バイクSNS バイクブロス・コミュニティ-ツーリングやカスタムレポート

淡墨桜を見に

東海エリア(岐阜県) カテゴリ:自然
2017-04-09 23:17:27 走行日:2017-04-09〜2017-04-09
グー!(78)

毎年春になると、見に行きたいと思いつつ渋滞を思うと足が向かなかった淡墨桜。
岐阜県本巣市根尾谷にある、推定樹齢1,500年というエドヒガンザクラだ。

今年は例年よりも開花が遅いようだし、もしかしたら・・・と思って開花状況を見ていたら、ちょうどこの週末が見頃とのこと。
早朝に出れば渋滞も避けれるのではと計画していたら、無情にも天気は雨。
それでもわずかな可能性をかけて目覚ましをセットし、朝起きるとザーザーと音を立てて降っている。
あきらめて二度寝をし、9時過ぎにブロスを見ると、朝「雨かぁ」とつぶやいたボイスに、
愛知県西部に住むブロス友から「雨、止んできましたよ」とのコメントが。

それならばと支度をしていたら、止んだように見えた雨がまた降ってきた。
雨雲レーダーを確認すると、11時ごろまでは降りそう。
この時間から行くなら、近くがいいかな。でもやっぱり・・・と迷っていたが、空が明るくなったのを確認してとりあえず出発!

ナビで確認すると、2時間以上かかると出た。きっと混むだろう。でも・・・

路面は雨で濡れていた。水はねに気を付けながら走る。
近くの桜の下で写真を撮るプチツーでもいいじゃない。でも・・・

気が付いたら、名神高速道路を西へ向かっていた。
今日は暖かくなるとの予報だったが、山間部へ向かう時は油断は禁物。
さすがにオーバーパンツは履かなかったが、冬ジャケットとネックウオーマーを装備。これが役に立った。

岐阜羽島インターで高速を降り、新幹線と並んで橋を渡り、揖斐川沿いを北へ向かう。
しかし、これが判断ミス。雨が上がって風が出てきたので、半端ない伊吹おろしが容赦なく吹き付ける。
200圓△襯哀薀妊ウスでも、横風を受けて倒れそうになるほどだ。
赤信号では、路面の轍をよく見て足を踏ん張れるように止める。早く青になって〜と願いながら・・

堤防道路は空いていた。
とにかくR157に出るまでは川沿いを進めば間違いないだろうと走っていくと、ようやく合流地点へ。
ちょうどマスツーのバイクが走ってきたので、その後ろへ入る。
先頭が観光バスだったのでペースはゆっくりだったが、根尾川沿いをのんびり走る。
所々に「淡墨桜まであと〇〇Km」と看板が立っていた。
この辺りの桜の名所「谷汲山」はスルーし、ひたすら北へ。
途中、開き始めたソメイヨシノや散り始めたヤマザクラなど桜をあちこちで目にした。花桃はまだ蕾だった。来週くらいには開くかな。

ようやく駐車場の案内がある場所へ到着した。
観光バスに続いてバイクも先へと案内され、駐輪場の手前で料金200円を払って駐輪場へ止めた。
かなり広い駐輪場だったが、埋まっているのは半分足らず。やはり朝の雨のためだろうか。

淡墨桜の咲いている場所までは、少し坂を上る。
露店がたくさん並びにぎわっていたが、その向こうに淡墨桜が見えた。
圧巻!
何度か枯れそうになったりした危機を乗り越え、今も見事な花を咲かせている。
昨年の臥龍桜を見た時にも思ったが、ここでどれだけの歴史を見てきたのだろう。

桜の柵のすぐそばまで寄ることができた。
ぐるりと周りを歩いてみる。
隣には、二世も並んで立っていた。
すごいなぁ・・・

のんびり眺めた後、次の目的地、道の駅『うすずみ桜の里・ねお』へ。
この道の駅は、うすずみ温泉に併設されている。
1時を回りお腹が空いていたので、本巣産のお米を使った五目御飯と「揚げたてですよ」と勧められたおからコロッケでお腹を満たし、
最後の目的地へと向かった。

