ハヤブサ&バンディット1250のヨシムラST-1カムがデビュー ROAD RIDER アイテムレビュー

ハヤブサ&バンディット1250のヨシムラST-1カムがデビュー

掲載日:2011年07月05日 ROAD RIDER アイテムレビュー    

Photo/前川健彦  Report/大屋雄一  記事提供/ロードライダー編集部

EXシステムと並んでヨシムラを代表するチューニングパーツといえば、カムシャフトだ。今年に入ってからスズキの大排気量車向けに新型カムがリリースされたので、ここで改めて紹介しよう。

先に登場したのは、現行ハヤブサ1300(K8~L0)用だ。出力特性は、低~中回転域ではスタンダードの性能を維持しつつ、高回転域でさらなるパワーアップを実現するST-1で、街乗りからサーキットでのスポーツ走行まで幅広く対応する。組み込み済みのカムスプロケットは新たに製作したもので、長穴加工を施すことでバルブタイミングの変更を可能としている。なお、出荷時はスタンダードのエンジンに対して適正なバルタイになるように調整済み。そのままボルトオンで組み込むことも可能となっている。

続いて6月にリリースされたのが、バンディット1250/S/F/ABS用だ。こちらも出力特性はST-1で、幅広いユーザーに対応。なお、カムスプロケットは純正品をそのまま利用する。

4ストエンジンの特性を左右するカムシャフトは、交換によって見た目こそ変わらないが、乗っての印象は大きく変化する。まさに通好みのチューニングパーツだ。

[ SPECIFICATIONS ]

  • メーカー/ヨシムラ
  • 製品名/ST-1カムシャフトセット
  • 適合車種/ハヤブサ1300(’08-)、バンディット1250シリーズ(’07-)
  • 最大リフト量/ハヤブサ用:IN 9.50mm / EX 8.70mm、バンディット用:IN 8.8mm / EX 7.2mm
  • 1mmデュレーション/ハヤブサ用:IN 249°/ EX 235°、バンディット用:IN 234°/ EX 220°
  • 価格/ハヤブサ用:10万7100円、バンディット用:9万300円

[ DETAILS ]

現行ハヤブサオーナーが首を長くして待ちわびたST-1カムがついに登場

カムスプロケットは新たに製作したもので、ボルトを通すホールは長穴加工だ。出荷時はSTDエンジンに合わせたバルブタイミングに調整済みだが、より正確な調整を望む場合や、チューンナップエンジンに組み込むときは、この長穴加工が生きてくるのだ

リフト量はIN:9.50 mm、EX:8.70 mm

こちらはバンディット1250シリーズ用で、カムスプロケットは純正カムから取り外して使用する。その分、コストを抑えているので求めやすい価格に

[ お問い合わせ ]

電話/046-286-0321
〒243-0303 神奈川県愛甲郡愛川町中津6748

BikeBooksで雑誌・電子雑誌をチェック!

こちらの記事もおすすめです

この記事を読んでいる方におすすめの商品

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。