ヤマハ シグナス-X XC125SR(2015)
ヤマハ シグナス-X XC125SR(2015)

ヤマハ シグナス-X XC125SR(2015) – 外観・性能・操作系をトータルでグレードアップ

掲載日:2016年01月07日 試乗インプレ・レビュー    

取材・写真・文/野岸“ねぎ”泰之

ヤマハ シグナス-X XC125SR(2015)の試乗インプレッション

ヤマハ シグナス-X XC125SR(2015)の画像

ホールド感の高いシートと
抜群の中間加速で安定した走り

シグナス-Xのシート高は775mm、無造作に跨がると若干高さを感じる。しかし、シート前端部は細く低めになっているため、前に座れば足着きは気にならないだろう。また、走り出してシートに深く腰掛けると、タンデム部との段差がしっかりと腰をホールドしてくれるため体がブレず、疲れない走りが可能だ。

ヤマハ シグナス-X XC125SR(2015)の画像

空冷4ストローク124ccの単気筒FIエンジンは細部が見直され、常用回転域での出力とトルクが向上したことで、シグナス-Xはより扱いやすくリファインされた。加速感はゼロスタートでドカンとくる類いのものではないが、中間加速の伸びはかなりいい。そのため、信号ダッシュでトップを取るというよりも、流れのなかで遅いクルマやバイクをヒョイヒョイとかわして抜いていく、という乗り方が適したマシンかもしれない。

ヤマハ シグナス-X XC125SR(2015)の画像

軽量化されたフレームとともにシグナス-X XC125SRのフロントサスやリアアーム、リアのブレーキディスクなども新設計され、各部を合わせて4kgもの軽量化を成し遂げている。車体バランスも抜群によく、舗装のツギハギや路面の段差に突っ込んでも挙動の乱れはなく、安心して走ることができた。

ヤマハ シグナス-X XC125SR(2015)の画像

軽量化と外観の一新でより時代に合ったアップデートを行い進化したシグナス-X XC125SRは、通勤、通学の足としてはもちろん、買い物やちょっとしたツーリングまで、頼もしい相棒となってくれるだろう。

ヤマハ シグナス-X XC125SR(2015)の詳細写真は次ページにて

こちらの記事もおすすめです

この記事に関連するキーワード

新着記事

タグで検索