【ライダー目線で調査/道の駅 つぐ高原グリーンパーク】アウトドアを楽しめる複合施設

掲載日:2018年07月13日 道の駅調査隊愛知県    

投稿者/シナノさん | 取材日/2018年03月18日

【ライダー目線で調査/道の駅 つぐ高原グリーンパーク】アウトドアを楽しめる複合施設

道の駅つぐ高原グリーンパーク 施設情報

所在地
〒441-2601
愛知県北設楽郡設楽町津具字東山2-156
沿線名
県道10号線
電話番号
0536-83-2344
営業時間
9:00~17:00
定休日
木曜日(10月~6月)、年末年始

標高900メートルの避暑地
自然とアウトドアを満喫できる

長野県との県境近く、愛知県北設楽郡設楽町に「道の駅つぐ高原グリーンパーク」はあります。地図を見ると道の駅周辺はくねった道が多くて敬遠していたのですが、県道10号線を長野方面から走ってみると、わかりやすく安心な道でした。ゴルフ場をすぎてテニスコートが見えたかと思うと、その辺り一帯がつぐ高原グリーンパークの様です。つぐ高原グリーンパークは標高900mと高く、広い敷地には道の駅の施設やテニスコートの他に、オートキャンプ場、バンガロー、ペンション、釣堀、パターゴルフ場、そして故障中ですが天文台などがあり、アウトドア好きにはたまらない複合施設となっています。

つぐ高原グリーンパークの施設へ行くには、県道10号線を曲がり橋を渡って入るのですが、案内標識もしっかりあるのでわかりやすいでしょう。

【ライダー目線で調査/道の駅 つぐ高原グリーンパーク】アウトドアを楽しめる複合施設

道の駅の建物は売店とグリーンパークの事務所を兼ねていて、入ってすぐが情報コーナー、奥が売店となっています。売り場にはキャンプ場も併設されているだけあってキャンプ用品も多く並んでいました。キャンプとは無縁の私でさえ、眺めているとキャンプに挑戦してみたくなってきます。

ちなみに最寄りの温泉は、道の駅信州平谷にあるひまわりの湯でバイクだと約20分。テントの設営が終わってから、一汗を流しに温泉に行ってもいいかもしれません。キャンプを敷居高く感じてしまう人は、バンガローもあるのでそちらを利用してみてはいかがでしょう?

調査に赴いた時期は3月で施設は閑散としていましたが、夏のアウトドアシーズンには高原の空気を浴びに人が集まりそうな道の駅でした。

道の駅つぐ高原グリーンパーク 周辺の地図

『道の駅リンク』

http://www.cbr.mlit.go.jp/michinoeki/aichi/aichi05.html

ライダー目線のチェック!

駐車スペース
★★★☆☆ 3/5
バイク専用の駐車スペースはありません。ただ施設が広くデッドスペースも多いので、満車で停められないということはなさそうです。
休憩場所
★★★☆☆ 3/5
屋内にベンチやテーブルがあり、良い環境で休憩できます。駅舎周辺にベンチなどはありませんが、美味しい空気が味わえます。
飲食店
★★☆☆☆ 2/5
雰囲気の良い食堂がありましたがメニューは軽食だけです。デイキャンプでバーベキューを楽しむ人が多いためでしょうか。
お土産
★★★☆☆ 3/5
キャンプ用品だけでなく地元の特産品も並んでいました。ただ、そんなに品揃えは多くありません。

星の数や寸評はレポーターの主観に基づくものです。道の駅の施設や利便性に対する正確な評価ではないので、参考としてご覧ください。

こちらの記事もおすすめです

この記事に関連するキーワード

この記事を読んでいる方におすすめの商品

新着記事

タグで検索

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。