プロヘッド・モーターファクトリー CBX(ホンダ CBX) プロが造るカスタム

プロヘッド・モーターファクトリー CBX(ホンダ CBX)

掲載日:2018年04月15日 記事カテゴリ プロが造るカスタム   

取材協力/プロヘッド・モーターファクトリー

記事提供/ロードライダー編集部

※この記事はロードライダー特別編集『ザ・カスタムマシン2016』に掲載された内容を再編集したものです

プロヘッド・モーターファクトリー CBX(ホンダ CBX)のカスタム画像
PROHEAD MOTOR FACTORY CBX(HONDA CBX)

オリジナルアイデアで
組み上げられたショップ改

この車両は2年ほど前にプロヘッド・モーターファクトリー代表、林田さんが自分用にと入手した北米仕様の後期型CBX改。その後も日々細かな部分の整備、改良を繰り返しているとのことで、ごく最近のバージョンがこちら。

と言っても外観上変わっていると分かるのはハンドルバーくらいで、あとは電装系とフロントフォークまわりなど、機能面のブラッシュアップが中心。その代わり中身はけっこう濃い目となっている。

プロヘッド・モーターファクトリー CBX(ホンダ CBX)のカスタム画像

ベース車両は1981年式CBX

「メインハーネスを社外品に交換して、点火系にもツイントップ製のMSA(マルチ・スパーク・アンプ)を追加。4気筒ツインプラグやダイレクト点火車用に4チャンネルタイプが出たのでテストしました。今は6気筒用も出てますね」(林田さん)

電装系にはウオタニ製SP-Ⅱ、ツイントップ製V-UP16(12→16ボルトの昇圧ユニット)なども組まれている。こうしたパーツの効果を自ら体験・確認しつつ改良を加えていくところなど、いかにもショップオーナー車といった感じだ。

φ39mmの後期純正フォークは以前からシングルレートのオリジナルスプリングが組まれていたが、今回レートを0.05kgアップ(0.8→0.85kg/mm)し、プリロードアジャスターと減衰力を変えるYSS製PDバルブを追加。前後サスペンションのモディファイ、ハンドルバー変更など、スポーツ走行もしっかりこなせる足まわりへと着々と進化を続けている。ついでに言えば純正の前19/後18インチホイールに履くタイヤもラジアルに替わった。足まわりにしても各部パーツにしても、ごっそり換えるだけがカスタムではないのである。

詳細写真

プロヘッド・モーターファクトリー CBX(ホンダ CBX)のカスタム画像

メーターは回転計のみPIVOT製電気式に、スイッチ類も使い勝手を考え、高年式車のものに変更される。

プロヘッド・モーターファクトリー CBX(ホンダ CBX)のカスタム画像

ハンドルは当初北米純正から同スポーツキット(写真の左側。低めの設定で長さも短い)に変えたがハンドル幅が足りないと判断、ほぼ同じ高さのバー仕様で落ち着いた。

プロヘッド・モーターファクトリー CBX(ホンダ CBX)のカスタム画像

シートはスタイルシート製のオリジナル。ツイントップ製MSA、V-UP16、ウオタニ製SP-Ⅱなどの各電装系追加/換装ユニットはシート下にレイアウトされる。

プロヘッド・モーターファクトリー CBX(ホンダ CBX)のカスタム画像

φ33mm×6連のCRキャブはファクトリーまめしばとのコラボレーションで実現したオリジナル品。各部モディファイのほか、スロットルワイヤのフリクション低減のためのテストなども随時行われている。そんな作り込みも好ましい。

プロヘッド・モーターファクトリー CBX(ホンダ CBX)のカスタム画像

プロリンクのリンクはオリジナル・ピロボール式としナイトロン製リザーバー付きモノサスペンションをセット。φ39mmフォークのスプリングは製作をモブスターが担当したオリジナル品。

BikeBooksで雑誌・電子雑誌をチェック!

こちらの記事もおすすめです

この記事を読んでいる方におすすめの商品

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます