ヤマハ XSR700 ABS

掲載日:2019年12月25日 バイク購入ガイド        件のユーザーレビュー

文/杉山 研二

ヤマハ XSR700 ABSの画像
YAMAHA XSR700 ABS

実用域で粘り強い688ccの2気筒を搭載
扱いやすいカジュアルなネオレトロ

XSR700は、シンプルな構成の車体に688ccの直列2気筒エンジンを搭載したネオレトロスタイルのロードスポーツバイクです。外装パーツには往年のスポーツモデルを思わせるデザインを採用、ヘッドライトから燃料タンク、シートに掛けてのボディラインは水平基調をモチーフとしています。アルミの素材感を活かした車体各部のパーツ類も、ヘリテージモデルらしい佇まいを表現します。またXSR700は、カジュアルに走れる車両特性に仕上げられているのも特徴です。

上位機種のXSR900がネイキッドスポーツのMT-09をベースとしたネオレトロであるのと同様、このXSR700はMT-07がベースモデルです。エンジンやフレーム、足周りなどのプラットフォームはMT-07と共通のものを使い、ヤマハらしいスポーティな乗り味を踏襲。一方、ボディデザインの変更に伴いハンドル位置はより高く、より手前に移動し、アップライトな乗りやすいライディングポジションとなっています。シート位置はMT-07に比べ、わずかに高くなっています。

エンジンは、スロットル操作に対してリニアなトルク特性が得られる270度クランクの直列2気筒です。使用頻度の高い3,000~6,500rpmで粘り強いトルク特性を発揮し、特に4~6速ではギヤ比との相乗効果で扱いやすい仕上がりとなっています。例えば街なかでの低速走行ではシフトダウンせず滑らかに加速することもでき、アクセルのオン・オフで爽快なライディングを楽しめます。最高出力は54kW(73ps)/9,000rpm、60km/h走行時の定地燃費は38.4km/Lです。

車体色はマットブルー、マットグレー、レッドの3タイプ。マットグレーは、タンクカバーにバフ掛け処理を行いマットのクリア塗装を施しています。車両価格は消費税10%込みで91万6,300円です。

ヤマハ XSR700 ABSのここがポイント!
  • ● アルミパーツを多用したネオレトロなスタイリング
  • ●  270度クランクの扱いやすい688cc2気筒エンジン
  • ● リラックスして乗れるアップライトなポジション

ヤマハ XSR700 ABSのライバルはこれだ!

  • ホンダ
    NC750S

    745ccの直列2気筒を搭載したネイキッドロードスポーツ。低速回転域のトルクと良好な燃費が持ち味。最高出力は40kW(54ps)、消費税10%込みで75万9,000円~。

  • カワサキ
    Z650

    扱いやすさとスポーツ性能を両立したライトウェイトスーパーネイキッド。低中回転域でトルクのある649cc、2気筒。最高出力50kW(68ps)、税10%込みで84万7,000円(2020/2/1発売モデル)

  • スズキ
    SV650 ABS

    軽量なスチール製のトラスパイプフレームに645ccの90度Vツインエンジンを搭載したスポーツモデル。最高出力56kW(76.1ps)、価格は消費税10%込みで75万2,400円。

こちらの記事もおすすめです

この記事に関連するキーワード

新着記事
新着記事

タグで検索