取材協力/ワールドウォーク 取材・撮影・文/淺倉 恵介 構成/バイクブロス・マガジンズ編集部

掲載日/2011年9月15日

常識を破った、驚きの価格設定

バイクのスタンダードとして、多くのライダーに愛されているネイキッドマシン。カスタムの素材としても人気の高いネイキッドだが、多くのオーナーがカスタマイズのメニューとして考えるパーツのひとつにビキニカウルがある。

 

防風性が向上し、マシンのルックスを大きく変えることが出来るビキニカウルは、ネイキッド乗りなら一度は装着を考えるはず。しかし、悩ましいのがその価格だろう。カウル自体もそれなりの値段がするし、マシンのカラーリングに合わせてペイントすることまで考えると、かなりの出費を覚悟しなければならない。

 

だが、ここで紹介する 『 WORLD WALK 』 は、スタンダードタイプのスクリーンを持つ type R が純正色塗装済みで1万9800円。スポイラータイプのスクリーンを装着する type Aero は、同じく純正色塗装済みで2万1800円という驚きの低価格。DS-01 は、何故ここまでリーズナブルなプライスを実現することができたのだろうか?

この CB1300SF に装着されているのは、スポイラータイプのスクリーンを装備する DS-01 type Aero (2万1800円)。カラーは同車純正のブラックでペイントで、ラインはオプションのデカール type H(4980円)を装着したもの。DS-01 はライト径φ180~200mmの車両に対応。車種によりライトケースの形状は異なるので、適合については事前に確認のこと


ABS樹脂ならではの、価格とクオリティ

WORLD WALK 代表を務める相京雅行氏。前職はウェブ・コンサルタントという、異色の経歴を持つ若き経営者。「自分が若い頃、ビキニカウルを着けたくても高くて手が届かなかった。多くの人が入手し易い価格でビキニカウルを提供したかった」と、DS-01 開発のきっかけを語る。開発時は自ら走り込んでテストを繰り返し、設計を検討。防風性と耐久性には絶対の自信を持っているとのこと。現在の愛車はハーレーダビッドソン XL1200R。

DS-01 の安さの秘密は、素材の選択にある。社外品の外装パーツといえば FRP を用いるのが一般的だが、DS-01 は純正パーツに多く使用される ABS 樹脂を採用している。FRP は樹脂製の雄型、雌型を使用し、ガラス繊維を積層して成形するため、製造工程で手間がかかり価格が上がるのはやむを得ない。FRP は本来、少量生産に向いた製法なのだ。

 

その点、金型によって一体成形で製造される ABS は大量生産に向いており、パーツ1点当たりの生産コストを低く抑えることができる。また、ABS は素材自体が柔軟な特性を持つため、衝撃にも強い。耐久性についても、純正パーツに採用されているように、非常に高いレベルにある。重量も軽いため、ハンドリングに悪影響を及ぼすことも少ないのだ。

 

良いことずくめに感じられる ABS、では何故 ABS を採用する社外パーツは少ないのか? ABS は製造に金型を必要とするため、FRP と比べイニシャルコストが桁違いに大きいのがその理由だ。バイクの形状は車種により様々、多くの車種に対応するには、車種別の専用設計が必要となる場合が多い。WORLD WALK では柔軟な ABS の特性を活かし、ひとつのモデルで多くの車種へのフィッティングを実現し、イニシャルコストを低減。また、企画、開発、設計は国内の高い技術力をフル活用、生産は製造コストが低く抑えられる海外で行う方式をとっていることもポイント。企業努力により、高品質を保ったまま価格を下げることに成功しているのだ。

  • type R に装着されているスタンダードスクリーンと、type Aero 専用のスポイラータイプスクリーンの高さの差は約3cm。また、スタンダードはスクリーン上端の角がスクエアな形状だが、スポイラータイプはラウンド形状が持たされているなど、デザイン上も異なる点がある。
  • type Rtype Aero の両モデルとも、スモークスクリーンとクリアスクリーンの2タイプが用意されており、追加料金なしでそれぞれのスクリーンを選択可能。クリアスクリーン仕様は「オンボードカメラを使用したい」というユーザーの声から生まれた製品。
  • 専用の取り付け用ボルトは、三つのアルミ製カラーを増減することで、幅広い車種への取り付けを可能とした汎用性を実現。メインのボルトは完全新設計の専用品。防錆性を考慮し、素材にはステンレスとアルミを多用。全ての部品が、強度と信頼性に優れる国産品。


