インプレッションに関するバイク記事

  • オフロード&モタード試乗インプレッション
    オフロード界で圧倒的な実績を誇るKTMは、今やモータースポーツの最高峰、「MotoGP」クラスでも表彰台を獲得するなど、オンとオフ両方のジャンルで有数のスポーツブランドとしての大きな存在感を放っている。そのKTMが満を持してリリースしたのが「790アドベンチャー/R」である。
    2019年04月15日 14:38:35
  • 試乗インプレッション
    BMWモトラッドのマキシスクーターが最初に登場したのは2012年のことで、まずはC600スポーツとC650GTの2台が発表された。その後、EVスクーターのCエボリューションが追加され、つい先日C400X、C400GTの2モデルが加わった。ここではあえて円熟期に入っているC650GTを再検証することにした。
    2019年03月12日 11:26:54
  • オフロード&モタード試乗インプレッション
    アプリリア「SX125」はクラスを超えた本格的な装備とハイパフォーマンス、デザイン性を兼ね備えたモタードスタイルのロードスポーツモデルである。MotoGPやスーパーバイク世界選手権での活躍ぶりから、アプリリアと言えばスーパースポーツ主体のブランドの印象が強いが、かつてオフロード界でも強豪の一角を占めた時期もあったほど。そして、数々のレースで鍛えられた“本物”のDNAは現代のマシンにも脈々と受け継がれているのだ。SX125はその一端を垣間見れる最新モデルである。
    2019年03月07日 20:38:00
  • 試乗インプレッション
    モダンクラシックシリーズが好調のトライアンフから、クラシカルさとスポーティさを融合したニューモデル、スピードツインが登場。スペイン・マヨルカ島にて行われた試乗会にてその走りを検証した。
    2019年02月05日 09:30:03
  • 試乗インプレッション
    トライアンフの現行モデルで本格的なオフロード走行を楽しむならば、アドベンチャーシリーズのタイガーという手があるが、モダンクラシックシリーズの新型ストリートスクランブラーは往年の名車、TRの復刻に近く、生粋のオフロードモデルであるタイガーとはまた違ったキャラクターである。
    2019年01月31日 09:30:39
  • オフロード&モタード試乗インプレッション
    エンデューロ世界選手権でクラス優勝を獲得するなど、高い戦闘力を持つベータの4ストシリーズRR4T。そのRR4T 350とRR4T 430の走りをJNCCチャンピオンの渡辺 学選手がインプレッション!
    2019年01月24日 09:30:28
  • 原付&スクーター試乗インプレッション
    驚きの低価格と見た目の面白さ、そして走りの楽しさで注目を集めたインド製バイク、ホンダNAVI110がモデルチェンジ。ユーティリティ性とファッション性を引き上げて、さらに魅力がアップした。リニューアルされたポイントを紹介し、実走インプレッションも掲載。新生NAVI110は、どこが変わったのか? どれだけ良くなったのか? に迫る。
    2019年01月22日 14:19:17
  • オフロード&モタード試乗インプレッション
    ベータのクロストレーナー(X-Trainer)シリーズは、コンパクトな車体に扱いやすい2ストエンジンを搭載し、日本人にジャストサイズの仕上がり。今回はクロストレーナー250に試乗しその扱いやすさの秘密を渡辺 学選手が明らかにする!
    2019年01月17日 09:30:18
  • オフロード&モタード試乗インプレッション
    小林直樹師範が1デイ・ツーリングに出かけ、日常的な使いかたからそのバイクの限界性能までホンダのCRF450Lを徹底チェック。モトクロッサー直系モデルの味わいかたが分かる!
