レトロ・バイクグラフティ第14回 SUZUKI HUSTLER TS50(スズキ ハスラー TS50)1979年

掲載日:2019年08月23日 レトロバイク・グラフティ    

イラスト・文/藤原かんいち

レトロバイク・グラフティ タイトル画像

レトロ・バイクグラフティ第14回 SUZUKI HUSTLER TS50(スズキ ハスラー TS50)1979年

一時代を築いたスズキのオフロード車ハスラーの末っ子

数年前からテレビで「ハスラー」という名が聞こえるようになった。テレビに出てくるのは軽自動車だが、僕にとって「ハスラー」はバイクの名前としての親しみが大きく、その響きはどこか懐かしかった。

スズキのオフロードバイクと聞いて、まずハスラーが思い浮かぶのが僕らの世代(50代)。そこでいつ頃から販売されたバイクか、調べてみることにした。するとワークスモトクロッサーRH68の技術をフィードバック、“モトクロスのスズキ”の権威をかけ作られたバイクが1969年デビューのハスラー(TS)250であることがわかった。

走破性の高さから、人気を集めたハスラーはその後TS250を中心にTS400、TS185、TS125、TS90、TS80など様々な排気量をラインナップ。その末っ子としてハスラー50が1971年にデビューした。ロータリーバルブエンジンをパイプバックボーンフレームに搭載。50ccにしては前後輪が17インチ、車格が大型だったことからオフロードバイクの入門車として高く評価された。

その後、1978年に大きくモデルチェンジ、パワーリードバルブエンジンにクレドールフレームが採用され、マフラーもアップ型に変更された。1983年からエンジンは水冷に。さらにタイヤはフロント21インチ、リア18インチのフルサイズになり、サスペンションはモノサスに進化。ハスラー50はモデルチェンジを繰り返しながら進化を続けた1971年から2000年まで約30年間生産されるロングセラーモデルとなった。ちなみに今回描いたのは1979年発売されたモデル。

スズキ HUSTLER TS50 スペック
  • ■サイズ/全長 2045mm×全幅 810mm×全高 1125mm ■車重/85kg ■エンジン/水冷 2ストローク単気筒 ■排気量/49cc ■最高出力 7.2ps/7200rpm ■最大トルク/0.72kgf・m/7000rpm ■変速機形式/リターン式・6段変速

こちらの記事もおすすめです

この記事に関連するキーワード

新着記事

タグで検索