CLASS FOUR ENGINEERING / Z1000R カスタム写真
CLASS FOUR ENGINEERING / Z1000R カスタム写真

カワサキ Z1000R

掲載日:2010年10月25日 プロが造るカスタム    

カワサキ Z1000R Detail Check!

左のスピードメーターと&右のタコメーターを一体ボディに収めるメーターはZ1000RのSTD。アップライトなポジションを作るため、ハンドルバークランプは大きく手前に引かれている。アッパーブラケットがセパレートハンドル採用のGSX-R1100から流用しているため、このクランプ部も製作した上で取り付けられる。今でこそ見慣れた手法だが、当時はまだ一般化する過程にあった

左のスピードメーターと&右のタコメーターを一体ボディに収めるメーターはZ1000RのSTD。アップライトなポジションを作るため、ハンドルバークランプは大きく手前に引かれている。アッパーブラケットがセパレートハンドル採用のGSX-R1100から流用しているため、このクランプ部も製作した上で取り付けられる。今でこそ見慣れた手法だが、当時はまだ一般化する過程にあった

キャブレター(ミクニRSφ36mm)の変更にともなって、スロットルホルダーもアルミ削り出し品に変更。パープルカラーはボディカラーとコーディネイトさせたものだ。ブレーキマスターシリンダーまわりも調整機構も付いた現代的なものに改められ、ストリートでの使い勝手を高めている

キャブレター(ミクニRSφ36mm)の変更にともなって、スロットルホルダーもアルミ削り出し品に変更。パープルカラーはボディカラーとコーディネイトさせたものだ。ブレーキマスターシリンダーまわりも調整機構も付いた現代的なものに改められ、ストリートでの使い勝手を高めている

エンジンはワイセコφ(69.4→)74mmピストンでボアを拡大(ストロークは66mmのまま)、排気量は998→1135ccとなる。圧縮比は9.2→11:1にと、これも上げられている。カムシャフトはメガサイクル製で、オイルクーラーはサークスピードの9インチ13段を下入れ下出しでシンプルに配置している。EXはJ/Rなど後期型Zの定番、KERKERメガホンだ

エンジンはワイセコφ(69.4→)74mmピストンでボアを拡大(ストロークは66mmのまま)、排気量は998→1135ccとなる。圧縮比は9.2→11:1にと、これも上げられている。カムシャフトはメガサイクル製で、オイルクーラーはサークスピードの9インチ13段を下入れ下出しでシンプルに配置している。EXはJ/Rなど後期型Zの定番、KERKERメガホンだ

今でこそ当たり前に語られるようになったワイドホイールの装着にともなうチェーンラインのオフセットだが、ここでは15mmとオフセット量も多めのため、ドライブスプロケットシャフトを外側からもベアリング支持するコスマン製アウトボードベアリングサポートで対応。本来は強力なパワーを発揮するドラッグレース向けのパーツだ

今でこそ当たり前に語られるようになったワイドホイールの装着にともなうチェーンラインのオフセットだが、ここでは15mmとオフセット量も多めのため、ドライブスプロケットシャフトを外側からもベアリング支持するコスマン製アウトボードベアリングサポートで対応。本来は強力なパワーを発揮するドラッグレース向けのパーツだ

φ38mmから43mmへと大径化され、視覚的にも性能的にもリヤとのバランスを取ったフロントフォークはショーワ製。'89年型GSX-R1100のトリプルツリーをZ用にシャフト打ち換えした上で支持される。ブレーキはクラスフォーオリジナルのφ320mmローターに、ニッシンの対向異径4ピストンキャリパーのセット。ステンレスメッシュホースは黒チューブを被せてSTD感も漂わせる

φ38mmから43mmへと大径化され、視覚的にも性能的にもリヤとのバランスを取ったフロントフォークはショーワ製。'89年型GSX-R1100のトリプルツリーをZ用にシャフト打ち換えした上で支持される。ブレーキはクラスフォーオリジナルのφ320mmローターに、ニッシンの対向異径4ピストンキャリパーのセット。ステンレスメッシュホースは黒チューブを被せてSTD感も漂わせる

ホイールは前後ともGSX-R1100から流用し1.85-19/2.50-18 → 3.50-17/5.50-17にサイズ変更。リヤローター/キャリパーも同車から移植している。'80年代以降のカワサキが純正採用するエキセントリックチェーンアジャスターを持つスイングアームは独PVM製のオーダーメイド品で、リヤショックはショーワ。スプロケットはクラスフォー

ホイールは前後ともGSX-R1100から流用し1.85-19/2.50-18 → 3.50-17/5.50-17にサイズ変更。リヤローター/キャリパーも同車から移植している。'80年代以降のカワサキが純正採用するエキセントリックチェーンアジャスターを持つスイングアームは独PVM製のオーダーメイド品で、リヤショックはショーワ。スプロケットはクラスフォー

ショップ情報
クラスフォーエンジニアリング

住所/〒215-0027 神奈川県川崎市麻生区岡上149
電話/044-989-4740

>> ウェブサイト

こちらの記事もおすすめです

この記事に関連するキーワード

新着記事

タグで検索