PGO ティグラ125

掲載日:2011年09月28日 バイク購入ガイド        件のユーザーレビュー

文/杉山 研二

PGO ティグラ125の画像a
PGO TIGRA125

新開発の水冷エンジンを搭載
ハイパワースポーツスクーター

ティグラ125は、4ストローク水冷エンジンを搭載するスポーツスクーターです。車体デザインは空気抵抗を低減したシャープなスタイリングで、フロントマスクには大きなラジエターグリルを設けています。ヘッドライトには12V60/55WのH4バルブを採用。また、個性的なデザインのテール周りでは、ウインカーとテールランプに高輝度LEDを採用し安全性も高めています。インストルメントには、視認性の高いLCDメーターを使用。タコメーター、スピードメーター、オド、トリップ、フューエル、時計を表示します。

Vortex Cooling Engineと名付けられた注目のパワーユニットは、従来の水冷エンジンの問題点を極限まで解消して誕生したものです。結果として高出力でありながら静粛で耐久性が高いエンジンに仕上がり、最高出力は9.9kW/8750rpm、最大トルクは1.14kgm/7500rpmとなりました。そのハイパフォーマンスに合わせるように、ホイールやブレーキなどの足周りにもしっかりとしたものを投入しています。ホイールはアルミのキャストタイプで、前後ともに12インチ径を採用して走行安定性を向上。ブレーキシステムはフロントに245mm径のウェーブディスクを、リアは220mm径のディスクを用いて優れた制動力を実現しています。

シート下のラゲージボックスはヘルメットを置いても余裕のあるサイズで、携帯電話の充電などに便利な12VのDCソケットも装備しています。メインキーは、シートや給油口のオープンからハンドルロックまで手元で行える多機能キーで、キーシリンダーには盗難抑止を目的としたシャッター機能も搭載しました。

ちなみにTIGRAとは、虎を意味するラテン語です。トップクラスの加速力と強靭な足を備えたその走りは、まさに大地を力強く駆ける虎……というわけです。車両は台湾製で、日本でのメーカー希望小売価格は32万4450円(消費税込)。車体カラーはホワイト、ブルー/ホワイトの2タイプを用意しています。

PGO ティグラ125のここがポイント!
  • ● 9.9kWのハイパワー水冷エンジン
  • ● 空気抵抗を低減したスタイリング
  • ● 前後輪に採用したディスクブレーキ

PGO ティグラ125のライバルはこれだ!

  • ヤマハ
    シグナスX SR

    シグナスXをベースに、イニシャル調整可能なリアショック、スポーティな車体グラフィックなどを採用した125ccスクーター。エンジンは7.8kWの空冷4ストローク。

  • キムコ
    レーシング125Fi

    8.8kWの空冷4ストロークエンジンを搭載する125ccスクーター。深いバンク角を可能にした車体デザイン、動物の目をイメージしたV字型ヘッドライトなどが特徴。

  • ホンダ
    PCX

    ゆとりのある雰囲気と扱いやすさを兼ね備える125ccスクーター。アイドリングストップの低燃費エンジンや14インチホイール、前後連動のコンビブレーキも採用。

この記事に関連するキーワード

こちらの記事もおすすめです

この記事を読んでいる方におすすめの商品

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着記事

タグで検索

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。