ACサンクチュアリー ゼファー1100(カワサキ ゼファー1100)

掲載日:2018年11月04日 プロが造るカスタム    

取材協力/ACサンクチュアリー
記事提供/ロードライダー編集部
※この記事はロードライダー特別編集『ザ・カスタムマシン2017』に掲載された内容を再編集したものです

AC SANCTUARY ZEPHYR1100(カワサキ ZEPHYR1100)のカスタム画像
AC SANCTUARY ZEPHYR1100(KAWASAKI ZEPHYR1100)

新車同然に
生まれ変わった1100

「RCMでもゼファーを手がけることが多くなってきました。初期型では、もう25年経っていて、カスタムしつつ信頼性も回復したいと考えるオーナーさんが多いのは、ある意味当然と思いますね」

そう語るサンクチュアリー代表・中村さん。同店はゼファー1100カスタムにおけるリア下がり(前後17インチ化した場合、リアタイヤの扁平率が70→55となるため、ハイトが減った分リア車高が下がってしまう)をかなり早い時期から指摘していたショップのひとつ。ノウハウも豊富に蓄積されている。

AC SANCTUARY ZEPHYR1100(カワサキ ZEPHYR1100)のカスタム画像

「1100でいうと、後期型ではミッション、ヘッドカバーガスケットなど、各部対策されているんですね。とくに排ガス規制前の初期型モデルでは、こうしたパーツを組み込みつつ、オーバーホールしていくことが重要。リアの車高下がりに関しては、スイングアームを純正のエキセントリック・アジャスター式からリアアクスルがアームの真ん中を通る(社外品一般に見られる)タイプのものに換えるだけでも、けっこう車高補正ができるんですよ」(中村さん)

昔ストリート改でよく見られた「エキセン逆付け」はリアが上がりすぎるので、お薦めしないとのこと。この車両ではトレール量を適正に保つため、ステムは35mmショートオフセットを装着。

ゼファー1100はキャスターを立てないと旋回性が出ないんですが、車高(重心)を上げすぎてもよくない。マフラーが接地しないクリアランスを確保しつつ、前後バランスを取って足まわりをセッティング。これが基本ポイントだと思います」

詳細写真

AC SANCTUARY ZEPHYR1100(カワサキ ZEPHYR1100)のカスタム画像

フォークはオーリンズφ43mm正立でステムはSCULPTUREのオフセット[40→]35mmタイプ。

AC SANCTUARY ZEPHYR1100(カワサキ ZEPHYR1100)のカスタム画像

ハンドルバーはポッシュスーパーロードバー(黒)に変更。ミラーやブレーキ系など各部パーツをブラックで統一しているのもポイントのひとつ。

AC SANCTUARY ZEPHYR1100(カワサキ ZEPHYR1100)のカスタム画像

エンジンは純正オーバーサイズピストンを組むが基本はO/Hのみ。本文のようにカワサキ純正の対策パーツを組み込むことで、各部の信頼性は格段に上がっている。バルブガイド入れ替え、ヘッド最小値面研なども実施しつつ、精密に組み上げられている。キャブはTMR、O/Cもアールズ11インチ13段にそれぞれ交換。

AC SANCTUARY ZEPHYR1100(カワサキ ZEPHYR1100)のカスタム画像

3.00-18/4.50-17→3.50-17/5.50-17サイズのホイールはO・ZのPIEGA。リヤアームはSCULPTURE・RCM専用ワイドタイプでフレームはリヤレイダウン加工のみ。

BikeBooksで雑誌・電子雑誌をチェック!

こちらの記事もおすすめです

この記事に関連するキーワード

この記事を読んでいる方におすすめの商品

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着記事

タグで検索

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。