モーターサイクルショップNAC CBX(ホンダ CBX) プロが造るカスタム

モーターサイクルショップNAC CBX(ホンダ CBX)

掲載日:2018年08月26日 プロが造るカスタム    

取材協力/モーターサイクルショップNAC(TEL 096-354-0933)

写真・文/ロードライダー編集部

記事提供/ロードライダー編集部

※この記事は『雑誌名ロードライダー vol.436』に掲載された内容を再編集したものです

モーターサイクルショップNAC CBX(カワサキ CBX)のカスタム画像
MOTORCYCLE SHOP NAC CBX(KAWASAKI CBX)

ほぼノーマルの車体まわりに
新車並みのコンディションをプラス

NACは1997年のホンダX4登場から同車に注力し、“NAC流”“立野流”と呼ばれるダイナミックかつ繊細なX4カスタムを多く手がけてきた。そのX4カスタムにおいても「ノーマルの持っているポテンシャルをフルに引き出す」ことを基本ポリシーとしてきたNAC・立野さん。

最近はZやCB-Fなどいわゆるヴィンテージ車のレストアも多く手がけているそうだが、今までこだわってきた完全整備&ファインチューニングという手法は、当然のことながら旧車レストアとも相性がいい。そう言えば立野さんはカワサキ6気筒のKZ1300も所有、ここのところツーリングに使ったりしているそうである。

モーターサイクルショップNAC CBX(カワサキ CBX)のカスタム画像

「この車両のオーナー・北山さんは以前からCBXが憧れのバイクだったんですね。ツーリングで僕のKZ1300を見たりしているうちにやっぱり6発はいいねえ、という話になって『いいベース車両があったら仕上げたい』という展開になったわけなんです」そう語る立野さん。しばらくしてちょうどいい車両が見つかり、そこからレストア作業が始まった。何よりも真っ先にやったのは、現在パーツの出る純正パーツをリストアップすることだった。「欠品が多いと思ったんですが、案外出るパーツが多くて驚きました。この点ではKZ1300より、全然良かったですね(笑)」

コンセプトは極力ノーマルで仕上げることと、現行モデル並みの状態までレストアすること。ホイールや前後ブレーキ、各部補機類などは純正で、メインフレームに関してはリペイントも行っていないそうだ。主要パーツで交換されているのはマフラー(Kファクトリー製チタンの左右出し)とリアサス(アラゴスタ製)程度。新車同然の外観はノーマルパーツの再生、塗装、再仕上げなどによって実現されている。作業はボルト1本まで徹底的にやったそうだ。

写真では分かりにくいかもしれないが、外装色はノーマルのグローリーレッドよりも深みのある赤を使い、さらにダイヤモンドフレークを加えたもの。各部コーションラベルなどはリモーション製のリプロ品を新たに貼り直している。よく見るとリアサスのスプリングシートやスプリングも、この車体色に合わせてパウダー塗装されていて、まったく違和感なし。

「峠などで乗ると、思ったよりも軽くてキビキビよく走る。オーナーさんはこのCBXが初バイアスタイヤで、乗り味の違いも新鮮だったようですね。そんなところも旧車の楽しさだと思います」(同)

詳細写真

モーターサイクルショップNAC CBX(カワサキ CBX)のカスタム画像

φ35mmインナーチューブのフロントフォークおよびステムはCBXのSTDでセパレートアップのハンドルや2眼式のメーター、スイッチ類なども純正を徹底的に再生。メーターユニットはリモーション製を使っている。

モーターサイクルショップNAC CBX(カワサキ CBX)のカスタム画像
モーターサイクルショップNAC CBX(カワサキ CBX)のカスタム画像

タンク、シートカウルなどは純正色のパターンを踏襲しながらも深みのあるレッドとダイヤモンドフレークでアレンジし、車体に負けない上質さを得ている。塗装を担当したのはリバティロードデザインズで、NAC立野さんと細かく詰めた上で作業している。ウインカーやホーン、シート表皮、グラブレールなども純正のままだ。

モーターサイクルショップNAC CBX(カワサキ CBX)のカスタム画像

ベースは初期1979年式。エンジン、キャブレターもSTD(コンディション良好だったためオーバーホールは未実施。NACでは状態にも応じてO/H等にも対応)で、クラッチハウジングをリモーション製に変更するのみ。

モーターサイクルショップNAC CBX(カワサキ CBX)のカスタム画像
モーターサイクルショップNAC CBX(カワサキ CBX)のカスタム画像

ダイヤモンドフレームのため前側に遮蔽物がなく、美しい曲線を余すところなく見せる左右出しのマフラーはKファクトリー製チタン。軽量化にも寄与している。アルミ削り出しのエンジンハンガーはオーヴァー。

モーターサイクルショップNAC CBX(カワサキ CBX)のカスタム画像

F19/R18インチのコムスターホイール、フロントの片押しキャリパーやソリッドタイプブレーキディスク、マスターシリンダーなどブレーキ/ホイールまわりも純正のまま。ブレーキラインのみステンレスメッシュに変更されている。

モーターサイクルショップNAC CBX(カワサキ CBX)のカスタム画像

リアサスはアラゴスタ製ツイン(ショック長360mm、バリアブルレート=2.2?2.8kgf/mm)で他の車両と被らない、カラーオーダーできることも選択の決め手となったとのこと。センタースタンドもそのまま装着されている。

BikeBooksで雑誌・電子雑誌をチェック!

こちらの記事もおすすめです

この記事を読んでいる方におすすめの商品

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。