AGRAS Z900RS(カワサキ Z900RS)

掲載日:2018年08月19日 プロが造るカスタム    

取材協力/AGRAS

写真・文/ロードライダー編集部

記事提供/ロードライダー編集部

※この記事は『雑誌名ロードライダー vol.435』に掲載された内容を再編集したものです

AGRAS Z900RS(カワサキ Z900RS)のカスタム画像
AGRAS Z900RS(KAWASAKI Z900RS)

機能性+ルックスで決まる
アルミビレット・ボルトオンパーツ

ステップやステアリングステム、エンジンスライダーなどのパーツ群が根強い人気を誇るアグラス。人気の秘密は各パーツがアルミ削り出し(スライダー本体はジュラコン樹脂製)による高い剛性と機能性(とくにステップキット)を持っていること。またそれらの装着によって、ひと目でハイクオリティと分かる外観が作れるところが大きい。

AGRAS Z900RS(カワサキ Z900RS)のカスタム画像

この車両はZ900RS用ボルトオンパーツを装着したいわゆるアグラス・デモ車だが、前述のパーツ群によってディテールが変わることで、かなり全体の印象が変わっていることに気づくはずだ。ステムキットは34mmのフォークオフセットやハンドル高などはZ900RSのSTDと同じだが、ハンドルポスト下のカラーを入れ替えることで-10mmと±5mmの高さ調整が可能で、0mm=ノーマルポストにも対応する(計4位置)。

こうした細かい配慮も魅力のひとつだが、サイドカバー前側のアルミFIカバーも、周辺にアルミ削り出しパーツが置かれることで周囲に溶け込んで、また印象が変わってくるのもいい。

詳細写真

AGRAS Z900RS(カワサキ Z900RS)のカスタム画像

2017アルミ材を切削加工→バフ処理し、さらにアルマイト処理で仕上げられるアグラス製ステム。ハンドルバーはSTDで高さもノーマルと同一だが、ハンドルポスト下のカラーを入れ替えることで+5mm、0mm(STD)、+5mm、-10mmと高さを微調整することができる。上側クランプは写真のセパレートと、左右をつないだブリッジタイプが選べる。

AGRAS Z900RS(カワサキ Z900RS)のカスタム画像

ラジエーターコアの飛び石などによる破損を防ぐとともにドレスアップにもなるコアガード。ステンレスエッチング仕上げで、中央にはAGRASのロゴ入り(なしの製品も販売中)。コアサイドに付くアルミ製サイドカバー(純正は小型のフラットプレート)もアグラスのオリジナルパーツ。

AGRAS Z900RS(カワサキ Z900RS)のカスタム画像
AGRAS Z900RS(カワサキ Z900RS)のカスタム画像

フロントブレーキのマスターキャップ、ハンドルバーエンド、オイルフィラーキャップ、リアアームのスタンドステーなどもアルミ製で、ブラック/ブルー/ゴールド/レッド/シルバー/ガンメタ/チタンの色が選べる。このカラーはアグラスでチタンと呼んでいるもの。

AGRAS Z900RS(カワサキ Z900RS)のカスタム画像
AGRAS Z900RS(カワサキ Z900RS)のカスタム画像
AGRAS Z900RS(カワサキ Z900RS)のカスタム画像

エンジンマウントやリアサスペンションリンクなどもアルミ削り出し。エンジンスライダーはエンジンカバー左右(下側、アルミ製削り出しのベース+ジュラコン樹脂製スライダー本体)とシリンダー前左右の4ヵ所。こちらも機能パーツでありながら存在感のあるデザインだ。

BikeBooksで雑誌・電子雑誌をチェック!

この記事に関連するキーワード

こちらの記事もおすすめです

この記事を読んでいる方におすすめの商品

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着記事

タグで検索

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。