しゃぼん玉本店 YZF-R1(ヤマハ YZF-R1) プロが造るカスタム

しゃぼん玉本店 YZF-R1(ヤマハ YZF-R1)

掲載日:2018年02月04日 記事カテゴリ プロが造るカスタム   

取材協力/しゃぼん玉本店

記事提供/ロードライダー編集部

※この記事はロードライダー特別編集『ザ・カスタムマシン2016』に掲載された内容を再編集したものです

しゃぼん玉本店 YZF-R1(ヤマハ YZF-R1)のカスタム画像
SHABON-DAMA YZF-R1(YAMAHA YZF-R1)

しなやかな足まわりと
街乗り利便性の両立

「このYZF-R1、じつは長野県にお住まいのオーナーさんが車検とカスタムを同時に頼みたいということでオーダーいただいた車両です。足まわりを中心に手を入れたいということだったんですが、当然前後サスペンションのセットアップもしないといけない。近所に信頼できるショップがなかったから、とおっしゃっていましたけど、そこを評価していただけたのは、はっきり言ってかなり嬉しかったです」(しゃぼん玉本店 担当・山田さん)

しゃぼん玉本店 YZF-R1(ヤマハ YZF-R1)のカスタム画像

ベースは2009年式で前後ホイールはダイマグ製カーボン(スタンダードと同じ3.50-17/6.00-17)に変更

ベースは2009年式。スーパースポーツではあるが、オーナーのメイン用途は街乗りとツーリングということでリア車高なども来店当初の状態で20~30mm程度下げられていたという(足着き性向上などのため)。使いたいパーツの候補なども決まっていたため、当初からかなり具体的なアドバイスをすることができたようだ。これもパーツや各種スペシャルショップを知り尽くした同店ならではの手腕と言えるだろう。

「大きく換えたのは前後ホイールとサスペンション。フロントフォークは純正にハイパープロのインナースプリングを組んで、スクーデリアオクムラさんにオーバーホールをお願いしました。その上で車高を全体に20~30mm下げることを前提に前後車高を設定を施し、サスペンションセッティングを行っています。細かい部分ではスプロケやチェーンなど駆動系もかなりこだわって選びました」

仕上がった乗り味とハンドリングにはオーナーも大満足。近々セカンドバイクも車検&カスタム(車種はZRX1100とのこと)で入庫予定というが、この事実を見ただけでも同店の仕事がいかに優れているかがわかろうというものだ。少しでも不安や不満があったら、同じショップに2台目のバイクを預けたい気にはならないだろうから。

詳細写真

しゃぼん玉本店 YZF-R1(ヤマハ YZF-R1)のカスタム画像

前後サスペンションは変更されており、フロントフォークは純正にハイパープロ製インナープリングを組み込んだ状態でスクーデリアオクムラでO/H&基本セッティングを実施。今回のモディファイでフロントブレーキマスターもゲイルスピードに変更される。

しゃぼん玉本店 YZF-R1(ヤマハ YZF-R1)のカスタム画像

エンジン本体はスタンダードだがラジエーターホースはシリコン製に変更。エンジンスライダー(右側クランクシャフトエンド部のカーボン部)も装備する。ステップはKファクトリー製。

しゃぼん玉本店 YZF-R1(ヤマハ YZF-R1)のカスタム画像

焼け色鮮やかなマフラーはビームス製チタンのアップタイプ。前後ホイールとともに軽量化に大きく貢献している。リアの車高は足着き性向上のため20mmほどローダウン。

しゃぼん玉本店 YZF-R1(ヤマハ YZF-R1)のカスタム画像

ブレーキまわりは基本的にスタンダードだが、バネ下を中心とした軽量化により効力は相対的にアップ。

しゃぼん玉本店 YZF-R1(ヤマハ YZF-R1)のカスタム画像

リアサスペンションはオーリンズTTXで作動性、ダンピング特性ともアップグレード。

BikeBooksで雑誌・電子雑誌をチェック!

こちらの記事もおすすめです

この記事を読んでいる方におすすめの商品

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます