ヤマハ エンデューロに特化したYZ250FXを発売

掲載日:2014年10月29日 エクストリームエンデューロ    

リリース/ヤマハ発動機

2015 EARLY-RELEASE NEW MODELS

ヤマハ エンデューロに特化したYZ250FXを発売

ヤマハがモトクロスレーサーYZ250Fをベースに、エンデューロに適したカスタマイズを施した車両、YZ250FXを発売する。250ccの本格エンデューロ車はホンダのCRF250Xがあるが、YZ250FXは特にクロスカントリーを意識した仕様とし、そのため燈火類は一切装備しない。代わりに悪路・難所での再スタートに有利なセルフスターターをモトクロスベースの車両に装備。他、リアタイヤを18インチ化するなどしている。同じヤマハにはWR450Fがあるが、あちらは公道区間も入るエンデューロも想定し、また欧州では保安部品を付けて販売されているため、その点でYZ250FXは差別化されている。発売日は2014年の12月5日。価格は720,000円(税抜)を予定。

YZ250FX

YZ250FX

 

ヤマハ発動機株式会社は、国内でも気軽に参加できることで人気のエンデューロレースに適した競技専用モデルの新製品『YZ250FX』を2014年12月5日より予約期間限定(期間受注生産)にて発売します。

 

『YZ250FX』は、モトクロス競技用のYZ250Fをベースに、“モトクロッサーYZのDNAを引き継ぐ次世代エンデューロレーサー”をコンセプトに開発。セルフスターターを装備することで競技中の再始動を容易にするとともに、エンデューロ競技向けに仕様を変更しました。とくに近年人気のクロスカントリー※タイプのエンデューロレースでの走破性をポイントに開発しています。

YZ250FX

 

YZ250Fからの主な変更点は、1.メインスイッチレスシステム採用のセルフスターター追加、2.変速比のワイドレシオ化(5速→6速化)、3.FIセッティング、4.エンジン懸架ブラケットの仕様最適化、5.サスペンションセッティング、6.リアタイヤ18インチ化(前後エンデューロ用タイヤ)、7.サイドスタンド、エンジンガード装備、8.ラジエターファン追加などです。なお、サイレンサーはYZ250Fタイプを採用しています。また、同梱の“Power Tuner”を使用すれば、さまざまな走行状況や好みに応じ、FIセッティング調整を容易に楽しめます。

 

本製品は『ヤマハオフロードコンペティションモデル正規取扱店』にて販売します。

 

※クロスカントリー:自然の地形を利用した広大な敷地でのオフロードレース。

YZ250FX

主要諸元

全長×全幅×全高 2,165mm×825mm×1,280mm
シート高 965mm
軸間距離 1,465mm
最低地上高 325mm
車両重量 114kg
原動機種類 水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ
気筒数配列 単気筒
総排気量 249cm3
内径×行程 77.0mm×53.6mm
圧縮比 13.5:1
最高出力 N/A
最大トルク N/A
始動方式 セルフ・キック併用式
潤滑方式 強制圧送ウェットサンプ
エンジンオイル容量 1.1L
燃料タンク容量 7.5L(『無鉛プレミアムガソリン』指定)
燃料供給方式 フューエルインジェクション
点火方式 TCI(トランジスタ式)
1次減速比 / 2次減速比 3.353(57/17) / 3.923(51/13)
クラッチ形式 湿式多板
変速装置 / 変速方式 常時噛合式6段 / リターン式
変速比 1速 2.385、2速 1.813、3速 1.444、4速 1.143、5速 0.957、6速 0.815
フレーム形 式 セミダブルクレードル
キャスター / トレール 26°20′ / 114mm
タイヤサイズ(前 / 後) 90/90-21 54M(チューブタイプ) / 110/100-18 64M(チューブタイプ)
制動装置形式(前 / 後) 油圧式シングルディスク / 油圧式シングルディスク
懸架方式(前 / 後) テレスコピック / スイングアーム(リンク式)

こちらの記事もおすすめです

この記事に関連するキーワード