ホンダ DN-01
ホンダ DN-01

ホンダ DN-01 – 先進のメカニズムを内包した個性的フォルム

掲載日:2008年06月11日 試乗インプレ・レビュー    

構成/バイクブロス・マガジンズ編集部

新しい時代を予感させる
独創のオートマチックモデル

2005年に開催された第39回モーターショーで注目を集めたコンセプトモデルが、3年の月日を経て、「DN-01」としてついに市販化された。「Discovery of a New Concept」をテーマに開発されたDN-01は、ホンダがこれまでにないカテゴリと新たなるライダー層を獲得するために創り上げた、これまでにない種類のモーターサイクルだ。680ccという大排気量のVツインエンジンを搭載し、ミッション機構はオートマチック。しかも、これまでのビッグスクーターのようなベルト駆動ではなく、「HFT(Human-Friendly Transmission)」と名付けられた新しい油圧無段階変速機を搭載しているため、そのフィーリングは未知数だ。生物を思わせる有機的なフォルムに、クルーザーバイクをほうふつとさせるロー&ロングスタイルは、まるで既存のカテゴリに区分けされるのを拒むかのような印象を受ける。

ホンダ DN-01の画像

今まで多くのバイクに乗ってきたが、ここまで事前に乗り味が予想できないものはなかった。「バイクに新しい時代が来た」、そう思わせるにふさわしい1台だ。この未知のモーターサイクルを前にしたときの興奮を例えるならば、免許を取り初めての愛車を前にしたときのようだ、といえば伝わるだろうか。

ホンダ DN-01の特徴は次ページにて

こちらの記事もおすすめです

この記事に関連するキーワード

注目のアイテムはコチラ

新着記事

タグで検索

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。