ACサンクチュアリー CB1100F(ホンダ CB1100F) プロが造るカスタム

ACサンクチュアリー CB1100F(ホンダ CB1100F)

掲載日:2018年05月13日 プロが造るカスタム    

取材協力/ACサンクチュアリー  記事提供/ロードライダー編集部

※この記事はロードライダー特別編集『ザ・カスタムマシン2017』に掲載された内容を再編集したものです

ACサンクチュアリー CB1100F(ホンダ CB1100F)のカスタム画像
AC SANCTUARY CB1100F(HONDA CB1100F)

オーナーの希望を叶えつつ
まとめ上げた17インチの走り

開店当初はニンジャ系、その後、オリジナルコンプリートカスタムの『RCM』を手がけるようになってからは空冷Z系が増えたACサンクチュアリー。だが、意外にもZと同時代の人気車種、CB-F系のRCMの製作実績は圧倒的に少ないとのこと。ここで紹介するのは、その数少ないうちの1台である。

「この車両、じつは大阪在住のオーナーさんに普通の中古車として、ご購入いただいたものだったんですよ。ところが納車前にある程度のカスタムと整備を施していく中で、これはもうRCMでいいんじゃないかっていう領域にまで達してしまったんですね(笑)。それで途中からRCMのシリアルナンバーを付けることにしたんです」そう語る同店代表・中村さん。

ACサンクチュアリー CB1100F(ホンダ CB1100F)のカスタム画像

ベースは1100Fでフレーム補強は5カ所。同時にワイドレイダウン加工なども行っている

ある意味イレギュラーな経緯でRCM化されたとは言うものの、内容には一切の妥協なし。大がかりに変更されたのはハンドリングと走行安定性を大きく左右する車体ディメンションで、これはノーマルの数値とは大きくかけ離れた状態でセットアップされている。こうしたことができるのはテイストオブツクバなどのレースで旧車カスタムのノウハウを蓄積した同店ならでは、だろう。

「セパレートハンドル装着はオーナーからのリクエストですが、乗車時にフロント荷重が過大にならないようセットアップしています。各部パーツに施されたアルマイト加工もオーナーの希望。ウチは普段、とにかくスパルタンに作りすぎてしまう傾向があるんですけど、できあがってみると、いかにもストリートカスタムって雰囲気で、こういうのもいいなって思いますよ(笑)」

詳細写真

ACサンクチュアリー CB1100F(ホンダ CB1100F)のカスタム画像

フォークはオーリンズφ43mm正立でステムはRCM専用のZ用SCULPTUREを加工流用。トップブリッジ手前にはステアリングダンパーも装備される。

ACサンクチュアリー CB1100F(ホンダ CB1100F)のカスタム画像

ハンドルはデイトナ製。メーター、ライト、ウインカーなどは純正のままだ。

ACサンクチュアリー CB1100F(ホンダ CB1100F)のカスタム画像

エンジンは純正のまま、FCRφ39mm、ナイトロレーシング製ウェルドクラフト3Dチタンエキゾースト+コニカルチタンサイレンサー、O/Cなどを追加。

ACサンクチュアリー CB1100F(ホンダ CB1100F)のカスタム画像

リアアームもSCULPTUREのRCM専用品。リアキャリパー(ブレンボ2P)、レーシングスタンドホルダーなどには赤アルマイト加工が施されている。3.50-17/5.50-17ホイールはO・ZレーシングPIEGAのZRX1200用。

BikeBooksで雑誌・電子雑誌をチェック!

こちらの記事もおすすめです

この記事を読んでいる方におすすめの商品

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。