ゼファー乗りの強い味方『Bagus! Motor Cycle』&『Soil Magic』

掲載日/2019年2月5日
取材協力/Bagus! Motor Cycle
取材、撮影、文/淺倉恵介
構成/バイクブロス・マガジンズ
カワサキ製ビッグバイクを中心に、幅広くカスタムを手がける『Bagus! MC』。なかでもゼファーシリーズを得意とし、オーナーからは絶大な支持を受けているカスタムショップだ。パーツ開発も積極的に行っており、ユーザー本位の“使える”パーツも大人気。さらには、ゼファーシリーズの極上中古車だけを扱う新店舗『Soil Majic』もオープンさせた。

全てはゼファーをより深く楽しむために
カスタマイズも車両販売もお任せ!

Bagus! MCがオープンしたのは2011年。長い歴史があるわけではないが、群雄割拠のバイクカスタムの世界で、既にビッグネームとして認識されている。確かな技術に裏付けられた高度なチューニング、スタイリッシュなセンスに魅せられたカスタムフリークが多く集うショップだ。

Bagus! MCが手がけたゼファー750カスタム。排気量はオリジナルのφ70.5mmピストンを使用し850ccまでボアアップ。ハイカム組み込みやビッグバルブ化、バランス取りや各種ファインチューニングも施される。前後サスペンションはオーリンズ、スイングアームはウイリー製で、ホイールはマルケジーニ。シートはオリジナルのアルカンターラをチョイスするなど、パフォーマンスとファッション性を高次元で両立させた、ゼファーカスタムの最先端をいく1台だ。

「店を始めたころはスクーターのパンク修理から始めましたね(笑)。カスタマイズの依頼が増えてきたのは、やっぱりレースで勝ち始めた頃でしょうか?」

Bagus! MC代表 土屋雅史
1976年生まれ、神奈川県出身。10代のころ、バイクショップでのアルバイトからスタートし、バイク業界に身を投じる。旧車ショップ、カスタムショップなどでメカニックとして腕を磨き、Bagus! MCをオープン。新旧カワサキ製ビッグバイクをはじめ、様々な車種を手がける。現在の愛車はゼファー750他。

と、語るのは、Bagus! MCの代表を務める土屋さん。そう、Bagus! MCがシーンの主役に躍り出たきっかけは、T.O.T(テイスト・オブ・ツクバ)での活躍だ。T.O.Tは、旧車がメインのカスタムバイクによる極限のレース。身近なマシンが、驚異のスピードでバトルすることで非常に人気が高いレースイベントだ。そのT.O.Tで数々の実績を積み重ねたことで、バグースMCは技術力の高さを証明してきたのだ。

旧車が主役であるT.O.Tの中で、バグースMCが主力機種として選んだのがゼファー750/1100。絶盤車ではあるものの、旧車というほど古くはない。新しいマシンだから有利かというと、そうともいえない。テイスト重視のストリートバイクとして生み出されたゼファーは、レース向きとはいえない車両。事実、レーシングマシンに仕上げた場合、より古いZの方が軽く仕上げることが可能といわれている。それならば、なぜ土屋さんはゼファーを選んだのだろうか?

「Zは素晴らしいバイクですし、Bagus! MCでも扱います。でも、自分にとっては“伝説”の存在というイメージが強い。全盛期をリアルに体験したわけではありませんから。自分はゼファー直撃世代ですから、そのムーブメントを肌で感じてきた、ゼファーと一緒に育ってきたと思っています」

土屋さんのゼファー愛の根元は、自分の生きてきた“時代”に関わることであるようだ。だが、そのゼファーも生産を終えて久しい。

Bagus! MCは設備も充実。整理整頓が行き届いた作業スペースは広さも十分。各種工作機械も完備し、シャーシダイナモも備えている。カスタマイズやチューニングに対応する万全の体制を整えている。

「絶盤車ですが、まだ車齢はそう古くない。走らせるのに不都合の少ないモデルだと思います。ですが、純正パーツにも欠品が出てきていますし、これからは“いかにゼファーを長く乗るか?”が問題になってくる。欠品パーツのリプロ(再生産)も必要だろうと考えています」

そうした土屋さんの考えが現れたメニューに、コンプリートカスタム車両のBRCがある。これは“Bagus Restore & Custom”の頭文字をとったもの。中古車をベースにレストアを施してコンディションを回復、同時にライトカスタムも加えられるという、かなりお買い得なマシンだ。BRCをスタートさせた理由を、土屋さんは、こう語る。

「カスタマイズ依頼で入庫してきた車両で、コンディションが悪いものがあります。どれだけ荒い乗り方をしてきたのかと聞くと、中古車を買ったばかりだという。そうした車両はカスタムやチューニングの前に、まず普通に走るようにメンテナンスする必要がある。余計なお金がかかるし、オーナーさんはがっかりしてしまう。そうした例が、このところ増えてきているんです。

ゼファーは人気車種だから中古車も安くはない、メンテナンスで更にお金がかかるのではあまりに気の毒です。じゃあ、バグースでちゃんとした車両を用意しよう、と考えたのがきっかけです。自分で手がけた車両なら、自信を持ってユーザーに提供できますから」

全ては、より多くの人にゼファーを楽しんでもらいたいがため。土屋さん、この想いを発展させ、新しいチャレンジをスタートさせた。それが、バグースMCの姉妹店として新たにオープンしたSoil Magicだ。Soil Magicはゼファー専門の中古車販売店。取り扱うのは極上車のみというのがコンセプトだ。

