SYM JOYMAX125i
SYM JOYMAX125i

SYM JOYMAX125i – 迫力のボディに快適機能を満載

掲載日:2014年08月29日 試乗インプレ・レビュー    

取材・写真・文/野岸“ねぎ”泰之

迫力のボディに快適機能を満載
新世代のラグジュアリーモデル

高品質で低価格なバイクを提供している台湾のメーカー、SYMが発売するラグジュアリーな原付二種スクーターがJOYMAX125iだ。125ccとは思えないグラマラスなボディに、多くの快適・豪華装備を搭載したこのモデルは、国産スクーターとは一線を画した魅力を持つ。果たしてその走りや装備はどんな実力を秘めているのか、早速チェックしてみよう。

SYM JOYMAX125iの特徴

SYM JOYMAX125iの画像

LED灯火類や豪華なメーターなど
ワンランク上の装備が魅力

JOYMAX125iを目の前にすると、誰もが「これで125ccクラスなのか?」と、その大きさにびっくりするだろう。それもそのはず、全長2160mm、全幅760mm、全高1420mmというスペックは、同じSYMのJOYMAX250iと変わらないのである(ホイールベースのみ125が少しだけ短い)。つまり車格は250ccクラスなわけで、ルックスがグラマラスで迫力があるのも当然というわけだ。

SYM JOYMAX125iの画像

外観では灯火類も特徴的だ。キリリと大きく切れ上がったフロントのライトケース内には、左右同時点灯する35/35Wのヘッドライトが収まり、その上には眉のようにつり上がったLEDのポジションランプを備える。しかしもっとも目立つのは、バックミラーの表に装備されたLEDのウインカーかもしれない。手動可倒式の大きなミラーに配されたLEDは点灯させると明るいオレンジの光が非常によく目立ち、他の車からの被視認性が高いと感じた。ちなみにテールランプもLEDを採用している。残念なのは、フロントカウルの左右に配されたフォグランプがダミーである点。250ccモデルでは標準装備となっているので、ここはぜひ125ccモデルにも装備してもらいたいところだ。

SYM JOYMAX125iの画像

灯火類とともに豪華なのがメーターだ。透過光式で見やすいメーターは4連で、左から燃料計、速度計、回転計、水温計となっている。回転計の中央には液晶部が設けられ、距離のほかに時計や電圧が表示できる。電気式のメーターは、メインスイッチをオンにするとすべての針が一旦右端まで回って戻るというギミックも搭載している。

SYM JOYMAX125iの画像

シート下のトランクスペースはジェットヘルメットとフルフェイスが同時に収納できるほどの広さがあり、ダンパーによって開いた状態をキープすることができるほか、荷室内に小さなランプを備えているなど、実用性は十分。ちなみにシートはメインスイッチをひねるほか、左のハンドルに設けられたシートオープンスイッチを押すことでも開けることができて便利だ。この他にも、ハザードスイッチや後席用バックレスト、フロントポケット内にDCソケットを標準搭載するほか、足元から温風を出せるダクトなど、快適な走りを実現させてくれる装備が多数採用されている。

SYM JOYMAX125iの画像

SYM JOYMAX125iの試乗インプレッション

SYM JOYMAX125iの画像

スタートダッシュは鈍いが
快適なクルージング性能

さて、ここからは走りを中心にチェックしていこう。250ccモデルと同じ車格のためシート高は770mmあって、足着きは決していいとは言えない。しかしその分、シートの座り心地はよく、シートバックと滑りにくい表皮のせいもあって、長時間のライディングでも疲れにくい印象だ。

SYM JOYMAX125iの画像

大柄な車格からも想像できるように、スタートダッシュは得意ではない。車体が重い分、不利になるのは当然で、走り出しはジワジワッとした加速感だ。スリムで軽い125ccの通勤スペシャルに乗り慣れている人なら、物足りなさを感じるかもしれない。しかし「遅いスクーターなのか?」と問われれば、答えはノーだ。遅さを感じるのは動き出しの最初だけで、20km/hを超えたあたりからはスルスルっと伸びのある加速をし、気が付くと法定速度を超えるほどのけっこうなスピードに達している。一旦巡航速度に達してしまえば、その車格がもたらすゆったりとした走りと大型スクリーンの効果で、まさにクルージング然とした余裕の走りを楽しむことができるのだ。都市部での熾烈な通勤バトルには不向きでも、幹線道路を使った移動距離の長い通勤路や、ツーリングユースなどでは快適なマシンになるだろう。ちなみに左のブレーキレバーは前後連動ブレーキとなっており、握るとガクンと減速され、かなりの制動力を発揮する。エンジンブレーキもよく効くので、これらのクセをよく理解して乗れば、より安全で快適に走りが楽しめるだろう。

