有田商会 CB1300SF(ホンダ CB1300SF) プロが造るカスタム

有田商会 CB1300SF(ホンダ CB1300SF)

掲載日:2017年03月13日 記事カテゴリ プロが造るカスタム   

取材協力/有田商会(TEL 0965-32-2010)

記事提供/ロードライダー編集部

※この記事はロードライダー特別編集『ザ・カスタムマシン2015』に掲載された内容を再編集したものです

有田商会 CB1300SF(ホンダ CB1300SF)のカスタム画像
ARITA SHOKAI CB1300SF(HONDA CB1300SF)

完成が待ち遠しい
発展途上SC40カスタム

有田商会は、1000/1300含めてCB-SFカスタムを多く手がけるショップ。SFが多く集まる理由は、代表の有田さんが初代BIG-1=CB1000SF(SC30)乗りであること。そしてその愛車、通称「龍神号」の存在があるようだ。

このダブルプロリンク1300SF=SC40のオーナーも、龍神号の姿に惚れ込み「自分もこんなSFに乗りたい!」と、ベース車探しから有田商会に製作を依頼。上はその途中段階だが、ホイール等のペイントや同店お勧めのワイバンEX装着といった有田商会でのベーシックプランは施工済み。今でこそ珍しくはなくなったLED加工も予定されているが、同店のそれはハイレベルだ。

有田商会 CB1300SF(ホンダ CB1300SF)のカスタム画像

前後ホイールはノーマル(3.50-17/5.50-17サイズ)にゴールドめっき塗装を施してカスタムルックを強調。5層ほど塗り重ねて仕上がる高質なものだ。その他の足まわり(サス/ブレーキ系)は現状でSTD

龍神号の例ではSTDウインカーボディに使えるよう内部LEDユニットを製作。ワンボディに2色のLEDを仕込んで、赤系のターンシグナル用LEDと、ホワイトやブルーのLEDを組み合わせる。これにそれぞれの色を独立して点灯させる回路を組んで、ポジションランプやサイドマーカーの役目も持たせる。その点灯を見れば、自分の車両にも付けたくなるのは当然と言えそうだ。では有田さんは、SC40をどう見ていて、この車両をどうするのか。

「SC40は欠点らしい欠点のないバイクです。各部の作りがしっかりしていて、基本性能も高いですからカスタムして遊べる。ただ年式で仕様が細かく違いますから、使い方でベース年式を選ぶといいでしょう。その辺りも相談に乗れます。この車両では私の龍神号と同様に、龍をモチーフにした和柄の透かしペイントを施します。いわば、SC40での龍神号になります」。

機種をよく知るエキスパートに任せてクオリティもアップ。完成の暁には、また紹介したい。

詳細写真

有田商会 CB1300SF(ホンダ CB1300SF)のカスタム画像

メーターバイザーは、龍神号=有田さん用CB1000SFに装着されているハリス製が絶版パーツとなってしまったため、ネットで探し出した近似形状の無銘品を使用。エアスクープはペイントによるダミー

有田商会 CB1300SF(ホンダ CB1300SF)のカスタム画像

FAR製ミラーは内蔵ウインカーの機能をキャンセルしてポジションランプとして使用。この車両は2000年の前期モデルだが、アップタイプでリラックスしたポジションがとれる2000年後期モデルの純正ハンドルバーを装着

有田商会 CB1300SF(ホンダ CB1300SF)のカスタム画像

左右レバーはジータ・フライトパーチ

有田商会 CB1300SF(ホンダ CB1300SF)のカスタム画像

シルバー塗装のエンジンが決め手で2000年前期モデルを選択

有田商会 CB1300SF(ホンダ CB1300SF)のカスタム画像

マフラーはアールズギアのワイバン・ソニック(チタンで軽量化も果たす)。ドラッグブルーツインタイプとする

BikeBooksで雑誌・電子雑誌をチェック!

この記事を読んでいる方におすすめの商品

あわせて読みたい記事

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます