ブルドック Z1-R(カワサキ Z1-R)

掲載日:2018年05月06日 プロが造るカスタム    

取材協力/ブルドック  写真・文/ロードライダー編集部  記事提供/ロードライダー編集部

※この記事は『ロードライダー vol.434』に掲載された内容を再編集したものです。

ブルドック Z1-R(カワサキ  Z1-R)のカスタム画像
BULL DOCK Z1-R(KAWASAKI Z1-R)

限りある資産、Zエンジンを
理詰めのパッケージで組む

ブルドックのコンプリートマシン、GT-Mとして製作されたZ1-R。角形シリンダーヘッドを見るとⅡ型ベースに思えるのだが、ベースはじつはⅠ型で構成されている。ヘッドはZ1000Jのものだ。

ブルドック Z1-R(カワサキ  Z1-R)のカスタム画像

「J系コンバートでビッグバルブ化、ポート拡大、燃焼室形状変更などが一気にできてしまう。カワサキによる純正チューンみたいなものですし、耐久性も落ちないという意味でお勧めしています」(代表・和久井さん)

排気量は[1015→]1,166cc。エンジン搭載位置を10mm上方に移動、高重心化、リアアーム垂れ角の理想化なども行っている(ジオメトリー、セッティングもこれに合わせて設定)。ヘッドバイパス、同店製6速クロスミッションなども装備。

製作時のリクエストは『街乗りからサーキットまでオールラウンドに使える究極のZ』だったそうだが、これならその要望にもしっかり応えてくれるそうだ。クロスミッションは街乗りや峠でも使い勝手に優れ、同店の人気パーツとなっているそうである。

詳細写真

ブルドック Z1-R(カワサキ  Z1-R)のカスタム画像

フォークはナイトロンφ[36→]43mmでステムは同店オリジナルのオフセット可変タイプ。ハンドルもポジション可変式のギルズツーリングで、これは同店の定番仕様。

ブルドック Z1-R(カワサキ  Z1-R)のカスタム画像
ブルドック Z1-R(カワサキ  Z1-R)のカスタム画像

コスワースφ75mmピストンで1,166cc化されたエンジンはJヘッド、ヨシムラST-L1カム、同店製油圧クラッチキットなどでチューン。搭載位置もハンガーワンオフで10mmアップしている。和久井さんはZのヘッドは極力切削加工したくないと常々語っているが、その理由は、削ってしまうと元に戻せず耐久性も落ちていくため。メーカー以外製造できないヘッドの希少性をよく知るからこその発言だ。

ブルドック Z1-R(カワサキ  Z1-R)のカスタム画像
ブルドック Z1-R(カワサキ  Z1-R)のカスタム画像

[前後2.15-18→]3.50-17/6.00-17ホイールはマルケジーニM10RでタイヤはRS10。

BikeBooksで雑誌・電子雑誌をチェック!

この記事に関連するキーワード

こちらの記事もおすすめです

この記事を読んでいる方におすすめの商品

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着記事

タグで検索

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。