来た道を南へと向かう。車はいるが、渋滞するほどではない。
途中から揖斐川沿いへ。
しばらく走って、この辺りだろうと当たりを付けて右へ曲がる。あれ? 少し行き過ぎたか。
R417を北へ向かう。
見覚えのある交差点を左折してしばらく行くと、まもなく到着した。道の駅『池田温泉』だ。
昨秋、四輪で一度訪れたが、スタンプラリーはバイクで回ると決めている。

誰もいない駐輪場へバイクを止めると、すぐに3台のオフ車がやってきた。
シェルパ2台とセロー225が1台。セローは女性だった。みんな見事に泥だらけだ。
「こんにちは」と声をかけ、スイングアーム近くに引っかかっていた枝を取ってあげた。

すごい泥ですね。「藪漕ぎしてきたんで」そのようですね。こっちにも枝が。「ありがとうございます」
お近くなんですか?「近くと言えば近くです」
話しながら、空気入れを取り出し、空気を入れ始めた。
やっぱりエアを抜いていたんですか?「全然違いますからね。でもよく知ってますね」
息子がMTBをやっているので。「なるほど」
高圧洗車機が必要そうですね。「でも、最近は泥のひどい車はお断りって書いてあるんですよ」
え?それは困りますね。「そうなんです」

そんな会話をした後、スタンプを押しに案内所へ向かった。
どちらからと尋ねられ、根尾の帰りだと言うと、この時期に渋滞していないなんてラッキーだと驚かれた。
やはり、今朝の雨のおかげのようだ。

バイクに戻ると、一人のおじいさんがグラディウスを眺めていた。
「いいねぇ。僕も若いころ乗っていたんだけど、大型トラックと正面衝突してやめちゃったんだ」
正面衝突?大丈夫でしたか?「たまたた側溝の中に落ちて無事だった。まだ傷が残ってるよ。ほら」
手首の傷痕を見せて「カフスボタンが食い込んだ痕だよ」と笑っていた。
想像しただけで痛そうだ。

挨拶をして帰路へ向かう。
揖斐川まで戻り、川沿いを南へ。多少の渋滞はあったが、無事に岐阜羽島インターから高速に乗る。
一宮の渋滞は10分ほどで抜けれた。PAで少し休憩し、実家へ土産を届け、給油して無事に帰宅。
本日も無事故無違反、無転倒でした。


そういえば、今回は桜以外の写真をほとんど撮らなかったのに後から気付きました。
桜の下でバイクの写真を撮れば良かった〜


走行距離 約220
燃費 25.4/L
本日のレギュラーガソリン 120円/L(地元)

一宮PAの桜

ソメイヨシノが満開でした。

雨は上がったものの、すっきりした青空は拝めず・・・

道の駅『池田温泉』の駐輪場で

グラディウスの向こうに止まっているオフ車が3人組のです。


※写真がうまく表示されないので、いったん削除しました

淡墨桜と二世

向かって右側が元の淡墨桜、左側が二世です。

木の周りは、根を傷めないように柵で囲って保護されています。

ぐるりと反時計回りに・・

向かって左が淡墨桜、右が二世です。

上にあった観音様から見下ろしたところ

バイク用の駐輪場です

坂を上っている途中でパチリ。

空いていますよね〜

道の駅『うすずみ桜の里・ねお』で見かけた桜

ソメイヨシノではないと思いますが、綺麗に咲いていました。

建物の写真など取り忘れたので(^^;

道の駅『うすずみ桜の里・ねお』で食べた昼食です

地元のお米を使った五目御飯は、いかにも手作りという感じの素朴な味でした。味付けは薄目で食べやすかったです。

おからコロッケは揚げたての熱々。
さすがに2個は食べれず、お持ち帰りしました〜

やっぱり食べちゃいました〜

最後の休憩(PA)でチョコのミックスソフトをパクリ

ご当地もの

東海限定のコーヒーと季節限定の桜入り鬼饅頭

鬼饅頭は、桜の塩漬けが入っていて香りが良かったです(^^)


スポット詳細情報

  • 淡墨桜
  • 住所:淡墨桜
  • 駐車:あり

78人がグー!を付けています。

あなたにおすすめの商品

ログイン

会員登録する

注目のタグ

あなたのバイク今いくら?

バイク買取無料一括査定

メーカー:
郵便番号:
郵便番号を検索

PAGE TOP