スズキ GSX-S1000に関するバイク記事

  • キャンペーン
    スズキはGSX-S1000 ABS、GSX-S1000F ABSの新車をキャンペーン期間中に購入し登録を完了させた人を対象に「オリジナルバッグプレゼントキャンペーン」を11月30日(木)まで開催している。
    2017年05月10日 13:37:22
  • バイクパーツ
    カラーズインターナショナルがストライカーのGSX-S1000/F ABS用スリップオンマフラーをラインナップした
    2017年05月10日 12:44:47
  • バイクパーツ
    バイクアフターパーツの販売・卸売を行うカラーズインターナショナルからストライカーのGSX-S1000用ガードスライダーが発売された
    2017年04月05日 11:35:36
  • レポート
    東京モーターサイクルショー2017のスズキブースにも注目ニューモデルが展示中!日本初登場モデルを堪能しよう!
    2017年03月24日 19:47:46
  • 車両情報
    スズキはGSX-S1000 ABSとGSX-S1000F ABSの2017年モデルを発表。パワーアップが施された2017年モデルの詳細は?
    2017年03月17日 16:37:15
  • 特集記事
    マフラーの開発は排気“調律”との戦いだ。ヌケが悪くても良過ぎても、パワーアップには繋がらない。どのようなレイアウトで纏めるか? そこがメーカーとしての腕の見せ所となる。アールズ・ギアではさらに実走テストを重ねて調律する。そうして製品化されたマフラーは、フルエキでもスリップオンでも楽しめる。
    2017年03月07日 09:00:32
  • スポーツ&ツアラー&ネイキッド特集記事
    かつてMoto GPを湧かせたケニー・ロバーツ率いるモデナスKR3。V型3気筒という独自のエンジンレイアウトを採用したマシンは、多くの関係者の注目を集めた。そのチームプロジェクトにテクニカルスポンサーとして参戦していたマジカルレーシングが、世界最高峰のロードレースで得たノウハウを基に開発したのが『カーボントリムスクリーン』だ。
    2017年02月14日 09:00:03
  • 特集記事
    コンパクトなハイパワーエンジンだからこそ良いオイルを小まめに交換したい。2回に1回はエレメントも交換だ。エキゾーストパイプの隙間にあるエレメントを外すには、専用のカップレンチがあると大変便利だぞ!!
    2017年01月31日 09:00:52
  • 特集記事
    ラジエターのリザーバータンクはアンダーカウルの下、車体右側のエキゾーストパイプ付近にある。アンダーカウルは右側のみ取り外し、点検、補充しよう。
    2017年01月27日 09:00:08
  • 特集記事
    エアクリーナーエレメントは燃料タンクの下に位置している。まずは前後のシートと黒い未塗装樹脂製サイドカバーを外す。カバーは手前に浮かしつつ、後ろにスライドさせるように外す。
    2017年01月25日 09:00:57
  • 特集記事
    チェーンの遊びはスイングアーム中ほどの最もたるむ箇所でチェーンを指先でつまんで、上下させて確認する。たるみすぎても張りすぎてもNGだ。1,000kmごとにチェックしよう。
    2017年01月23日 09:00:49
  • 特集記事
    ペダルの位置が合わずにシフト操作がうまくいかないと、やがてミッションにダメージを与えることになる。また、ブレーキペダルの位置が合わないと、ブレーキが常に引きづり気味になったり、いざというとき踏力が足りなくなるぞ!!
    2017年01月22日 09:00:29
  • 特集記事
    何だか体に合わないバイクに我慢して乗っていませんか!?バイクにはライダーの体に合わせるための様々な調整機構がある。まずは手元の操作系の調整を行って、自分の体にフィットするポイントを探ってみよう。意外と簡単にできるはずだ。
    2017年01月20日 09:00:18
  • 特集記事
    迫力の装備とスタイリングに圧倒されそうなモデルだが、タイヤもブレーキもサスペンションも基本的点検内容は原付と同じ。たまの休日しか乗れないならば、走り出す前に安全点検。
    2017年01月18日 09:00:23
  • 特集記事
    完成度の高いフォルムの中に隠された整備性の良さ。ヘッドライトバルブ交換に二の足を踏むような煩雑さは無い。H4バルブを採用するため、高効率ハロゲンバルブや汎用HID&LEDライトキットの装着などバージョンアップも図れそうだ。
    2017年01月16日 09:00:14
  • 特集記事
    完成度の高いフォルムの中に隠された整備性の良さ。ヘッドライトバルブ交換に二の足を踏むような煩雑さは無い。H4バルブを採用するため、高効率ハロゲンバルブや汎用HID&LEDライトキットの装着などバージョンアップも図れそうだ。
    2017年01月16日 08:59:18
  • 特集記事
    完成度の高いフォルムの中に隠された整備性の良さ。ヘッドライトバルブ交換に二の足を踏むような煩雑さは無い。H4バルブを採用するため、高効率ハロゲンバルブや汎用HID&LEDライトキットの装着などバージョンアップも図れそうだ。
    2017年01月16日 08:58:19
  • フォトTOPICS
    排気量401cc以上の、いわゆる大型自動二輪と呼ばれるカテゴリーでは、盤石の強さを誇るハーレーダビッドソンが存在感を示したほか、コストパフォーマンスに優れる国産大排気量スポーツネイキッドに人気が集中する傾向が見られた。
    2017年01月13日 09:00:15
  • キャンペーン
    スズキはGSX-S1000シリーズの新車購入者を対象に「GSX-S1000シリーズ用品プレゼントキャンペーン」を来年3月31日まで開催
    2016年12月01日 12:14:41
  • スポーツ&ツアラー&ネイキッド特集記事
    それまでの逆三角形断面のR-11に替って『R-11Sq』がヨシムラレーサーに装着されたのは2015シーズンだった。R-11のイメージを残しながら断面形状をスクエア=四角形に。レースシーンから生まれた開発の背景とは?そのテクノロジーはストリートにフィードバックされ、GSX-S1000、GSX-R1000/F、YZF-R1、H2など、人気のビッグバイク用にラインナップされた。
    2016年08月24日 08:01:47

タグで検索