有田商会 CB1100(ホンダ CB1100) プロが造るカスタム

有田商会 CB1100(ホンダ CB1100)

掲載日:2018年04月22日 プロが造るカスタム    

取材協力/有田商会(TEL 0965-32-2010)  写真・文/ロードライダー編集部  記事提供/ロードライダー編集部

※この記事は『ロードライダー vol.434』に掲載された内容を再編集したものです。

有田商会 CB1100(ホンダ CB1100)のカスタム画像
ARITA SHOKAI CB1100(HONDA CB1100)

ヴィンテージ+ハイテックという意欲作

現行のホンダCB1100をCB750Fourルックにしてみたいと思う人はきっと多いだろう。実際そのための外装キットも存在しており、丸型ウインカー、ボディ同色ライトステーなどにより現代版CB Fourと呼びたくなるような完成度の高い作りの車両もあちこちで目にする。

有田商会 CB1100(ホンダ CB1100)のカスタム画像

有田商会の手がけたこの1100カスタムも基本はその路線だが、クラシックテイストに現代のハイテックデザインが盛り込まれているのが特徴だ。

「単に750Fourを追いかけただけでは面白くないので、現代風にアップデートされたネオクラシック路線を狙いました」と語る同店代表・有田さん。タンクはホワイトハウス製K10、シートも同店製カスタムシートだが、ヘッドライトは4輪用を加工したプロジェクタータイプ、CB1000SF用ウインカー+クリアレンズなど独自のアレンジが光る。

ヴィンテージのデザイン要素を採り入れつつモダンに仕上げる手法はイタリアの2輪、4輪などでもよく目にする。こんなSTDがあってもいいのでは、と思わせる仕上がりぶりだ。

詳細写真

有田商会 CB1100(ホンダ CB1100)のカスタム画像
有田商会 CB1100(ホンダ CB1100)のカスタム画像

プロジェクターヘッドライトはリング部のみ光るいわゆる「イカリング」仕様。ミラーはRIZOMA製でレバーは左右ともZETAブラックに変更されている。元々はパニアケース&サイドバッグ、2段スクリーンの完全ツーリング仕様だったが、同店のアレンジによって完全に新しく生まれ変わった。

有田商会 CB1100(ホンダ CB1100)のカスタム画像
有田商会 CB1100(ホンダ CB1100)のカスタム画像

エンジンはSTDでマフラーをエンデュランス製4本出しに変更するのみ(これは入庫時から)。サブフレームはアクティブ、エンジンガードは純正オプション。現在はFフェンダー、エンジンカバー、フォークボトムケースなどもブラックアウトされている。

有田商会 CB1100(ホンダ CB1100)のカスタム画像

シートは同店オリジナルで表皮をスムースにするなど独自のデザイン。

BikeBooksで雑誌・電子雑誌をチェック!

こちらの記事もおすすめです

この記事を読んでいる方におすすめの商品

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。