サニーサイドガレージ
三重県/ハーレー取扱店

取材協力/サニーサイドガレージ  撮影/伊勢 悟  取材・文/守田二草
掲載日/2017年2月22日
三重県松阪市にショップを構える『サニーサイドガレージ』は、ツインカムエンジンをはじめとする高年式モデルを中心に展開するハーレー専門のカスタム&メンテナンスショップだ。バイクの基本性能を正しく機能させることで、安全で楽しいバイクライフをサポートしてくれる。

INTERVIEW

“走る、曲がる、止まる”ことを安全に楽しむための
メンテナンス&カスタム、チューニングを提案

「エンジンにとって、ガソリンと空気はゴハンみたいなモノ。きちんとした食事のおかげで人が健康でいられるように、適した燃焼に調整してあげることが大切なんです」

 

インジェクションチューニングについて語るのは須川真澄さん。三重県松阪市で『サニーサイドガレージ』を主宰している。ツインカムエンジンを搭載したビッグツインモデル、トランスミッション5速を採用したスポーツスターを中心に、販売、整備、点検、車検、修理、カスタム、チューニング、下取りまで幅広く対応。地元のハーレーユーザーはもちろん、近年では県外のユーザーから支持もされている。そんな須川さんがバイクに乗りはじめたのは16歳の頃だっだ。

 

「最初、スクーターを買おうと思っていたんですが、ホンダのドリーム50にひと目ボレしてしまったんです。はじめてのシフト操作に苦労しました(笑)」

 

バイクのおもしろさに興味を持つようになり、その2年後、18歳で最初のハーレーを購入。1996年式XL1200Cを手に入れたことが、メカニックの道を進むキッカケとなった。

「当時、スポーツスターは『ビッグツインに乗れない人のバイク』と考えられることが多かったんですね。そんな時に雑誌で、ワンメイクレース『スポーツスターカップ』で優勝した人が表彰台に上がっている記事を見たんです。こんな世界があるんだ!って衝撃を受けました」

 

その人物が『BURN ! H-D SPORTS』の代表、奥川潔さんだ。高年式モデルのハーレーを中心としたメンテナンス&チューニングショップで、キャブレターやインジェクションのセッティング、エンジンチューン、足まわりのセットアップをおこなうことで、全国的に知られた存在だ。上京後、奥川さんを慕ってショップに通ううちに勤めるようになったのが24歳の頃。メカニックとして経験を積み、故郷で独立することになったのだ。

 

「ちょうどスポーツスターにラバーマウントが採用されたり、全モデルがインジェクション化された時代でした。奥川さんは新しいことを否定するのではなく、積極的に取り組んで、いかに楽しいバイクにするかを常に考えていましたね。その仕事に一緒に携われた事が今の自分の糧になっています」

インジェクションは燃料供給を電子制御するシステム。チューニングはレースなどで用いられる印象が強いが、単なるパワーやスピードをアップさせることだけではなく、燃費を良くしたり、エンジンの寿命を延ばしたりすることも可能。鼓動感が魅力とされるハーレーに関しては、低回転での走行を扱いやすくしたりすることもできるのだ。

 

「サーキットで走行してるイメージが強いお店だと敷居が高いと感じる方も多いかもしれませんが、サニーサイドガレージではバイクにとって ”走る、曲がる、止まる”の基本はとても大切だと考えています。サーキット走行は、お客様に安全で品質のよい部品を提供するための性能を試す機会でもあるんです」

 

そして、それはバイク自体の安全を提供する事につながっていくと語る。足まわりのセッティングやカスタムも同じこと。それぞれのモデルの性質や特性、ユーザーの走り方に応じたパーツチョイスとセッティングが大切なのだ。“走る、曲がる、止まる”という時に、バイクをまるで自分の体ように思い通りに動かせれば、安全性だけでなく楽しさも増す。同店の豊富な知識と経験、高い技術力が、安全かつ楽しいバイクライフを実現してくれるのだ。

PICK UP

コンディションのよい厳選された販売車両
安全性と機能性を重視したサービス

地方運輸局長から認証を受けた認証工場である同店が扱っている販売車両は、エンジン、外観、足まわり、フレーム、電気・保安部品などを細かく評価し、コンディションがよく信頼性のある車両を厳選。カスタムやチューニング、メンテナンスにおいても、安全と信頼性を重視している。

 

「ハーレーは基本、雰囲気重視で乗るバイクなので ”フロントホイールを大径化したい” ”車高をすごく低くしたい” などという依頼が多くあります。中には走行安定性に欠ける場合もあるので、部品の良し悪しを説明させていただいた上でお客様と一緒にカスタムの方向性を考えていきます」

 

