ゼファー750用が“ST-1M”で再販 1100用と並んでラインナップ完成! ROAD RIDER アイテムレビュー

ゼファー750用が“ST-1M”で再販 1100用と並んでラインナップ完成!

掲載日:2014年08月19日 ROAD RIDER アイテムレビュー    

Photo/前川健彦  Report/大屋雄一  記事提供/ロードライダー編集部

戦後間もない1954年に創業したヨシムラ。当時からの主力商品であり、現在も国内外の有力コンストラクターから絶大なる信頼を得ているのが、カムシャフトだ。設計から生産に到るまで一貫して自社で行っているのが特徴で、技術が進歩した今もそれは変わっていないのだ。

さて、今回紹介するのはゼファー750用のST-1Mカムシャフトセットだ。すでに生産が終了した同車用ST-1カムに対する再販要望が多かったために、ヨシムラはさらに高品質な“ST-1M”でそれに応えたというわけだ。一般的なカムシャフトは、純正/社外品の別を問わず、半完成済みの鋳造素材をベースに作られるが、このST-1Mは丸棒を旋盤で削り出すという、非常に手間の掛かる方法で製造されているのだ。鋳造素材よりも品質が安定しているため、より攻めた設計ができるなど長所は多々あるが、とはいえ絶版車に対してこうした製品を出すあたり、ヨシムラはユーザーの期待をきちんと理解しているのだ。

なお、兄弟車のゼファー1100用にもすでにこのST-1Mカムシャフトがあり、これでラインナップが完成したことに。なお、750用は7月下旬の発売を予定しているとのことだが、確実に入手したい向きは早めに動いたほうがいいだろう。

[ SPECIFICATIONS ]

  • メーカー/ヨシムラジャパン
  • 製品名/ST-1Mカムシャフトセット
  • 適合車種/ゼファー750/RS、ゼファー1100/RS
  • 価格/13万8,240円(750用は7月下旬発売予定)

[ DETAILS ]

写真はゼファー1100用。純正と同じ半加工済みの鋳造素材から作る従来の製品に対し、これは丸棒から削り出すという恐ろしく手間が掛かる製法を選択。鋳造素材よりも品質が安定しているために、昨今のヨシムラレーサーにもこの削り出しカムが使われている

シャフトはご覧のように大口径中空加工されている。ジャイロマスが低減するのでスロットルレスポンスもアップ

表面をバレル研磨することで、フリクションロスを低減&耐久性も向上

こちらは新たに追加されたゼファー750用。価格は1100用と同一とされる

[ お問い合わせ ]

住所/神奈川県愛甲郡愛川町中津6748
電話/0570-00-1954
営業/9:00-17:00
定休/土曜、日曜、祝日

BikeBooksで雑誌・電子雑誌をチェック!

こちらの記事もおすすめです

この記事を読んでいる方におすすめの商品

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。