レッドモーター ZRX1100(カワサキ ZRX1100)

掲載日:2018年11月11日 プロが造るカスタム    

取材協力/レッドモーター
記事提供/ロードライダー編集部
※この記事はロードライダー特別編集『ザ・カスタムマシン2017』に掲載された内容を再編集したものです

RED MOTOR ZRX1100(カワサキ ZRX1100)のカスタム画像
RED MOTOR ZRX1100(KAWASAKI ZRX1100)

長く楽しむことを前提にして
入念な整備とカスタムを実施

レッドモーターの常連であるこの車両のオーナーにとって、2台目のZRX1100。1台目をアクシデントで失って以降はZX -14Rでツーリングやドラッグレースを楽しんで来たが、ZRXならではのフィーリングが忘れられず、最近2台目を入手したそうだ。

「昔の彼女が忘れられないみたいなものですね(笑)。この車両がウチに入庫した当初は、どこにでもあるごく普通の中古車だったのですが、オーナーさんは購入を決めた時点で、1台目の仕様を再現することを意識していました。それでまあ、ウチとしても昔の彼女を幻滅させるわけにはいきませんから、希望を取り入れつつ、1台目以上の運動性能と扱いやすさを追求したわけです」(レッドモーター・中村さん)

RED MOTOR ZRX1100(カワサキ ZRX1100)のカスタム画像

ただZRX1100は最終型でも15年以上が経過した旧車だから、作業はひと筋縄ではいかなかった。同店が最初に行った作業はシャシーを中心とした整備とカスタムだったものの、最終的にはエンジンのフルO/Hや吸排気系刷新なども行われた。「パワーユニットはそのままでも大きな問題はなかったのですが、各部の磨耗や経年変化を考えると、早い段階で手を打っておくに越したことはない。整備が行き届いた今の状態なら、今後の10年20年を、安心して楽しめると思いますよ」(同)

中古車事情に精通した中村さんによると、近年のZRX1100の価格相場は50万円前後で、DAEGが2016年で生産終了したことを考えれば、現状より下がる可能性は低いと言う。逆に言うならZRX1100は、“今が買い"なのかもしれない。

詳細写真

RED MOTOR ZRX1100(カワサキ ZRX1100)のカスタム画像

文字盤を黒→白としたメーターは、速度計スケールを330km/hに設定。削り出しのトップブリッジはアントライオンで、ハンドルはハーディー。

RED MOTOR ZRX1100(カワサキ ZRX1100)のカスタム画像

フルO/Hが行われたエンジンには、ヨシムラST-1カムが投入されている。吸排気系はキャブレターがFCRφ39mm、排気がノジマ製チタン4-1+ショートチタンサイレンサーで、点火はASウオタニSP-Ⅱ。アンダーカウルはエーテック。

RED MOTOR ZRX1100(カワサキ ZRX1100)のカスタム画像

3.50-17/[5.00→]5.50-17のホイールはマルケジーニ。前後ブレーキキャリパーはベルリンガーで、ディスクはフロントのみアフターマーケット用サンスターに。

RED MOTOR ZRX1100(カワサキ ZRX1100)のカスタム画像

下側ブレース入りの角型アルミスイングアームはOVERで、リヤショックはオーリンズ。スプロケットはX.A.M、ドライブチェーンはRK530XW。

BikeBooksで雑誌・電子雑誌をチェック!

こちらの記事もおすすめです

この記事に関連するキーワード

この記事を読んでいる方におすすめの商品

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着記事

タグで検索

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。