SYM JOYMAX125iの画像

カウリングにマウントされた大型のミラーは、腕の映り込みが意外に大きく、ベストな見え方に調整するには苦労させられる。通勤バトルですり抜けをするにも気をつかうので、ハンドルマウント仕様があってもいいかもしれない。

こう書くと「都市部では使えない?」と思われそうだが、実はそうでもないのだ。大柄な車体のため、車のドライバーからは中型スクーターと思われるらしく、少々加速がのんびりしていようが、追い越されてかぶせられる、ということが全くなかったのだ。道幅に余裕のある時だけ信号で前に出てあとは普通に走る、という具合に、あくせくした走りよりも快適性を求める人には、とてもいいマシンではないか、と思う。

SYM JOYMAX125iの詳細写真

SYM JOYMAX125iの画像

ヘッドライトは左右同時点灯式。ポジションライトやバックミラー表のフロントウインカー、テールランプにはLEDを採用。

SYM JOYMAX125iの画像

まるで車のような雰囲気を持つ豪華な4連メーター。タコメーター中央には液晶画面があり、トリップや時計、電圧なども表示できる。

SYM JOYMAX125iの画像

大型のバックミラーは手動で折りたたむことが可能。駐車時に邪魔にならず、LEDウインカーの傷つきも防止できる。

SYM JOYMAX125iの画像

左のハンドルには黄色のシートオープンボタンを装備。メインスイッチがオンの状態ならばシートのロックを解除できる。

SYM JOYMAX125iの画像

メインスイッチにはキーシャッターを装備。脇にあるのはハザードスイッチで、ストロークが深く若干押しにくい。

SYM JOYMAX125iの画像

右側にはグローブボックスを装備。内部の奥にはDCソケットが設置されており、ケータイの充電などに便利だ。

SYM JOYMAX125iの画像

シート下のスペースは収納力たっぷり。前側に一般的なジェットヘルメット、後ろ側にフルフェイスのヘルメットが余裕で入る。

SYM JOYMAX125iの画像

シート下トランク内後部には小さいながらもラゲッジランプを装備。脇にある黄色いスイッチは、盗難防止用の点火カットスイッチだ。

SYM JOYMAX125iの画像

フットスペースは前方にもあってポジション調節は楽だ。給油口の前にあるのは温風を吹きだすことが可能なウォームエアダクト。

SYM JOYMAX125iの画像

シートには運転席、後部座席それぞれにバックレストを標準装備。表皮は滑らず踏ん張りのきくタイプで、ステッチを施すなど仕上げもいい。

SYM JOYMAX125iの画像

前後輪共に、2ポットピストンのディスクブレーキを採用。右レバーのフロントブレーキはコントローラブルかつ強力。左レバーは前後連動ブレーキとなる。

SYM JOYMAX125iの画像

メインスタンドのほか、サイドスタンドを標準で装備している。ちょっとした駐車の際にこれがあると断然便利だ。

関連商品はこちらから!

Specifications – SYM JOYMAX125i

SYM JOYMAX125i 写真

価格(税別) = 37万8,000円
※表示価格は2014年8月現在

SYMが2014年にリリースした新世代スクーター。インテリア・エクステリアのデザインや機能、そして巡航速度域での走行性能は原付屈指の実力の持ち主。ホワイト・ブラック・マットブラック(限定)の3色のカラーバリエーションが用意されている。

■エンジン形式 = 水冷4サイクル
■最大出力 = 9.66Kw/9000rpm
■最大トルク = 11.8Nm/7000rpm
■総排気量 = 124.5cc
■サイズ = 全長2160mm×全幅760mm×全高1420mm
■シート高 = 700mm
■軸間距離 = 1520mm
■乾燥重量 = 168kg
■燃料供給装置 = 電子式
■燃料タンク容量 = 12L
■Fタイヤサイズ = 120/70-14 55P
■Rタイヤサイズ = 140/60-13 63P
■Fブレーキ形式 = ディスク(径260mm)
■Rブレーキ形式 = ディスク(径240mm)

この記事に関連するキーワード

こちらの記事もおすすめです

この記事を読んでいる方におすすめの商品

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着記事

タグで検索

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。