カワサキ 175TR F7 取材で見つけた旧車バイク紹介

カワサキ 175TR F7

掲載日:2016年07月01日 記事カテゴリ 取材で見つけた旧車バイク紹介    

記事提供/Zeppanバイクス編集部  取材協力/M.C.S PLATZ
※この記事はモト・メンテナンス別冊『Zeppan BIKES 14号』の『物件通信』を再編集したものです

カワサキ 175TR F7の画像
KAWASAKI 175TR F7

日本国内では90TR(G4トレールボス)、125TR(F6ボブキャット)、250TR(F8バイソン)、350TR(F5ビッグホーン)の4兄弟だったが、北米市場ではより細分化され、国内モデルには無かった100TR(G4TR)や175TR(G7)も存在した。また、シリーズモデルは年式毎にグラフィック変更し、ベース色は違えど各年式共通のグラフィックだった。オンモデルとオフモデルのグラフィックが唯一共通化されたのは 71年9月以降、72年8月末まで生産された「72年モデル」だけで、そのグラフィックは「レインボーライン」と呼ばれた。カワサキ社内でも好評だったのだろう。

このF7は、オドメーターを見る限り走行距離が3000マイル強。確かに、各部を見てもオフロードを荒々しく駆け回っていた形跡は無く、その証拠にチェンジペダルへの草の噛み込みを防止する草刈チェーンやドリブンスプロケットへの草噛みを防止するブッシュカッターも外されてしまうことなく装備されていた。希少価値の高い一台である。

詳細写真

カワサキ 175TR F7の画像

サブサイレンサーを持たない左アップタイプのショートカットマフラーが特徴的だったカワサキトレールシリーズ。90の末弟から350の兄貴分まで、同一デザインを踏襲していた。

カワサキ 175TR F7の画像

カワサキトレールシリーズのアイデンティティのひとつ、パイプベンド構造のリアキャリアも装備。オフレースにエントリーしていたマシンは、このキャリアが取り外されているケースが多い。テールランプは年式よろしくトリプルと同仕様だ。

カワサキ 175TR F7の画像

125ccと250ccの間を埋める175cc。欧米ではこの排気量クラスも人気があったが、日本国内では販売されなかった。

カワサキ 175TR F7の画像

全体的な程度から推測して、おそらく実走行距離だと思われるF7。72年型モデルはグリーン色の文字&刻みが特徴だ。本来はキャンディレッドだがソリッドレッドにリペイントされていた。

あわせて読みたい記事