ボートラップ カワサキ W650

掲載日:2015年10月23日 プロが造るカスタム    

文/佐賀山 敏行

KAWASAKI W650

ボートラップにしては珍しい、正統派のカフェレーサー。低く構えたセパレートハンドルやバックハンドル、強化された足周りなど、ポイントはしっかり抑えつつ、見どころはバイクの顔ともいえるフューエルタンクにある。ノートン風アルミタンクはマウント位置にこだわり、エンジンと垂直をなすように設置。旧車感を増幅させている。タンクに合わせて加工されたシートも要注目だ。トラディショナルななかに同店の技が光る一台である。

フレームには手を入れず、パーツマウントやチョイスの妙によって美しいフォルムを作り出している。

詳細写真

ブレンボ製ブレーキキャリパーによって、制動力とともにルックスもアップ。ローターはサンスターだ。

ノートンタイプフューエルタンクはマシンの大きなポイント。ロケットカウルやセパレートハンドルとの相性も良い。

排気量は733ccにアップ済みで、キャブレターはFCR。走りのパフォーマンスも高められている。

エンジンに対してまっすぐにマウントされたフューエルタンクが、マシンにビンテージ感を与えている。

ショップ
所在/東京都杉並区下高井戸2-1-12

この記事に関連するキーワード

こちらの記事もおすすめです

この記事を読んでいる方におすすめの商品

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着記事

タグで検索

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。