Zレーシングパーツ ゼファー750(カワサキ ゼファー750)

掲載日:2018年05月20日 プロが造るカスタム    

取材協力/Zレーシングパーツ  記事提供/ロードライダー編集部

※この記事はロードライダー特別編集『ザ・カスタムマシン2017』に掲載された内容を再編集したものです

Zレーシングパーツ ゼファー750(カワサキ ゼファー750)のカスタム画像
Z RACING PARTS ZEPHYR750(KAWASAKI ZEPHYR750)

オリジナルパーツの開発を通して
750ならではの魅力を再認識

4輪ショップのオートセレクトの別部門として、2輪に特化したZレーシングパーツが活動を始めたのは2008年。1970~1980年代のZ1/Z1000J系が主だが、オリジナルパーツはZ750GPを中心としたザッパー系用も開発しており、2016年には新たにゼファー750のデモ車を製作。既存のショップと異なるアプローチは、多くのゼファー750ユーザーから注目を集めているようだ。

「元々はお客さんから要望が多かった、マフラー製作のために車両を準備したのですが、せっかくの機会だからデモ車として、きっちり仕上げようと。改めて乗ってみると、ゼファー750は非常に面白いバイクですね。兄貴分の1100は言うに及ばず、Z1と比較しても、車体の動きが格段に軽い。この感触なら、ハマる人がいるのは当然だと思いました」(同店メカニック・村上さん)

Zレーシングパーツ ゼファー750(カワサキ ゼファー750)のカスタム画像

フレームは2カ所の補強を追加

これまでのZ1デモ車と同様に、同店のゼファー750は、動力性能の向上を重視して開発。エンジンはポッシュφ69.5mmピストンを投入した820cc仕様で、足まわりには同店で高い装着率を誇る、オーリンズ/ブレンボ/ゲイルスピードに加えて、自社ブランドのブレーキディスクやスイングアームなどを採用している。

「この車両にはZ1で好評を得ている、油圧クラッチ+アウトボードキットも導入しました。装着時にクランクケースを分解する必要があるので、少しハードルが高いパーツですが、モーターサイクルショーに展示してからは、かなりの問い合わせをいただいているんですよ」(同)

詳細写真

Zレーシングパーツ ゼファー750(カワサキ ゼファー750)のカスタム画像

メーターは輸出仕様で、デジタル油温計はヨシムラ。ステムはギルドデザイン、ハンドルはポッシュスーパーローバー。

Zレーシングパーツ ゼファー750(カワサキ ゼファー750)のカスタム画像

カムカバー以外がブラックにペイントされたエンジンは、ポッシュφ69.5mmピストンを用いて排気量を738から820ccに拡大。カムはヨシムラST-1Lで、キャブレターはTMRφ32mm。左側ケースカバーと油圧クラッチ+アウトボードキット、オールチタンの4-1式マフラー、バックステップは同店オリジナルパーツ。点火キットはASウオタニ。

Zレーシングパーツ ゼファー750(カワサキ ゼファー750)のカスタム画像
Zレーシングパーツ ゼファー750(カワサキ ゼファー750)のカスタム画像

φ320mmディスクはサンスター、スタビライザー付きのスイングアームはギルドデザインとのコラボモデル。3.00-17/4.00-17から3.50-17/5.50-17のアルミ鍛造ホイールはゲイルスピードで、フルアジャスタブルの前後サスペンションはオーリンズ。

BikeBooksで雑誌・電子雑誌をチェック!

この記事に関連するキーワード

こちらの記事もおすすめです

この記事を読んでいる方におすすめの商品

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着記事

タグで検索

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。