワサキの市販トレール車だが輸出専用モデルであったこと、更に69年には350TRがアメリカでデビューしたこともあり、非常に短命で終わったモデルだ。

  • ホンダ CB450 SENIOR 1971

    掲載日:2010年01月18日 カテゴリ:名車ライブラリ

    CB450 SENIORは1965年に登場したCB450の進化バージョンだ。ドラムブレーキを採用していた初期モデルとの大きな違いはディスクブレーキを採用していること。

  • ヤマハ TX500 1973

    掲載日:2009年12月18日 カテゴリ:名車ライブラリ

    ホンダのCB750、カワサキのZ1など、TX500が登場した1973年には絶大な人気を誇る他社製の並列4気筒モデルが市場を席巻しており、TX500はその後に続く並列4気筒の時代に一矢報いようとヤマハが市場に放ったモデルだった。

  • ホンダ CB400FOUR 1976

    掲載日:2009年11月18日 カテゴリ:名車ライブラリ

    1974年から国内販売をスタートしたCB400FOURは、ホンダのミドルクラス戦略の期待を担いながら人気を獲得できなかったCB350Fの後継モデルとして登場した。

  • ヤマハ RZ250 1980

    掲載日:2009年10月18日 カテゴリ:名車ライブラリ

    2ストロークエンジンは構造がシンプルで高出力を得やすいパワーユニットだったが、1970年代後半に排気ガス規制が強化されはじめ、世界のバイク市場で徐々にその規模は縮小されつつあった。

  • ホンダ CB450 1969

    掲載日:2009年09月18日 カテゴリ:名車ライブラリ

    965年に登場したCB450は、当時世界最高性能を誇っていた英国車をターゲットとしたバイクだった。650ccが主流だった英国車に対し、CB450の排気量は450cc。

  • ヤマハ AT125

    掲載日:2009年08月18日 カテゴリ:名車ライブラリ

    AT125は、日本のトレールバイクの礎を築きあげた名車DT-1の流れを汲むマシンだ。DT-1をスケールダウンさせたAT-1の後継車がAT125 で、ヤマハトレールバイクのスタンダードデザインが、このモデルにもしっかりと表れている。

  • スズキ GT750 1971

    掲載日:2009年08月18日 カテゴリ:名車ライブラリ

    ホンダCB750FOURの登場以来、時代は750全盛期へと向かっていた。GT750はそういった時勢の中1971年に登場したモデルだ。

  • ヤマハ XS650 1970

    掲載日:2009年07月18日 カテゴリ:名車ライブラリ

    1955年にYA1が登場して以来、2ストロークエンジンのみを市販化してきたヤマハの、初の4ストローク搭載車がXS1だ。

  • カワサキ 500SS MACH III 1969

    掲載日:2009年06月18日 カテゴリ:名車ライブラリ

    世界最速の称号を英国車が死守していた60年代後半、カワサキがその称号を奪取するために出した回答がこのマッハIIIだった。

  • カワサキ GPz1100 1983

    掲載日:2009年06月09日 カテゴリ:名車ライブラリ

    特徴的なエアロフォルムを纏い、歴代空冷Z最強のパワーと大排気量で、同シリーズの「有終の美」を飾ったのがGPz1100である。エンジンは1089ccまで拡大され、dfi との組み合わせにより、最高出力は120馬力を発揮。