ベータから気軽に乗れる空冷オフロードモデルが2台登場

掲載日:2014年04月11日 エクストリームエンデューロ    

文/ダートライド編集部

TE250R

本格125ccオフロードバイク
スペシャルプライスも注目

1904年にイタリアで誕生したベータ社から、125ccの空冷エンジンをフルサイズフレームに搭載した、新しい本格派オフロードバイクが登場した。モデルは『RR4T125』と『RE4T125』になり、どちらも共通のエンジンを搭載し、始動はセル・キック併用となる。ホイールサイズはフロント21インチ、リア18インチ。

 

標準で燈火類やメーターなどの保安部品を装備していて、RR4T125のほうがやや本格的なオフロード色を持つが、街乗りから林道ツーリングまで、幅広くオフロード走行が楽しめる。RE4T125は、足回りが異なりそのため車高が少し下げられている。また、標準でリアキャリアを装備し、より街乗りでの使い勝手を考慮した作りになる。

 

機能的な点に目をやると、どちらも始動は安全なキー付きとなり、ガソリンキャップもキーロック装備となる。サスペンションはフロントが正立タイプで、リアはリンクレスタイプ。ストロークがあるので最低地上高が高く、オフロード走行で安心できる。RR4T125がブロックパターンが大きめのオフロードタイヤを標準で履くのに対し、RE4T125はブロックハイトが低めのストリートに振ったタイヤを装備する。発売は2014年4月とアナウンスされており、価格はRR4T125が37万円、RE4T125が35万円(ともに税抜)と、ガイシャとしては破格のプライスとなる。

 

ダートライドでは、それぞれのインプレッション記事掲載を5月に予定している。

 

 

■ 主な仕様

 

  RR4T125 RE4T125
総排気量? 124cc 124cc
ボア×ストローク? 54×54mm 54×54mm
ギア? 5速 5速
始動方式? セル・キック セル・キック
フュエールシステム? PTK φ20キャブレター PTK φ20キャブレター
ブレーキ(フロント)? 油圧式ディスクφ260mm 油圧式ディスクφ260mm
ブレーキ(リア)? 油圧式ディスクφ220mm 油圧式ディスクφ220mm
サスペンション(フロント)? 正立式テレスコピックフォークφ40mm 正立式テレスコピックフォークφ37mm
サスペンション(リア)? アジャスタブルショック アジャスタブルショック
タイヤ(フロント)? 80/90-21′ 90/90-21′
タイヤ(リア)? 110/80-18′ 120/80-18′
ホイールベース? 1,403mm 1,385mm
最低地上高? 295mm 275mm
シート高? 915mm 895mm
フュエールタンク容量? 6リットル 6リットル
車両重量(乾燥重量)? 101kg 98.5kg
メーカー希望小売価格
(本体価格:税別)
37万円 35万円

TE250R

[ お問い合わせ ]

ベータモータジャパン

TEL/0763-22-1731

 

こちらの記事もおすすめです

この記事に関連するキーワード