カワサキ 350-A7 取材で見つけた旧車バイク紹介

カワサキ 350-A7

掲載日:2016年07月07日 記事カテゴリ 取材で見つけた旧車バイク紹介    

記事提供/Zeppanバイクス編集部  取材協力/LOCUS819
※この記事はモト・メンテナンス別冊『Zeppan BIKES 14号』の『物件通信』を再編集したものです

KAWASAKI 350-A7

250ccのA1の登場から遅れること1年、ベトナム戦争による好景気に沸くアメリカ市場の要望を受け、カワサキは、350ccのA7を発売した。A1を大きく超える品質を持たせるため、A7は同年代の4ストロークモデルである、W1Sと同じメッキタンク、ヘッドライトケース一体式のメーター、タックロールシート、油圧ステアリングダンパーなど豪華装備を採用。また、耐久性を向上させるため、エンジンにはクランク強制潤滑装置”インジェクトルーブ”が組み込まれているのが特徴だった。40.5馬力の高出力によって最高速度175km/hを達成。ゼロヨン加速も倍近い排気量のW1とほぼ同等の性能を有していた。

詳細写真

サイドカバーを兼ねるオイルタンクには”INJECTOLUBE”とステッカーが貼られる。吸入ポートのみにオイルを供給するA1のスーパールーブを超える機構だ。

エンジンは、62×56mmの338ccでクラス最速のモデルとなった。クラス最速という明快なコンセプトは、その後のカワサキトリプルにも引き継がれていく。

タコとスピードが一体化されたメーターは、W1Sと同レイアウト。走行距離は9397マイル(1万5,123km)で非常に少ない。

リアショックはフルカバードタイプで、上側が車体色と同色となる。A7のカラーリングは、W1Sと同じキャンディーブルーと、このキャンディーレッドが採用された。

あわせて読みたい記事