バイク用ヘルメットのお手入れ予備知識

掲載日:2017年04月14日 基礎知識バイク用品基礎知識    

記事提供/二輪生活

小傷に入った汚れも
忘れずに除去したい!

バイク用ヘルメットのお手入れ予備知識の画像

【右/お手入れ前】全体的に汚れが目立ち、傷の中も汚れている。シールドの表面も若干曇っている。【左/お手入れ後】帽体の輝きは復活し、傷汚れもさっぱり。シールドは黒味が増して艶やかな質感に。

常に使用していると表面の汚れに気づきにくいが、実は意外に汚れているもの。長年手入れしていないケースでは、小傷の中の汚れが固まり、表面を磨いただけでは落ちにくい状態になっていることも。そんな状況を避けるためにも日頃行う手入れは効果的だ。使用後にシェルを磨くだけでも寿命は伸びる。内装は夏場は意識的に洗浄するように心がけておくといいだろう。

メンテンンス前に、まずは分解しよう!

バイク用ヘルメットのお手入れ予備知識の画像

帽体(シェル)は常に風雨にさらされるため、小傷や虫の死骸なども多い。ベンチレーションにもホコリや汚れが付着しているので、しっかりと手入れしておきたい。

バイク用ヘルメットのお手入れ予備知識の画像

脱着が可能なタイプの内装は、チークパッド、センターパッド、ネックパッドなどが取り外せる。洗浄する際は生地が破れないように丁寧に作業すること。

バイク用ヘルメットのお手入れ予備知識の画像

シールドはひと昔前に比べて簡単に外せるようになっている。現在はワンタッチで外せるものが主流だが、中には写真のようにネジ止めされているものある。

帽体(シェル)のメンテナンス

虫の死骸や排気汚れが小傷にたまっている場合があるので、手入れをする際は洗浄、コーティング、ツヤ出し効果があるものを使用すると便利で安心。

バイク用ヘルメットのお手入れ予備知識の画像

表面に付着しているホコリや汚れを乾いたウエスなどで綺麗に除去する。汚れがひどい場合は濡らしたウエスでも可。

バイク用ヘルメットのお手入れ予備知識の画像

クリーナーやワックスなどのケミカルは、使用する前にしっかりと振っておくこと。意外に勢いよく噴射するので、帽体からある程度離すのがポイントだ。

バイク用ヘルメットのお手入れ予備知識の画像

帽体からある程度離してクリーナーを吹き付ける。一気に全体に吹かずに、部分的に吹いては磨くを繰り返す。

バイク用ヘルメットのお手入れ予備知識の画像

吹き付けた部分を乾いたウエスで拭き取りながら磨く。汚れを落とすとともにコーティングしてくれる。

シールドのメンテナンス

表面にはっ水処理、裏面に曇り止め対策。曇り止めは効果が短いので、使用頻度が高い人は、週に1度は施行しておいた方がいい。

バイク用ヘルメットのお手入れ予備知識の画像

お手軽で便利なのが、ウェットティッシュのような使い捨てクリーナー。アクリル・ポリエステル系不織布にアルコールや防腐剤、水を含ませたヘルメット専用の汚れ落し。シールドは磨く面が狭いので、袋から1 枚取り出したらシールドの面積に合わせてたたんでから使用するようにするといい。

バイク用ヘルメットのお手入れ予備知識の画像

シールドの表面を磨いて汚れを落としていく。意外に汚れているので、クロスが黒くなったら折り返してキレイな面で磨く。

バイク用ヘルメットのお手入れ予備知識の画像

キレイになったシールドの表面には撥水コーティングを施す。塗るだけで雨がつかないシールド用超撥水コーティングなら、走行中のみならず停車中でも雨がつかないので、雨を拭う必要もなく安全。スプレーし、付属のスポンジで伸ばす。何回かこの行程を繰り返して塗りこんでいこう。

バイク用ヘルメットのお手入れ予備知識の画像

この種類のケミカルには専用のクロスやスポンジがセットになっていることが多い。付属の塗布用クロスを使い、伸ばしたコート剤を塗布する。劣化したシールドには使用できないので要注意だ。

シールドの裏側には曇り止めを!

バイク用ヘルメットのお手入れ予備知識の画像

曇り止めと撥水効果のあるトリートメントを使う。モノにもよるが効果は最大5日程度。外側に塗るとはっ水効果も得られる。

脱着式内装のメンテナンス

脱着が可能な内装は、外して水洗いが基本。専用のシャンプーがない場合は中性洗剤を使って洗浄しよう。

バイク用ヘルメットのお手入れ予備知識の画像

ヘルメットから内装を全て外す。外す際には無理やり外して生地を傷めないように気をつけたい。

バイク用ヘルメットのお手入れ予備知識の画像

バケツなどを用意し、中に水、またはぬるま湯を入れ、取り外した内装を充分湿らせておく。シャワーなどでも可。

バイク用ヘルメットのお手入れ予備知識の画像

湿らせた内装に、直接ヘルメット専用シャンプーを吹き付ける。多めに吹き付けた方が泡立ちも良い。

バイク用ヘルメットのお手入れ予備知識の画像

専用シャンプーを吹き付けた内装を泡立て、軽くもみ洗いをする。特に汚れがひどい部分を集中的に洗おう。

バイク用ヘルメットのお手入れ予備知識の画像

バケツにためた水、またはぬるま湯に内装を浸け、充分にすすぐ。吹き付けたシャンプーが残らないようにしよう。

バイク用ヘルメットのお手入れ予備知識の画像

充分にすすいだ内装を乾いたタオルを当てながら水気を吸い取る。このときにしっかり水気を取り除けば乾くのも早い。

バイク用ヘルメットのお手入れ予備知識の画像

水気をタオルで吸い取ったら、風通しの良い場所で干す。日が当たらないような場所で陰干しすれば終了だ。

取り外すことができない内装のメンテナンス

内装が固定式の場合は、直接内装の汚れを拭き取るしかない。気をつけるポイントとしては、洗浄後にしっかり乾燥させること。消臭剤を使うのも忘れずに!

バイク用ヘルメットのお手入れ予備知識の画像

ウェットティッシュタイプの内装専用クリーナーを使う。ふわふわ感の少ないシートで、皮脂汚れを除去&除菌できる。

バイク用ヘルメットのお手入れ予備知識の画像

特に汚れがひどい場合は、中性洗剤を薄めた水やぬるま湯を布に含ませて押し洗いする。洗浄後は日陰干しでしっかりと乾燥させてから使用すること。

バイク用ヘルメットのお手入れ予備知識の画像

洗浄後は消臭しておく内装へ何回かに分けてスプレーする。シールド付きの場合は、作業前に取り外すか、シールドにスプレーが掛からないように注意。

この記事に関連するキーワード

こちらの記事もおすすめです

この記事を読んでいる方におすすめの商品

新着記事

タグで検索

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。