バグースモーターサイクル ゼファー750(カワサキ ゼファー750)

掲載日:2015年10月14日 プロが造るカスタム    

取材協力/バグースモーターサイクル

記事提供/ロードライダー編集部

※この記事はロードライダー特別編集『ザ・カスタムマシン2014』に掲載された内容を再編集したものです

BAGUS! MOTORCYCLE ZEPHYR750(KAWASAKI ZEPHYR750)

バランスの良さを突き詰めて
ツインプラグヘッドをセット

ラッピング塗装で仕上げたドレミ製Z2外装キットをまとったゼファー750。サイドカバーには“850”の文字が。手を入れたバグースの土屋さんに聞くと「850ccのオリジナルキットをこれから市販(810cc版も設定されている)する予定で、この車両にはほぼ完成形を搭載しています」とのこと。

「当然排気量が違いますからピストンを用意し、それに合わせてヘッドも用意します。ピストンクラウン形状に合わせて燃焼室は作り直し、ツインプラグ加工も行います。当然点火系も必要になりますから、そこまでをまとめて供給したいんです」

こう土屋さんは続けるが、その裏にはここまでにTOT等で培ってきたノウハウもあった。

「レースにも使ってエンジンを突き詰めていくと、ある程度仕様は見えてくるんです。じゃあその先はどうしたらいいかを考えると、この案が浮かんで、テストを重ねた末に燃焼室の形状なども決まってきた。価格は現状で未定ですが、パワーの出方も含めていいものだと思います」

エンジンもさることながら、車体にもそうしたノウハウが生きている。STD150/70に対して180/55のワイドリヤタイヤを履きながら、押し回しは250cc以下かというくらい劇的に軽い。ベアリングほか回転部分に配慮し、またその組み合わせで生じるロスを徹底的に排除し「ゼファー750はバランスがいいバイク」(土屋さん)という素性を生かす工夫がされているのだ。

HIDでのトラブルを嫌ってのヘッドライトのLED化など、手を入れるならばひとつ先へ。ずっと見ていてもこの車両が飽きないのは、そんな凝った手が、さりげなく入っているからだろう。

BAGUS! MOTORCYCLE ZEPHYR750(KAWASAKI ZEPHYR750)の詳細は次ページにて

こちらの記事もおすすめです

この記事に関連するキーワード

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着記事

タグで検索