Soil Magic
住所/神奈川県横浜市青葉区鉄町574-1
電話/045-532-9197
Soil Magicは東名高速道路、横浜青葉インターからすぐ。店内は、まるで洒落たカフェのよう。極上車のみを扱うというコンセプトに見合った高級感が漂っている。

「とにかく走行距離が少ない車両を用意します。大きな事故を経験した車両は論外ですから、車両の履歴は徹底的にチェックしますね。そうした極上のベース車にメンテナンスや修復を施しますが、できるだけノーマルパーツを使用して、可能な限りオリジナルに近い状態に仕上げます。ある意味、新車以上のコンディションと言えるでしょう。ゼファーはカスタムしても面白いですけど、ノーマルもすごく良いバイクですから。まあ、25年近くゼファーをいじってきて、最近ようやくそのことに気づいたんですけど(笑)」

Soil Magicが取り扱うのはゼファーχ、750、1100、当然乗り出し時に必要なメンテナンス済み。さらに、販売車両には下取り保証が設定される。これは、事故などを起こさなければ、購入後1年、2年時の買い取り価格を保証するというもの。ゼファーχを購入したオーナーが750や1100にステップアップすることをサポートするためのシステムだ。程度によって査定はされるが、オーナーには有難い制度だ。また、純正に設定されているカラーであれば、追加料金が不要で好きなカラーにリペイントしたうえで納車される。

Soil Magicの在庫車の一例。走行距離、わずか5,000kmというゼファー750RS。ホイールのスポークは新品に張り替え、タイヤも新品に交換済み。外装は純正カラーでリペイント、純正パーツを使用して色合わせを行い、オリジナルカラーを忠実に再現してある。経年劣化した樹脂パーツは特殊なケミカルを用いて再生するなど、新車と見紛う程度の良さだ。

カスタマイズはBagus! MC、中古車購入ならSoil Magic。ゼファーに乗るのなら、任せて安心の強力タッグが誕生したと言えそうだ。

実用性が高くスタイリッシュ
Bagus! MCのオリジナルパーツ

Bagus! MCはオリジナルのカスタムパーツ展開も行っている。「ユーザーさんの“こんなパーツが欲しいね”という要望にワンオフ製作したものが好評で、レギュラーのパーツになることが多いですね」と、土屋さんが言うだけあり、他にはないユニークで実用性に優れるパーツばかりだ。例えば、大ヒットパーツのゼファー750用クラッチアーム。これは、装着するだけでクラッチ操作が軽くなるという優れもの。また、フェンダーレスキットは、単純にリアフェンダーを取り除くだけでなく、シート下の小物入れスペース増大に着目。大容量化することで、劇的なユーティリティ向上を実現している。ユーザーサイドに立って開発されたBagus! MCのオリジナルパーツ、ここで紹介するのはそのごく一部、他のラインナップや対応車種はBagus! MC webページでチェックしよう。

ゼファー750 アルミ削り出しクラッチアーム5mmロング
価格 7,800円(税抜)
STD比5mmロングにすることで、クラッチワイヤーをまっすぐ引くことができ、クラッチ操作に必要な力を軽減。クラッチワイヤーとアウターとインナーの摩擦も小さくなるため、ロングライフ化にも貢献する。ブラック/レッド/シルバーの3色から選択可能。クランプボルトはステンレステーパーボルトが付属。

ZRX1200DAEG 一体式フェンダーレスキット
価格 アルミ無垢 3万円(税抜)/ブラックアルマイト 4万円(税抜)
シート下からリア周りまでをフルカバードする一体式のフェンダーレスキット。大容量かつスタイリッシュ。他にゼファー750用、ゼファー1100用、GPZ900R用、ZRX1100/1200用がラインナップされる。対応車種によっては、社外品スイングアームが装着可能なショートバッテリーBOX仕様も用意されている。

ゼファー750 Bagus!フルチタンマフラー UP & セミUP
価格 15万6,000円(税抜)
“バグ菅”のニックネームでゼファーオーナーに知られる高性能マフラー。トルク特性を重視し4-2-1集合構造を採用しながら、集合部を短くした設計で4-1集合的な爽快なエキゾーストノートを実現。レーシーなアップスタイルと、ノーマルステップ対応のセミUPスタイルが選択可能。ゼファー1100用もラインナップ。

ゼファー750 Bagus! プレスフォーミングスイングアーム
価格 シルバー 31万円(税抜)/ブラック 35万円(税抜)
アクティブとのコラボレーションで誕生した、ゼファー750専用スイングアーム。プレスフォーミング製法を用い、アルミプレス材を繋ぎ合わせたボックス構造を構築。軽量で剛性バランスに優れ、リアタイヤのトラクション性能が向上。強い接地感を保ったまま、高い旋回性を発揮する。

ゼファー750/1100用 ステムキット TYPE3
価格 15万2,000円(税抜)
ショートオフセットタイプのステムキット。ゼファー1100用は17インチホイール化に対応させたオフセット量30mm/フォークピッチ210mm。ゼファー750用は純正フロントフォーク対応タイプと、社外フロントフォーク対応のφ43mmタイプをラインナップ、どちらもオフセット量は30mm。

INFORMATION

住所/神奈川県横浜市都筑区早渕1-25-28-B棟
電話/045-534-9246
営業/9:00-19:00
定休/水曜日
カワサキ製ビッグバイクを中心に、メーカーを問わず幅広い車種を手がけるカスタムショップ。なかでもゼファーシリーズを得意としており、確かな技術力と類稀なセンスで、多くのゼファーユーザーから支持を集めている。オリジナルパーツも豊富にラインナップし、姉妹店としてゼファーシリーズの極上車のみを販売するSoil Magicも展開している。