純正カラー塗装済み、オプションでデカールも用意

DS-01 の特徴のひとつが、オーダー時に指定した純正色で塗装済みの上でユーザーの手に渡ること。国内の熟練した職人の手により、ひとつひとつ丁寧に塗装されて出荷されるのだ。ペイントはカウルの価格に含まれており、追加料金は発生しない。また、WORLD WALK に調色のデータがない車種でも、純正色に限り同色のパーツを送れば同じカラーに塗り上げてくれる。しかも、このサービスも無料で行っている。専用カスタムパーツの少ない、希少車のオーナーには嬉しいサービスだろう。

 

ただし、このペイントサービズは「純正色」であることと「単色」であること、という条件が付く。複数カラーや、カスタムペイントされた車両には対応不可なので注意して欲しい。ラインやグラフィックについては、オプションでデカールが用意されている。デカールTYPE A から TYPE I の計9タイプを用意。デカールはデザインの異なる9タイプを用意。カラーオーダーが可能なので、マシンにピッタリと合ったデザインを楽しめるというわけだ。また、CB1300SFの2トーンカラーに合わせた1パターンのみ、純正2色塗装(type R/2万9800円、type Aero/3万1800円)にも対応している。

オプションのデカールはライン1本ずつのカラーオーダーに対応しているため、マシンに合わせたコーディネイトが可能。まるで純正カラーのような仕上がりが楽しめるのだ。デカールのデザインは、純正カラーにマッチするラインやカスタムペイントで人気のフレアーパターン、トライバルパターンなど9タイプが用意され、様々なカスタマイズが可能となっている。

SHOP DATA

WORLD WALK

オリジナルパーツの開発・販売と、各種パーツの輸入を手がける。取り扱うパーツは、ビッグバイクからモンキー、スクーターやハーレーに至るまで幅広い。設立は2009年と非常に若い会社で、新進企業ならではの自由な発想とフットワークの軽さが持ち味。オリジナルパーツは「こんなパーツが欲しい」という、ユーザーからの要望を反映した製品が多いのが特徴。

 

住所/東京都江戸川区南葛西2-17-2
電話/03-5878-1918
FAX/03-5878-1897
営業時間/10:00-19:00
定休日/日曜日

 

  • F1バッテリー

    F1バッテリー

    低価格が自慢のMFバッテリー。注液済みで、面倒な希硫酸の注液が不要。初期充電済みなので、開封後そのままバイクに装着できる。安くても品質には自信有り。出荷前には全て電圧をチェックし、規定電圧に達しないものは出荷しないなど、品質管理を徹底している。MFバッテリーであれば、ほとんどのサイズを網羅し、ハーレー用もラインナップ。全製品1年保証付き。価格/2180円~9200円

  • F1 ライトスイッチ

    F1 ライトスイッチ EVO

    ライト常時点灯車両でもライトのオン/オフが可能になる。キースイッチをオンにしても、エンジンを始動させてもヘッドライトは点灯せず、ハイビーム/ロービームを切り替えると常時点灯モードに移行する。発電能力に不安があったり、ナビなどの電子デバイスの増設で消費電力が大きい車両に効果大。バルブとハーネスに間にカプラーオンするだけで、面倒な配線も不要。H4バルブ専用品。
    価格/5980円

  • メーターバイザー WSシリーズ

    メーターバイザー WSシリーズ

    小さくても防風効果に優れる汎用メーターバイザー。スクリーンのサイズや、形状の異なる6モデルがラインナップ。スクリーンは強度と透明度に優れる、高品質なアクリル製。基本はライトステーと共締めして装着するが、フロントフォークに直接マウントするタイプや、ハンドルにクランプできるアタッチメントも用意されており、幅広い車種に装着可能
    価格/3980円~9800円

  • 汎用ナックルガード WS-07N

    汎用ナックルガード WS-07N

    「オンロードバイクにもオフロードバイクのようなナックルガードを装着したい」というユーザーの要望に応え、オンロードバイク専用に開発されたナックルガード。取り付けはミラーとミラーホルダーに挟み込むだけの簡単装着。風雨からライダーの手を守り、ロングツーリングや冬場の走行で威力を発揮する。ステーは2タイプが付属し、幅広い車種に対応する。
    価格/6980円

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。