カワサキ KZ700 取材で見つけた旧車バイク紹介

カワサキ KZ700

掲載日:2017年03月21日 記事カテゴリ 取材で見つけた旧車バイク紹介    

記事提供/Zeppanバイクス編集部  取材協力/タニモトオート(TEL 087-874-1351)
※この記事はモト・メンテナンス別冊『Zeppan BIKES 21号』の『物件通信』を再編集したものです

カワサキ KZ700の画像
KAWASAKI KZ700

バイクブーム全盛期の国内モデルには「馬力規制」があった。しかしその一方で、一番豪華な装備を持つのが国内仕様の特徴だった。Z400FXを例にすれば、輸出の400ccモデルにトリプルディスクは無く、「FX」という名称も国内専用で豪華なエンブレムが取り付けられていた。1980年代に入ると輸出モデルはさらに細分化され、ベースエンジンが同じでも排気量が650cc/700cc/750ccと3タイプあった例もある。

まるで1970年代前半以前の原2モデルのようでもある。カワサキ空冷Zにもその例が当てはまり、ここに紹介するKZ700がズバリその1台だ。Z750GPと比べると明らかに廉価版であり、CSR650と比べれば間違いなく豪華版だ。

サイドカバーエンブレムの書体デザインから1982~1983年モデルだと思われるが、注目したいのはこの車両のコンディションの良さである。極めて珍しいモデル=価格が安いのも大きな魅力である。

詳細写真

カワサキ KZ700の画像

Z650Bザッパーの流れるにあるKZ700。税制上の関係でホンダCBX750系も700ccの排気量で販売されていた経緯がある。1980年代前半には700ccモデルが数多く輸出された。極めて美しくコンディション抜群なブラックエンジン。

カワサキ KZ700の画像

アメリカからの里帰りを象徴するオーヴァーUSA製4イン1マフラー。直管のような細巻きアルミサイレンサーが特徴だ。

カワサキ KZ700の画像

国内ならZ400GP用メーターと同じタイプのシェルを使っているが、中央のインジケータ類が液晶表示ではなくアナログな廉価版。

カワサキ KZ700の画像

純正シートから段付きのタックロールタイプに変更されている。この仕様で輸入されたのだから彼の地に住む前オーナーのカスタムセンスは日本人の感覚に近い!? 純正シートは国内Z750GPと同タイプだ。

あわせて読みたい記事