ホンダ CB400FOUR 取材で見つけた旧車バイク紹介

ホンダ CB400FOUR

掲載日:2017年03月28日 記事カテゴリ 取材で見つけた旧車バイク紹介   

記事提供/Zeppanバイクス編集部  取材協力/MOTORCYCLE 闇矢屋
※この記事はモト・メンテナンス別冊『Zeppan BIKES 20号』の『物件通信』を再編集したものです

ホンダ CB400FOURの画像
HONDA CB400FOUR

ホンダCB750Kシリーズ用復刻パーツを積極的に開発販売する名古屋の闇矢屋。同社はホンダ純正部品の正規ディーラーでもあり、それゆえ純正部品に関する様々な情報を持っている。CB750Kシリーズのレストア車販売では、以前から高い評価を得ているが、今春からナナハンシリーズと同様に、CB400FOUR用の各種パーツの取り扱いを開始した。

ここに紹介するのは復刻パーツや純正パーツを利用しレストアされたCB400FOURだ。CB750Kシリーズと比べれば、まだまだ復刻部品が少ないが、その一方で現在でも購入できる純正部品が多いのもCB400FOURの特徴だ。

そんな闇矢屋が仕上げたレストア車だけに、仕上がりの良さを見て取れる。この車両は税込み180万円で販売されるが、今後はユーザーニーズに応じレストア車を販売するそうだ。闇矢屋が仕上げたレストア車クォリティが高い。自分の眼で是非、確かめてほしい。

詳細写真

ホンダ CB400FOURの画像

このエンジンの弱点でもあるカムチェーンテンショナーやその他の部品も含め、フルオーバーホール済みエンジンを搭載。エンジンガードを取り付け転倒時や寄せ倒れでのクランクエンドへのダメージを軽減。エンジンペイントクォリティも高い。

ホンダ CB400FOURの画像

質感および細部に渡って高品質なシート表皮で張り替え済み。将来的にはコンプリートシートの開発も念頭にあるそうだ。

ホンダ CB400FOURの画像

復刻ガソリンタンクなのでサビトラブルなどの悩みも無用。タンクデカールは年式やタイプ違いの取り扱いもある。

ホンダ CB400FOURの画像

鉄リム&スポークは新品部品に張り替えられ、ハプやボトムケースは純正部品と似たバフ処理で仕上げられている。ナナハンのパーツ販売と同様に、CB400Fパーツの販売にも積極的な闇矢屋。

注目のアイテムはコチラ

あわせて読みたい記事