それぞれの楽しみ方や走り方、車種に応じて、オーナーと相談しながら理想のハーレーを追求していくのだ。

 

「インジェクションのコンピューターチューニングでは、データに走り方のクセなどが全部記録されます。“自分は(スロットルを)開けて走っていない”と思っていても、実際には開け過ぎていることもあるんです。なかなか気づけない部分を改善できるのも魅力ですね」

 

須川さんの愛車2007年式XL883L。サンダーマックスでインジェクションチューンを施した、ストリートにおける“走る、曲がる、止まる”の楽しみを極限まで突き詰めた1台。シェイキンスピードグラフィックスによるオールブラックのペイントが機能美を体現している。

ハンドルはデイトナ製を装着。ミスミエンジニアリング製のトリプルツリーとライザーをセット。ステアリングダンパーを装備し、走安性を追求している。また、ウインカーはハンドルマウントの純正から、スリムなミニタイプに換装し、見た目のスマートさも演出している。

フロントフォークはオーリンズ製正立フォークを採用。ホイールはXR1200用のグライド製17インチをセレクトし、ブリジストン製タイヤS21を前後にセット。フロントのダブルディスクブレーキには、ブレンボ製4ポットのキャリパーを装着し、足まわりを大幅に強化している。

オーリンズ製リアサスペンション、グライド製17インチホイール、ブレンボ製4ポットキャリパーを装着。また、マフラーはBURN製チタンレーシングEXで、エアクリーナーはジッパーズ製。チェーンドライブ化し、ミスミ製スプロケットにDID製チェーン530をセットしている。

現行モデルでクラシカルスタイルを再現した2007年式FLSTN。103キュービックインチへボアアップし、アンドリュース製カムを組み込んだエンジンをサンダーマックスでインジェクションチューン。トルク重視のセッティングで、鼓動感と加速感が味わえるのが魅力。

2015年式FXSBをベースに車高を低くし、ハンドルを手前にプルバックさせることで、小柄な人でも扱いやすくしたニュースクール系カスタム。サンダーマックスでインジェクションチューン済み。リアタイヤを250mmにワイド化した迫力あるスタイルが魅力。

ライトバガーカスタムされた2012年式FLHX103。サンダーマックスでインジェクションチューン済み。PM製フロント21インチ、リア18インチホイールを装着。RSD製ハンドルやグリップ、インナーフェアリングの塗装で、コックピットまわりをドレスアップしている。

新車から中古車、カスタム車までコンディションのよいキレイな車両を常時店内にストック。広々としたファクトリー内のショースペースに展示されている。在庫にない車両は全国独自のネットワークで探し出してくれる。買い替え時の車両の下取りにも対応。新たなハーレーライフをサポートしてくれる。

店舗内にある作業スペースは、ハーレーが2台並んでも余裕ある広さを確保。高品質な専用工具も常備。車両を購入した後の修理やメンテナンスはもちろん、カスタム、インジェクションチューニング、車検などのアフターフォローも万全だ。

102007年より採用された電子制御のフューエルインジェクションシステムを研究。現在、サンダーマックスを採用したインジェクションチューニング゙を得意としている。スピードやパワー、トルクはもちろん、燃費の向上にも対応。「3拍子を出したい」という人にもオススメ。

11『BURN ! H-D SPORTS』で働いている頃に筑波サーキットのライセンスを取得し、走行会などに参加していたという須川さん。2013年に宮城県の仙台で開催されたドラッグレース『DRAG GAMES』では、ダイナローライダーでプロストリートクラスに参戦し、5位入賞を果たした。

12カスタムはルックスばかりではなく、走行性能や機能性、安全性を両立させることがモットーで、品質とパフォーマンス性の高いパーツを取り扱ってる。装着した時に出やすい操作や走行性能への影響を解説し、ユーザーの希望を取り入れながら現実的なカスタムの提案もしている。

13三重県松阪市にショップをオープンさせたのは2011年のこと。オフィスに飾られている屋号をおごったサインボードは、カスタムカルチャーファンに人気の高いシェイキンスピードグラフィックの作品。ショップのロゴや須川さんの愛車のペイントも担当している。

14長距離ツーリングも好きだという須川さんの元に訪れるハーレーオーナーもツーリング好きが多く、オフィスにはツーリングマップルが揃っている。伊勢志摩周辺の7つのお寺を巡る『勢州七福神めぐり』もオススメのツーリングルートで、スタンプラリー付きのパンフレットも常備している。


SHOP INFORMATION

サニーサイドガレージ

住所/三重県松阪市上川町1655-1
TEL/0598-67-0058
FAX/0598-67-0058
営業/10:30-19:00
定休/火曜日・イベント日
URL/公式ウェブサイト公式ブログFacebook

ショップの在庫バイクを見る
地図を見る

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。