    2019年01月10日 09:23:59
  • オフロード&モタード試乗インプレッション
    人気の250アドベンチャーモデルの中で、トップセールスとなっているスズキのVストローム250(V-Strom250)にABS仕様が追加ラインナップされた。ABS装着でVストローム250の走りはどう変わるのか、渡辺学選手が試乗インプレッション。
    2018年12月26日 10:25:55
  • スポーツ&ツアラー&ネイキッド試乗インプレッション
    「Sugomi(凄み) Design」を押し出すカワサキのストリートファイターZ900。ヘリテイジスタイルのZ900RSとは一線を画すネイキッドスポーツには、見た目からは想像できない親しみやすさが潜んでいた。
    2018年12月14日 12:09:53
  • 原付&スクーター試乗インプレッション
    2010年に初代が国内デビューすると瞬く間にヒットし、原二クラスの人気を牽引する立役者となったホンダPCX。3代目として2018年3月にフルモデルチェンジを果たすと、7月にはハイブリッド版も発売した。そしてシリーズ第3弾として、ついに電動バージョンがデビュー。企業や個人事業主、官公庁向けのリース販売だが、早速試乗することができた。
    2018年12月06日 16:16:28
  • スポーツ&ツアラー&ネイキッド試乗インプレッション
    1969年誕生のCB750Four(K)に次ぐ、第2世代のCBとなるCB750FZは1979年に誕生した。ここで試乗するホンダのCB750FCは、1980年のFA、1981年のFBを経て1982年に登場したモデルで、国内向きナナハンCBとしては、第2世代の最終型となる。
    2018年11月29日 09:30:55
  • スポーツ&ツアラー&ネイキッド試乗インプレッション
    新たな排ガス規制が施行された影響で、2017年に一度は生産終了となったヤマハ伝統のSR400が、環境性能強化を施されて2018年11月末に復活。もちろん、エンジン始動はこだわりのキックのみ!
    2018年11月27日 09:30:20
  • スポーツ&ツアラー&ネイキッド試乗インプレッション
    35年以上前、若者の心をつかんだヤマハのRZ250が登場した。もし、RZ250によって人々がバイクの面白さに触発されなかったら、その後のバイクブームもやってこなかったかもしれない。RZ250は今も、日常域でエキサイティングに楽しめるリアルスポーツそのものであった。
    2018年11月26日 09:30:50
  • スポーツ&ツアラー&ネイキッド試乗インプレッション
    1972年に登場したカワサキのZ1(900 SUPER4)は、名車として語り継がれるだけでなく、今も愛車とするエンスージャストは多く、もちろんカスタムベースの1番手としても注目され続けている。そんなZ1を和歌山利宏が試乗インプレッション。
    2018年11月22日 09:30:59
  • 原付&スクーター試乗インプレッション
    軽やかに回る空冷エンジンを搭載し、スタイリッシュなデザインでスズキの新しいスタンダードスクーターとして登場したSWISH(スウィッシュ)。そこにグリップヒーターとシートヒーターを追加したSWISH LIMITEDに試乗した。
    2018年11月20日 10:00:11
  • 特集記事
    2018年夏に発売されたシュアラスターの『ゼロフィニッシュ』は、洗浄・艶出し・コーティングの3工程を同時に実施できるという画期的なスプレーだ。今回はハーレーのカスタムショップ『一国サイクルワークス』にて、実際に使用してのインプレッションをお届けしよう。
    2018年11月02日 09:30:45
  • フォトTOPICS
    排ガス規制に対応し再び市場に戻ってきたヤマハ・セロー250(YAMAHA SEROW250)。フロンアップ、ジャックナイフなどの走りを、新旧セローでそれぞれテストした。ニューセローは3㎏アップしたが、パワーは2馬力アップ。重さ、パワーの違いはわずかだが、走りの違いは顕著だった!
    2018年11月02日 09:30:01
  • ビッグスクーター試乗インプレッション
    台湾ブランド「キムコ」のスクーターは、機能性が高く、日本車に比べると価格がお手ごろな車両が多い。2018年10月9日に発売された『Tersely S 125』はその最たるモデルといえるだろう。ロングスクリーンやナックルガード、リアボックスを標準装備し、メーカー希望小売価格27万円(消費税8%込み)という驚きの価格を実現させた。
    2018年10月31日 09:30:53

タグで検索