ホンダ CBR250R(2014)
ホンダ CBR250R(2014)

ホンダ CBR250R(2014) – 日常域で操る楽しさを味わえるライトスポーツが進化熟成

掲載日:2014年09月18日 試乗インプレ・レビュー    

取材・文/佐川 健太郎  写真・動画/山家 健一  衣装協力/HYOD

ホンダ CBR250R(2014)の特徴

ホンダ CBR250R(2014)の画像

2馬力アップと燃費の向上
スタイルもよりCBRらしく

CBR250Rは、世界戦略車として登場した海外生産モデルである。250ccという手軽な排気量と、日常域で扱いやすい車格とパワーで、誰もがスポーティな走りを楽しめるバイクをリーズナブルな価格で提供するのが使命。つまり、最大公約数のニーズを低コストで実現しなければならないわけで、ある意味で製造・生産技術の最先端にあるモデルと言える。

ホンダ CBR250R(2014)の画像

2011年に登場以来、初のフルチェンジとなる今回の目玉は、スタイリングの一新と動力性能の向上である。まず外観がひと目でCBRシリーズと分かるようになり、上位機種であるCBR1000RR、600RRなどと共通イメージになった。CBRのアイデンティティであるデュアルヘッドライトは精悍さをアップするとともに、フルカウルの面構成もよりレーシーでシャープなデザインとなっている。バックミラー形状の見直しなども含め、結果として従来比で空気抵抗を7.7%低減することに成功している。

ホンダ CBR250R(2014)の画像

エンジンは従来型から2psアップの29psとなり、最高出力発生回転数も500rpm上乗せの9,000rpmへと高められ、より高回転・高出力型へと進化。一方で、定評のあった低中速域での扱いやすさはそのままに、燃費性能もリッター49.2kmから50.1kmへと伸ばすなど、性能向上を果たしている。これらは吸気系の改良や、クランクピンの材質およびバランサーベアリングの変更、そして、トランスミッションの変速比の見直しなどの細かい設定変更により達成されたものだ。

ホンダ CBR250R(2014)の画像

また、シート形状を絞り込むとともにサイドカバー形状も見直すことで、よりスリムなライディングポジションを実現。シート高は従来どおりの780mmとしながらも足着き性を向上させるなど、使い勝手を高めながら、よりスタイリッシュでスポーティな走りを進化・熟成させているのが特徴である。

ホンダ CBR250R(2014)の試乗インプレッションは次ページにて

こちらの記事もおすすめです

この記事に関連するキーワード

新着記事

タグで検索