試乗インプレッション 収納力編【スズキ バーグマン200】 トピックス

試乗インプレッション 収納力編【スズキ バーグマン200】

掲載日:2017年02月08日 記事カテゴリ トピックス    

取材協力/スズキ株式会社  文/野呂瀬悦史  写真/バイクブロス・マガジンズ編集部

トップケースを付けなくてもOKな
ゆとりのシート下収納が魅力

ども、編集部の野呂瀬です。わがままボディなワタクシを載せてもグングン加速してくれるバーグマン200。今回は、このバーグマン200のもうひとつの魅力でもある、シート下収納についてお伝えします!

欧州での人気を追い風に、2014年に国内販売が開始されたバーグマン200。当時は250ccクラスのビクスクと比較されていましたが、バーグマン200の登場以降、排気量150~200cc前後のスクーターが数多く登場。今やスクーター界でも一大勢力を築いているカテゴリーとなっています。そんな時代の先駆ともいえるバーグマン200を、WEB編集部スタッフがリレーインプレッション。

テント・マット・寝袋・イスが
シート下にキレイに収まる!

スズキのバーグマン200。このモデルは試乗インプレッション長期インプレッションでも紹介されているように、キレのある加速がなんといっても魅力。車体サイズも250ccのビクスクに比べて小柄のため取り回しがラク。駐輪場への出入りもわりとカンタンにこなせることから、サンダル感覚で日常移動に使える気楽さがあります。

さらに、バーグマン200の魅力となっているのが、かなり大きなシート下収納スペースなのです。そこで、その収納力はどれほどなのかを見える化するために、キャンプ道具を入れてみました。

バーグマン200のシート下収納には長物が入れられるスペースが設けられています。そこで、ちょっと無理やり感はありますが、キャンプ用マットを入れてみました。入れたのは「サーマレストマット・リッジレスト」で、シート長122cmのいわゆる半身用。丸めた状態の収納サイズは長さ51cmで直径17cmになります。シートの前方の収納スペースが細くなっている部分が辛い感じなのですが、なんとか収納できました。例えば、銀マットを120cmくらいにカットして、きっちり丸めれば、もっとラクに収まるかもしれません。

次にテントと寝袋(3シーズン用)、それにあると便利な折りたたみイスを入れてみました。もちろん問題なく収まりました。シートもちゃんと閉まって走行にも支障なしです。一見、どこにでもいる普通のスクーター。でも、シートの下には宿泊する術を格納しているという状態。防犯上も大変結構。旅先で宿を選ぶもよし、キャンプにするもよし。そんな自由な選択ができちゃうのです。

唯一、シート下収納で気になるのは、収納スペース内にこもる熱です。エンジンの上に位置しているので走行すれば収納スペース内は温度が少し上がります。その熱が、テントの縫い目などに施されている防水テープを剥離させることがあるかもしれません。あくまでも、自己責任でお願いします!

さて、着替えや食器などはシート下の隙間に入れればOK。さらに、ツーリングの必需品であり、最も取り出しやすい場所に入れておきたい雨具は、フロントカウルのグローブボックスに納まりました。なお、収納した雨具はコンパクトになるものなので、すべてのレインウェアが入るというわけではありません。

冒頭では「サンダル感覚で日常移動に使える」なんて書きましたが、バーグマン200は、バッグもザックもボックスも使うことなく旅の相棒としての実力を秘めたスクーターでした。平日は通勤通学に、週末は旅の移動手段として使える便利な相棒として、バーグマン200はアリなバイクだと思います!

容量41リットルで自動照明付きのシート下スペース。筆者はXLサイズのヘルメット愛用者なので、大半のスクーターのシート下には収納できないのですが、バーグマン200は問題なし!

画面左上の「少しくらい長いものも入れられるよ」というスペース。キャンプマットを入れるには、少々無理やりですが、入ることは入りました。

テント(ダンロップの一人用)、寝袋(3シーズン)、イス(ヘリノックスの折りたたみイス)、そしてマットを入れた状態。隙間に着替えが入るかも。そして、イスを小型にすれば食器が入るかも……といった状態。

雨が降ってきたときにシートを開けたくないので雨具はグローブボックスに。直径8cm長さ18cmにパッキングできるものなら入れられます。

グローブボックスの左側には12V電源ソケットも装備。イマドキ充電設備は必須ですね!

シート下収納もそうですが、グローブボックスもキーロック付きですから、荷物を盗まれるリスクは減ります。まぁ、バイクごと盗まれちゃうとどうしょうもないのですが……。

見た目は何も積んでないけれども、只今キャンプツーリング中。そんなことができちゃうのです。

あわせて読みたい記事